1月14日


「第三のプログ」を建設中。
年初めの開業を目指しましたが

準備がはかどらずまだ未定です。


一昨年、「もんじゃ」にではなく残っているのが
珍しい「木造長屋」を見に「月島」に行きました。

(この時のは記事にしたような)すでに「景観破壊」が
進んでいて見所とあった長屋はかろうじてで、

少々不満を残しながら、まだ明るいからと
足を踏み入れた「佃島地区」にえらく感動したのでした。





この地区だけがタワマンに包囲されているのです。


そして去年、台風一過の晴れの日に訪れると、
月島は「タワマンの軍艦島」と化していました。

しかし、そこに渡る佃大橋の反対側の佃島地区は、
古民家は減ったとはいえ、1年前とさっぱり

変わってない、「昭和の下町」でした。






木造家屋が多く残るエリアは、以前に歩かなかった
越中島に抜ける清澄通り沿いだったのでした。






こういうところはずっと残っててほしい場所です。
(写真は二度の訪問時から、シャッフルしてます)
台風のおかげで船溜まで泥水。水が嫌いなら風情があります。