Micky's Beam!!

  • 23Jul
    • フランスでびっくりした事。天気予報

      フランスに来て、はや10ヶ月になります。まあ、びっくりな事が沢山あって面白いです。。そのひとつが、テレビの天気予報。はい。とってもザックリなんです(笑)。。。日本で当たり前の、「各地のお天気」はありません。。。それどころか、この黒ポチだけで、都市の記載も一切ありません(笑)。。。なので、最初は何処がパリなのか分からず、天気予報を見ても天気が分かりませんでした(笑)。。。気温も、北と南の2種類しか教えてくれないので、大体で予測しいます。。。

      8
      テーマ:
  • 08Mar
    • 理論の意味

      音楽理論。日本人の性格なのか、、、私もしかり、理論大好き。何でも理論から入ります。こちらの音楽理論の授業は、チョット違います。もちろん、「理論」で知っている事なのですが、アプローチが全然違います。キーがCメジャーで、C→F→G→C とコードチェンジする場合。これはよくあるコードチェンジで、トニック、サブドミナント、ドミナント、トニックという動き。それは理論で知っていました。だけれど、こちらの先生は少しだけ教え方が違います。この場合、Cが鳴っていれば、当然の安心感がありますよね。だって、キーがCメジャーなんだから。。。これはいわゆるトニックのことですが、プロフェッサーは、家に居るって表現します。とても安定して、心地よい環境だと。その後、Fは、チョット散歩にでも出かけたと。これがサブドミナントなのですが、「チョット散歩にでも出かけた」あと、家に帰る事も出来ます。でも、家に帰る前に、トランポリンでジャンプする事も出来ますよね?この、「トランポリン」が、ドミナントです。もしトランポリンでジャンプしたら、その後は着地しなくてはいけません。この「着地」が、トニックです。もし、トランポリンでジャンプした後、すぐに歩こうとしたら、転んでしまいます。だから、ドミナントの後にはサブドミナントは不可能なんだと。家にいる場合、家にい続ける事もできるし、散歩に行く事も出来るし、トランポリンにも乗れます。だから、トニックは、サブドミナントにも、ドミナントにも行けます。歩いている場合、トランポリンにも乗れるし、家にも帰れる。だから、サブドミナントはドミナントにもトニックにも行けます。トランポリンに乗った場合は、いきなり歩けません。転んじゃうから。着地が必要です。だから、必然的に、トニックにかえります。。。もちろんミュージシャンなら誰もが知っている事ですが、私はこの説明が大好きです。

      10
      テーマ:
  • 07Mar
    • アドリブのススメ

      チョット自分の為にも書き記します。ジャズのアドリブって、悩みますよね。。。。同じように悩んでる人のモヤモヤも、少しでも晴れれば良いと思っています。まず1番は、「コードを追わない事。」チョット厄介な事を書きますが、キーがCメジャーで、C→F→G→Cとあった場合、Cはドミソで、Fはファラドで、Gはソシレ、、、なんて、いちいち考えない事です。なぜなら、音楽の流れでC→F→G→Cは、Cメジャーでは当たり前の事だから。Cはドミソで、Fはファラドで、Gはソシレ。。。。バックでこれが鳴っています。でも見てみて。キーがCメジャーってことは、シャープもフラットも、このメジャー音階には一切無いんです。そして、Cにも、Fにも、Gにも、この和音にシャープもフラットも使われていません。だから、極端な話、この場合はCメジャースケールを弾いていれば、外れようがありません。この「外れようが無いコード」を、ダイアトニックコードと言います。名前だけだど難しく思っちゃうんだけど、要は、ドレミファソラシドで、和音を積んで見るんです。ドミソ。レファラ。ミソシ。ファラド。ソシレ。ラドミ。シレファ。。。。シャープもフラットもなく、ただ単純に3和音を積む。これがダイアトニックです。マイナーの場合は、ナチュラルマイナーとか、ハーモニックマイナーとか、種類があるので、ダイアトニックコードも少し複雑になるので、今は考えないで(笑)。ダイアトニックコードのシステムを覚えておくと、アドリブが楽になります。ジャズの場合は7番目の音(セブンス)も含まれるので、Cメジャーの場合、1度=ドミソシ=1Maj7(ナチュラル7)2度=レファラド=2m73度=ミソシレ=3m74度=ファラドミ=4Maj7(ナチュラル7)5度=ソシレファ=5M7(フラット7)6度=ラドミソ=6m7(フラット7)7度=シレファラ=m7b5(フラット7)これが、シャープもフラットも無い、「ダイアトニックコード」です。これを理解しているか、していないかで、アドリブの瞬発力が極端に変わってきます。だって、このコードは全部、ドレミファソラシド、どれ使っても外れることは無いんだから。。。。でも、最終的には、「耳」です。。。毎日のトレーニングです(笑)。でも、理論は知っていて損は無いから。。。。もちろんこれだけでは曲が単調になっちゃうし、作曲する側としては、もうチョット色んな仕掛けをしたりして、より魅力的な音楽を作ろうと努力するので、実際にはもうチョット複雑になってきます。アドリブの為に、曲をアナライズするって言うことは、jazzの1番楽しいところです。今は亡き作曲家の頭の中にさえ、少しだけ触れる事が出来る。私はバッハやモーツァルトのアナライズなんてしなかった。クラシック音楽のアナライズなんてし始めたら、どれだけ時間がかかるか分からないけれど、きっと200年前の作曲家の頭の中に少しだけ触れられると思うとワクワクします。アナライズした後、アドリブは、「これだけ使えるブロックがあるよ。あとは好きな形を作ってみてね。」それを選んでいくのはとても楽しい事です。大概の曲は、こんなにシンプルにはいかないけれど、それは先のお話という事で。。。。

