みきなクリニック の 糸を使った たるみの治療 | 女医の気ままな美容日記

女医の気ままな美容日記

大阪の美容皮膚科医の気ままな日常と
最新美容情報をお届け


テーマ:

当院は 。。。

 

できるだけ 自然な仕上がりキラキラ で 

人からは気がつかれない

逆に  人から気がついてもらえない ?カスパー50

 

そうではなくて 。。。

 

いつ 会っても あの人変わらないよねラブ というような

抗加齢美容 を目指して います。

 

ただ、、 

たるみ予防の機械だけでは追い付かない方や

ある程度 直後からの変化を希望される方には

 

控え目ですが 注入や 糸の併用 も致します。

 

今回の方は 

半年前にも 他院 で  溶ける糸の治療をうけられている方です。

このようなボリュームのある たるみの方は  糸の治療が向いています。

 

当院では  コーンのついた溶ける糸を 左右 2本ずつ (フェイスラインイン) と

        コグ付きの溶ける糸を    左右 1本ずつ (頬)   

        合計  6本の糸 のみ  を入れました。

 

施術前                 施術直後

加齢により間延びした まめ エンドウ豆のような輪郭 が

若い頃のような  丸顔 まめ  大豆のような輪郭になったかと思います。

 

今回 ヒアルロン酸などの注入は併用しませんでしたが

リフトアップ効果により  輪郭がしっかりして 

顎がシャープになっているのが わかりますね  

 

私自身 まだ糸 を入れたことはないので(それ以外はほぼ経験済うひひ

痛みに関してはお伝えできないのですが、、

局所麻酔の注射の痛みが可能であればいけそうです。

 

気になる方はご相談くださいね。デレデレ

 

 

 

東海玲美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス