2月11日


まだ早いと思ったけど、梅を見に行きました。
うちのあるエリアは、駅を挟んだ3丁目みたいに

季節感が全然ないし、今週後半の
天気がよくないっていうので。


まだ整理できてないので、白金台の凸凹を見に行った時を。
以前記事にした「庶民の白金」に対して、

「シロガネーゼ」といわれる高級住宅街や
お嬢様学校のあるのは「白金台」を指すようです。


地下鉄から地上に出ると、目黒通りや外苑西通り沿いは
ビルやマンションが立ち並んでる

「どこも変わらない景色」で、
高級感はおろか、知らない人に違う場所の

写真を見せて「セレブの白金台だよ」って
言ってもわからないです。きっと。



そういえば、表参道に児童相談所を作るかで揉めた時、
青山のセレブは「安いものはない」なんて言ってたっけ。


白金台の駅チカに「成城石井」はありましたが、
100均ショップも併設されてました。

白金台のお金持ちさんは100均のものも
使うようです。関係ないですが。


その白金台の中に谷戸のような
低地がありまして、

「悪水溜(あくすいだめ)」という水路が崖に沿って
あったそうです。その崖のレンガ積みの壁と

暗渠というか埋め立てた路地が残ってます。
その崖や窪地に「白金台」らしくない景色があります。




崖の上は東大の医科学研究所で、
路地はみんな袋小路になってます。




路地の奥に「らしくない」景色が点々とあります。