      3
      テーマ:
  • 29Feb
    • ヴェロニックさん。

      シェアハウスのヴェロニックさんは、とても親切だ。入居前から色々相談に乗ってくれました。日本では英語でやり取りしていたのですが、こちらに来て、本当にヴェロニックさんは、英語が話せない事が分かりました。なのに、一生懸命、外国人の私のために、難しい入居関係の内容を、英語でメールしていてくれました。年末は、ヴェロニックさんが招待してくれて、彼女の家で年を越しました。先日は、欲しかったけれどなかなか売っていなかったカーテンを買ってきてくれて、窓にカーテンを吊るしてくれました。本当に親切なかなか人です。です。。。。ですが、、、、、かなり毒舌です(笑)。外国人の私に、変な言葉を覚えさせて喜んでいます(笑)。「ピュターン!」これ、くそっ!とかな意味ですが、正確な意味は「娼婦」で、ビッチ!みたいな、汚い意味です。ま、でも割合みんな頻繁に使っているのですが(笑)。そんな言葉を覚えちゃったもんだから、ヴェロニックさん、「ほら、今よ!ピュターン!」つられて私が「ピュターン」と言うと、皆んなは呆れ顔。ヴェロニックさんは満足顔なのであります(笑)。でも、ヴェロニックさんは、私が話せないの分かってるのに、いつもフランス語で諦めずに話しかけてくれます。そんなヴェロニックさんだから、今はたまにわかる様にもなりました。「今日は学校ないの?」「ご飯食べた?」「今日、ここに誰か居る?」って。「ハダカ」とか、「おしり」とかって言葉も同時に覚えたけど(笑)。

      7
      テーマ:
  • 25Feb
    • うん???

      フランス語の勉強は、フランス語の本を読むことと、ロゼッタストーンという、日本で買った、パソコンの語学学習用ソフトで勉強していますロゼッタストーン、、、お高いです。はい(~_~;)3年前に買って、日本にいる時から少しずつ継続して使っています。パソコンにインストールして、フランスにも持ってきました。私はフランス語の学校には一切通いませんでしたが、ロゼッタストーンで、どうにかなっています(真面目にやれば、ね。(笑))レベルが5つありますが、1つレベルを終えるのに、相当な時間がかかります。。。本日、ようやくレベル4の終わりにさしかかりましたしっかし、、、長い道のりです。。。最初は「丸覚え」の世界でしたが、最近は、文の内容や文法的な事も分かるようになりましたそして今。以前は気にならなかった事が。。。選択問題です。うん。答えはわかりますよバッチリElle tousse depuis qu'elle est arrivée ce matin.「彼女は今朝到着した時からずっと咳をしている。」はい。内容は理解したけど、この状況がしばらく理解出来ずに立ち止まってしまった、、、、このメガネの女の子、病院に居る。。横に居るのはお母さん?お姉さん?看護婦さん???具合が悪いから病院に来たんだよね、、、????「今朝、病院に到着した時から咳をしてる」って、どう言う事だ???病院に来る前は、咳はしてなかったのかな???じゃあ、なんで病院に来たんだろう????????????しばらく考えてしまい、、、(笑)。あ、、、、多分。。この子、学校で具合が悪くなったんじゃないかと。。。多分、そう。この状況。、、、ロゼッタストーンよ。そんな事、分かるかっ(笑)。。。

