10月に入ってしばらく経ちましたが、秋ですね〜!
秋と言えば旅!
連休以外の今頃の季節ってわりと旅費もお安いよう。現在もpeachがSALE中だったり、昨日「おはよう朝日です」(関西ローカルですみません…)でも、HISのソウル行きツアーがめちゃくちゃ安かったり(これ)して、私も12月を待てずに韓国に行きたいモードなのですが、さすがに今はちょっと行けそうもありません。
でも、peachなんて関空ー釜山が片道¥1590〜なんですよ!
HISにしてもかなりお値打ち。
滞在ホテルもまだ新しい綺麗なホテルでめっちゃ良さそうでした。

前置きが長くなりましたが、皆さまがソウルに行く時に楽しみにされてる事って何でしょう?
美味しいごはん?お買い物?インスタ映え系スポット巡り?
どれも楽しいですよね〜!

そんな楽しい旅にちょっとスパイスを加えてみませんか?
そう!それが今回のテーマであるK-POPなのです!

ソウルの街を歩いていても、ふと気付いたら目に入るアイドルたち。
このソウルの街とパワフルでスピード感のあるK-POPが実に合うのです。
それはもう、うなぎに山椒レベルで。カレーに福神漬けレベルで。チョコレートにいちご(オレンジでもいい)レベルで!

今やK-POP界のみならず、世界の防弾少年団(BTS)!
マスクで有名なメディヒールとVTの顔を務めています。
元祖K-POP界のキング!BIGBANG。
全員揃う日が待ち遠しい…。

「でも私K-POPなんて全然知らない…若い子が聴くもんでしょ?」
と思われたご同輩、確かに若い子がよく聴いてるし、キャーキャー言っていますね。
でもBIGBANGや東方神起はわりと同年代の方のファンが多い印象だし、娘さんや息子さんの付き添いでライブに行ってる方も多そう。

しかし、今回はあくまでも「超初心者」向け。
「初めてのK-POP」なのです。
かく言う私も全く詳しくはなくて、好きなアーティストのK-POPを聴いてるだけなのです。
今のところはただそれだけ。
ファンクラブに入ったり、ライブに毎回行ったりするのは次以降の段階です。

私は20代の途中から30代まではずっと洋楽ばかり聴いてました。
とは言えこだわりがあるわけではなく、その時期のヒット曲を聴いてるだけ。
要するにアメリカやイギリスの中高生と同じようなものを聴いていたわけです。
おまけにその時期は(実は今だに好きだけど)海外セレブのゴシップも大好きで、それでより一層テイラースウィフトやケイティペリー、マイリーサイラスなど若いアイドル的なアーティストの曲を愛聴(正直に言うと今も聴いてる)していたのでありました。

30代の後半から台湾に行き始めたので、台湾のアーティストの曲も聴き始めたのですが、やはり洋楽ばかり聴いていた耳にはちょっと馴染みにくく…。
いや、良いアーティストは台湾をふくむ中華圏にもたくさんいらっしゃるのですよ。
ただ私にあまり馴染まなかっただけなのです。

そんな時、初めてYouTubeでBIGBANGの「BANG BANG BANG」のMVを観て衝撃を受けたのです。
それまでもK-POPは日本でももちろん人気でしたが、思いっきり食わず嫌いをしていたのでスルーしていたのです。
しかし、初めてソウルに行く直前でようやくBIGBANGに出会い、その音楽はスルッと私の耳に馴染んだのでした。

うん、中置きも長いな。
ちょっとスピードアップしますね。

そんな超初心者だった私と同じような、まだほとんどK-POPに触れていらっしゃらない方に、どの辺りのアーティストの曲を聴けば馴染みやすそうかと言うのを考えてみました!

まずは…

①グループの人数が少ない
韓国に多数存在するボーイズグループ&ガールズグループ。
人数多過ぎません?
あれはおばちゃんには覚えられないのです。
元々アイドルグループが好きで名前と顔を覚えるのが得意よ!っておっしゃる方ならともかく、せっかくテレビで観て「この子イケメン!」と色めき立っても後から「あの子誰だっけ?」とネットや雑誌の記事で探しても時すでに遅し、なのです(経験談)。
それなら初めから少数精鋭グループで全員把握しておく方が安心です。


同じ芸能事務所であるYGエンターテイメントのBIGBANGとBLACKPINK。
両グループ共に大好きですが、今特にBLACKPINKに夢中な私です。
また後日じっくり語らせて頂きたい。

②防弾少年団(BTS)
とりあえず今絶対聴いておいた方がいいBTS。
ビルボードで賞を獲ったりと大活躍。
食わず嫌いは損です。
人数はちょっと多めで7人ですが、光GENJIと同じだからギリギリ覚えられるか…。
↓の最新アルバムではニッキーミナージュとコラボも!


③韓国語バージョンで聴こう
その多くが日本デビューしているK-POPアーティストたち。
日本版アルバムは日本語で歌ってくれているのですが、やはり韓国語で歌っているものの方が気持ちがこもっていて感動します。
ただ、日本語と歌がめちゃくちゃ上手いアーティストだと日本語でも聴かせてくれる。


少女時代のテヨンちゃんが日本語で歌うこの曲。
全く違和感なく聴けます。
テヨンちゃんとBIGBANGのD-LITEさんは平均以上に歌が上手い韓国人アーティストの中でも別格で歌が上手いから日本語であろうが関係なしに聴かせてくれます。
JPOPを聴いて来た方にも馴染みやすいはず。

というわけでいかがでしたか?
本当にさわりだけご紹介しましたが、お気に入りが見つかると嬉しいです。
実際に韓国を訪れた時に好きな曲がかかっていると旅のテンションも爆上がりです。
さぁ、街に出て弾けましょう!