ひばりヶ丘は普通の駅になっていた | 何処に行けば苦しみを愛せる

何処に行けば苦しみを愛せる

会いに行けるフォトブログ。最近ノスタルジーに走りすぎかも。

8月17日


25日は埼玉県知事の選挙ですか。
毎回そうだけど埼玉県の投票率が低すぎ。

今は都民だから関係ないけど。



今更ながら知った「ひばりヶ丘の北口が再開発されて、
ロータリーのある広い道が通った」

駅舎も今風の橋上駅に変わってるし。
通ってたのに全然気づかなかったです。


実際に確かめに途中下車してみました。
仕事で付き合いのあった人が住んでいたので、

よく乗り降りしていましたので。
しかし、その頃と全然変わっていました。


まるで別の街のようでした。

もうジュンスカの「レッツゴー・ヒバリヒルズ」の歌詞やMVに
出てくる風景は影も形もなくなっていました。

バックに出てくる西武の電車に時代を感じます。この頃すでに南口はキレイになってました


実はひばりヶ丘の北口はアパートを借りるに
家賃の穴場だったんです。急行停車駅だし。

駅が東京都と埼玉県の都県境近くにあって、
南口は「東京都西東京市」になるので、

家賃相場はそれなりに高いです。
しかし、北口は出口を出て約250mで

「埼玉県新座市」になるので駅から数分で
相場が埼玉価格でグッと安くなってたんです。



当時は雑然としてた一帯が、
今は区画を区切って家が建ってます。


あの駅、北口にもバス乗り場があったなんて
知りませんでした。ひばりヶ丘北口なのに、

駅から離れた新座市にあったのでした。
どおりで見たことなかったわけだ。

一番整備したかったのはロータリーと
バス乗り場を駅につけることだったのでしょう。

東側の商店街は変わっていませんでしたので。
この北口商店街のあるエリアだけが以前と変わってませんでした。



おまけ:何年か前の朝、ここの下り線で「ラブライブ」の
ラッピングをした特急が人身事故で不通に。

「ラブライブが人をはねた」事件がありました。
(この時上り池袋行きの電車に乗ってました)