      6
      テーマ:
  • 23Feb
    • フランスの音楽用語

      音名Do Re Mi Fa Sol La Siシャープdièse ディエーズフラットbémol べモール。。。。最初の洗礼はこれでしたまるきり英語は皆無。。。ジャズミュージシャンとしては、当然、英語読みで慣れているので、一番困るのは、Si Majorと言われると、とっさにC Majorだと思ってしまうそして、Si bémol septbémolneufとか言われると、理解に数秒を費やすのですが、何てこと無い、Bb7(b9)だったりするのです。。。ちなみに。音符は、関連全音符 ronde f. /2分音符 blanche f. / これは「白」って意味。4分音符 noire f. /これは「黒」って意味。8分音符 croche f. /16分音符 double croche /32分音符 triple croche /付点4分音符 noire pointée /複付点4分音符 noire doublement pointée休符は関連全休符 pause f. /2分休符 demi-pause f. (複 ~-~s) /4分休符 soupir m. / 「ため息」って意味。8分休符 demi-soupir m. (複 ~-~s) /16分休符 quart de soupir m. /32分休符 huitième de soupir m. / 64分休符 seizième de soupir m. /付点4分休符 soupir pointé /こうも違うと、なかなか面白いですね

      5
      テーマ:
  • 22Feb
    • フランス語便利表現

      フランス語。。。フランスに来たら、絶対に逃げられない事(笑)。少しずつ覚えて、少しずつ使って慣れるように、、、、今日は、今の私が便利でよく使っている表現をご紹介しますまずはダントツ1位の、Ça va.サヴァ。元気? とか、大丈夫?って意味です。「Ça va?」「Ça va.」元気?、、、 元気だよ。、、、、、、、これで会話が成り立ちます(笑)。シチュエーションが違って、転んだり、悲しんでたり、何かトラブルがあったときにも、同じ会話。この場合は、「大丈夫?」「大丈夫です。」って会話になります。簡単、便利そして、最近よく使うのが(使ってみているのが)、On va 動詞の原型。「オンヴァ」って発音します。文法的には、Onは「私達」って意味で、On va は、私達は~する?って意味になるんだけれど、いちいちそんな事は気にせず、お誘いの「オンヴァ」。動詞を知っていないと使えないけれど、On va manger? オンヴァ マンジェ?食べようか?みたいな。On va aller!行こうよ!みたいな。。。。便利な表現です

      3
      テーマ:
  • 17Feb
    • Le roi Babar

      フランス語の勉強は、本当に死活問題と言っても良いくらいで実は結構なストレスです。。。まあ、『外国人だから話せないのは当たり前』と思って気を落ち着かせではいるのですが(笑)、それでも早く話せるようになりたいもの。毎日、本を読んで勉強しているのですが、文庫なんか読んだりして、ちょっとハードルを上げすぎていた様ですなので今回は。ぞうのババールです子供の本ですが、私にはまだ難しいです。だから、この程度で、このボリュームはとても良いと思います。そして、さりげなく条件法とか、仮定法なんかがあって。問題集なんかでは知っていたけれど、いまいちピンときてなかったのが、「あー、こういう時に使うのかー」と、少しスッキリする事もあります。絵もあって、楽しいし(笑)。翻訳の真似事なんかしながら、楽しんでお勉強しています。真似事。ごっこ。は、子供の頃、勉強に退屈した時にやっていました。国語の朗読に飽きたら「役者ごっこ」でセリフみたいに読んでみたり。歴史の勉強に飽きたら「アナウンサーごっこ」で、教科書をアナウンサーみたいに読んだりしていました。すぐ飽きちゃうから(笑)。。。「翻訳家ごっこ」の次は、「フランス人ごっこ」(フランス人の様に読む)をやってみようと思います。。。

