「CONFESSiONS」〜恵比寿リキッドルーム | 何処に行けば苦しみを愛せる

何処に行けば苦しみを愛せる

会いに行けるフォトブログ。最近ノスタルジーに走りすぎかも。

8月14日
朝の電車が空いてていいです。

トピックがないのでpvもuuも少ないマニアックだけど
女子メタルものでも書きましょうか。



Mary’s Bloodの「CONFESSiONS」。
路線は前作ですが、楽曲の中心が「歌」の比重が高く、

色合いの振り幅がすごく大きい難解な作品です。
これはこれでいいけど好き嫌いが別れるなって感じ。


で、なんとも言えんなあというわけで、
月曜日にリキッドルームのライブ行くから

ライブを観てから判断しようと。


これがまた、以前の楽曲と違和感なく溶け込んでたというか
「やっぱりMary’s Bloodのメタル」でした。

「HIGH-5」なんてPOPでパンキッシュな暴れたくなるナンバーだし。




「贖罪の瞳」の「向こう側チック」な世界を壊さずに
再現してたし。(個人的にこういう世界観、好きなんで)


面白いのは、ライブで聴いたあとの方が
とっつきやすく自然に聴けるようになったんですよ。


入門編としては向いてませんが、
聴き込める作品になりそうです。



しかし後半の「地獄セット(?)」はキツかった〜。

CONFESSiONS (通常盤)    
Mary’s Blood
定価3000円+税