      6
      テーマ:
  • 10Feb
    • フランスの好きなもの。食べ物編。

      Bonjourみなさま、お元気ですか?フランスに来て3カ月とチョット。時間があれば、フランス語の勉強も頑張っています今日は、私がすっかりハマってしまっているSaucisson secについて。サラミ。でも、日本のサラミと少し違うかな。。。ソーシーソン セックと読みます。日本のサラミより、少し乾燥した感じで、スモークの感じはありませんこんな感じで、腸詰めの外側は、カビカビですそしてこのカビ、、、めっさ、くっさいです(笑)。。。何と言うか、、、、生乾きの洗濯物みたいなですが、この腸の皮を剥がすと、、、、うーんやめられない美味しさ少し強めのしょっぱさと、日本のものより、味わい深い。。。。ただし、、、、調子に乗って勢い良く噛むと、たまに、歯が割れそうに固い筋とかがあるので、要注意食する際には、そおっと、、、ね。。先ほど、くっさいのを我慢して(笑)、皮を剥がしてカットしましたフランス人は、みんな大好きソーシーソンセック。お酒の席なんかでは、直ぐに無くなっちゃいます(笑)。もちろん、ワインとの相性もバッチリです

      5
      テーマ:
  • 30Jan
    • テストでした。

      皆様、お元気ですか?私は今週は、カレッジの期末テストでした。この歳になって、またテストを受けるとは(笑)。ですが、以前仕事をしていた身となっては、そんなにシリアスに考えられませんでした。。。だって、、、、仕事でミスをしたらクビになるけれど、テストでミスをしても、クビにはならないから(笑)。。。力試しの感覚です。もちろん、『知りたい。身につけたい』という、前向きな姿勢が前提です。ハーモニーの試験では、筆記もあり、教授がわざわざ私用に、英語の問題用紙を作ってくれていました。感謝。。。しかしながら、テスト問題となると、英語でも理解が大変。。。。英語、母国語じゃないし。。。。英語も、わたしにとっては『マシ』なだけで。。。。音楽用語となると、なおさら。「あれ?リディアンって、、、Lidian だっけ?Lydian? Lydien??」等と、悩むのでした。。。筆記に関しては、、、やっぱり書くのは難しいです。。。(英語です、、、)だけど、以前に仕事関係とかで、英語でメールを書いていたのが、今回とても役立ちました。もちろん、日本での英語教育があってのこと。「日本での英語教育は遅れている」とか言われているけれど、やっぱり助けになっています。日本での英語教育は、割合的を突いていると思います。今、フランス語が分からなくても、英語でどうにかなるのは、日本の学校での教育は大きいかと。I am a student.とか、This is a pen.なんて、馬鹿げていると思っていたけれど、何にも考えずに、すんなりーこれが言えるのは、やっぱり英語教育のおかげ。日本政府には沢山の問題があって、文句を言いたいこともありますが(笑)、今回ばかりは、日本の義務教育に感謝したのでありました。。。。さてさて、週末。私はテストを終えて、そこから更に知りたいこと、足りない事、習得したいことが増えてしまいました。。。テストって、自分の短所を教えてくれる、良い機会だと思います。そんなわけで、昔だったら、「あー!終わった、終わった!」と思うところが、テストのせいで、強化したいことがたくさん。テスト終わりの週末、楽譜とインターネットにかじりついてるわたし。。。

      8
      テーマ:
  • 22Dec
    • お化粧事情。

      同じクラスに、とても素敵な女子がいます。彼女は20代で、少しウェーブのかかった、濃い茶色の長い髪と、同じ茶色の瞳。お化粧をしているのか、していないのか、、、とてもナチュラルだけれど、とても可愛らしいです。おやつにリンゴをシャリシャリかじり、授業中は斜めになったり、足を別の椅子に乗っけてみたり。髪が邪魔になると、無造作に束ねて、これまた無造作にゴムで留める。だから、後れ毛があったり、ツンツン髪の毛がはみ出していたりします。なのに、それがとても可愛らしい。たまに、穴の空いてしまった服を着ていても(笑)、それさえとても可愛らしい。皆んながみんな、そうではないけれど、フランス人女子は、そんな無造作で、ナチュラルな子が多くて、それがとても魅力的です。気になって、フランス人の顔立ちを観察してみたところ(笑)、目元だな。。。しっかりとした眉毛の下は、すぐに深く窪み、影を作っている。そして、眉毛と目の幅が、とても狭い。。そして、長いまつげ。だから、あんまり濃いお化粧をしなくても自然なシャドウがあって、つけまつ毛をしなくても、長いまつげが目をパッチリ見せる。私の顔を観察してみると、眉毛から目の距離が長く、窪みがないので、何だかのっぺりした感じ。。。まつげも短いし。。。このナチュラルさ、素敵だなー。日本人には、なかなか出来ないなー、、、なんて思っていたら。。。。先日、皆んなで集まって夕食会をしていた時。とあるアジアの女の子が居て。これまた魅力的な褐色の肌に、真っ黒な髪。そして、バッチリメイク(笑)。目の周りを黒く囲み、い、いや、、、可愛いんだよ(笑)、、、だ、だけど、、、だって、、、、古代エジプトみたいなメイクなんだもん(笑)、、、「こりゃまた、すごいメイクだなぁ、、、」って思っていたら。フランス人の皆んなは。「彼女、可愛いいよねー。きれいよねー!!」フランス人にとっては、アジアはやっぱりエキゾチックなイメージがあるみたい。。。私は、、、、やっぱりお化粧が必要みたいです(笑)。

      5
      テーマ:
  • 17Dec
    • IKEAですが。

      ベッドサイド。ほとんどIKEAで購入たのですが、なんとなくフランスっぽいのは、なぜかしら??

      6
      テーマ:
  • 17Nov
    • テロ攻撃

      ご無沙汰してしまいました。フランスは、先日のテロの攻撃により、重い空気に包まれています。私はパリから少し離れた所に住んでおり、直接の影響はありませんでしたが、週明けには、レジデンスの住人、カレッジの学生が、顔を合わせる度に、「大丈夫だった?」とお互いの安否を確認しました。友達は、「どうしてこんな事が起こるんだろう。。。自由で平和な国なのに。。すごく、すごく、ショックだよ。」と言っていた。。。本当にそうだと思う。たまたま、パリが攻撃されて、たまたま、私もフランスに居ただけで。テロの攻撃って言うのは、いつ、何処で起きてもおかしくないんだ。そして、ある日突然、楽しく平和に、慎ましく暮らしていた人々から、すべてを奪って行く。人々から、笑顔を奪って行く。何ておそろしく、悲しい事なんだろう。。。

      10
      テーマ:
  • 26Oct
    • 早くも、パリのステージに。。。

      週末、フローリン・ニクレスク氏のコンサートに、カレッジの仲間と行ってきました。会場は、バスティーユ近くの「L'atelier Charonne」と言う所で、主にマヌーシュJAZZを専門に演奏するお店。Florin Niculescu (vl)Sébastien Giniaux (gt)Hugo Lippi - (gt)Gilles Naturel(bass)と言う、スゴイメンバーに、会場は超満員の立ち見、、、さ、さすがです。。。フローリンは、ほぼMCをせずに、次から次へと演奏。そのどれもが、圧巻のテクニックで、カレッジの仲間達は目を丸くしていました(笑)。ユーゴとの相性も、本当に魅力的です。前々から思うのですが、このコンビは最強だと思います。。。2ステージ堪能して。そして最後のマイナースウィング。な、何と、フローリンに、ステージに紹介されてしまいました。。。そして、マイナースウィングを、弾きましたよーステージデビューです。。。しかも、、、スゴいメンバーと。。。超盛り上がりまして、大喝采。終わった後は、もう色んな人に声をかけられました。嬉しかったなー(*^^*)!なかなか今後、期待大な、1か月記念日。。。

      8
      テーマ:
  • 17Oct
    • フランスのお休み事情。

      Bonsoir,みなさま、お元気ですか?私と言えば、相変わらずカレッジとレジデンスの往復。今日も冷え込んだ1日でした。。。フランスに来て早3週間。徐々にこちらのシステムにも慣れてきていますが、最初に1番驚いたのが、「お休み」。以前フランス人の女の子に、「日本では、年間にお休みが1週間しか無いって、本当?」って聞かれた事がありました(笑)。「いやいや、そんな、まさか。」って答えたけれど、、、確かに日本に比べたら、こちらのお休みの多さには驚かされます。まず日曜日は、「全て」がお休みです。パリは観光都市なので、カフェやブティックが開いていたりしますが、それでも調べて行かないと、お目当のお店が閉まっていた、なんて事は当たり前。パリから少し離れた私の街においては、日曜日は全てがまるっきり閉まっています(笑)。なので、週末になると、最悪食いっぱぐれないかどうか確認(笑)。そして、お昼休みも注意しないと。。。郵便局は12:00になるとお昼休みでシャッターが下りて、14:00位まで開かないし、先日行った、パリのピギャールの大きな楽器屋さんでは、「まさか、パリだしなー」と気楽に構えていたら、14:00までお休みで、時間を潰さなくてはならないハメに。。。クリスマス休暇も、夏休みも。。こののんびりさ。大都市なのに。。。でも、好きな空気感です。

      6
      テーマ:
  • 13Oct
    • フランス語(^_−)−☆

      皆さん、ボンジュール今日も1日、オタクなヴァイオリニストはパタパタと音楽に勤しんでおりました(^_-)-☆とにかく毎日、地道にコツコツ充電中。少しずつ、環境にも慣れつつあります。フランス人は、まぁ話好き。レジデンスに帰宅すると、住人が誰かしらテラスで話していて、そのうち夜は大体みんなで語らっていますまだまだ全然、フランス語は分かりませんが、慣れって凄いっていうか、、、早口で全然分からなかった会話が、所々、うっすら知ってる単語が聞き取れる様になってきました本日のレジデンスの夜の語らいは、フランス語講座(笑)。「セ・ボン」と「セ・ビアン」の違いは?とか、「こんな時は、こう言うんだよ」とか。みんなで張り切って教えてくれました

      1
      テーマ:
  • 11Oct
  • 10Oct
    • 自炊ならやっぱり。。。

      日本食食材がなかなか手に入らないです。。薄切り肉とか、こま切れなんて無いし。。。でも、作ってみました。日本食(^_-)-☆豚の生姜焼きし、しかし。薄切り肉は無いにしても、トンテキ肉に、、普通に骨が付いています日本だと、骨付肉を探す方が大変ですよねー???だから、まさか、豚のロースに骨が付いてるなんて、思いもしなくて。。。開けてビックリ骨を削いで(笑)細長に切りました。肉じゃがも作ってみましたよーこちらのジャガイモは、皮が柔らかいので、所々皮を剥きました。こちらは牛ひき肉で。お酒が無いので、ワインを入れてみました。なかなかイケます(^_-)-☆帰りが遅くなると、カラダもアタマも、とても疲れちゃうので、作り置きでチン

      6
      テーマ:
    • ミュージック at エロタウン。

      みなさま、ボンジュール週末、いかがお過ごしですか??先日、ちょっと機材が入用で、パリの楽器屋さんに行ってきましたピギャール駅の、スターズミュージック。ゴミだらけですが(笑)、、、エレクトリック系は、一通り揃いますギター館、金管館、DTM館、マイク館など、、、全部お隣同士ですが、ショップが分かれています。プリアンプと、シールドを購入。プリアンプは、マイク館で。シールドはシールド館で。。。ハシゴですシールド買うのが、ちょっと面白くて。お店には、シールドが展示されていません。すごく狭い室内に、カウンターが1つ。カウンターのお兄さんに、「3メートルのシールド下さい」って言うと、奥の棚から出して来てくれます。。。日本とは大分ちがいますねそれにしても、ピギャールとはまぁとにかく、エロスなお店ばかりです長居する事なく、さっさと退散

      2
      テーマ:
    • ホカホカ君。

      みなさま、お元気ですか?さてさて、カレッジにいる時は、ほとんど楽器をさわっていますが、お家では、お勉強したり、楽譜見てたり、作業したり。。。ホカホカ君は、ヘビロテしてます。デスクワークの時は、膝の上が定位置です。強い味方です

      5
      テーマ:
topbanner

プロフィール

石内 幹子

自己紹介:
Jazz/Popsヴァイオリニスト。 武蔵野音楽大学卒業 2011年、2012年、フランスにてDi...

続きを見る >

フォロー

お気に入りブログ

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス