Believe in Love/Cree en el amor

テーマ:
東の空から 
太陽が 昇って行く
生まれたばかりの
鮮やかな炎 燃えている
太古の昔から
同じドラマは 繰り返され
豊かな生命を 心に 
勇気を与えて
 
小さな人生の
なんて 深い悲しみ
それでも 生きてきた
昇る 朝陽のように…
 
どんな未来になるか
今はわからないけど
私は 一歩一歩 
歩いて行きたい 明日へ
愛を信じて…
 
銀河のむこうに
いつか 帰るのだろう
幼い あの頃 懐かしくて
見ていた 星空 
誰かを 愛したり
誰かに 愛されたり
涙を流した
幸せに 胸がふるえた
 
私が生きたこと
いつか 忘れられても
輝く魂は 名もない
星のように…
 
この瞬間は 
やがて 永遠に続いている
すべての生命に
ありがとうを 今 伝えて
 
どんな未来になるか
今は わからないけど
私は、一歩一歩 
歩いて行きたい 明日へ
愛を信じて…
 
 
営みはやむことはない
 
人の欲望、裏切り、罵り
 
目を閉じれば、
 
耳を塞げば通り過ぎるのか
 
日々心を閉じ、
 
無関心を装えばいいのか 
 
心はそこにあってここにはない……
 
変える勇気を少しだけ
 
たくさんとはいいません
 
小さじに一杯ホンの少し……
 
 
それが合わさると……
 
 
ホンの少し居心地のいい世界ができるかもしれない
 
 
 
〉From the eastern sky
Sun climbs
Newborn
Burning bright flame
Since the dawn of time
Same drama is repeated
To mind the rich life
Giving courage
 
A little life
Deep sorrow Nante
Still, I have been living
as Chaoyang to rise ...
 
 
Become what future
I do not know now
I step by step
Tomorrow, I want to go walking
Believe in love ...
 
On the other side of the galaxy
It would return someday
Nostalgic those days young
Starry sky was watching
You can love someone
Or is loved by someone
I shed tears
My heart trembled happily
 
that I live
Even forgotten someday
nameless soul shining
Like a star ...
 
This moment
It has been going on forever soon
To all life
You can tell now thank you
 
Become what future
I do not know now
I, step by step
Tomorrow, I want to go walking
Believe in love ...
 
 
 
never cease life
 
Of human desire, betrayal, and abuse
 
If I close my eyes,
 
Is it pass if Fusage the ear
 
Close the daily mind,
 
Or should I Soe indifference
 
Mind ...... not here there there
 
only a little courage to change
 
It does not say a lot
 
The ...... just a little cup to tsp
 
 
...... It would intertwine
 
 
World cozy little book may be able
 
 
 


Desde el cielo del este
Sun sube
Recién nacido
Llama ardiente brillante
Desde los albores del tiempo
Mismo drama se repite
Para la mente la vida rica
Dar valor

Un poco de vida
Nante profundo dolor
Aún así, he estado viviendo
como Chaoyang se eleve ...

Conviértase en lo futuro
No sé ahora
Doy un paso a paso
Mañana quiero ir caminando
Cree en el amor ...

En el otro lado de la galaxia
Sería volver algún día
Nostalgic aquellos días jóvenes
Cielo estrellado estaba viendo
Puedes amar a alguien
O es amado por alguien
Derramé lágrimas
Mi corazón temblaba feliz

que vivo
Incluso olvidado algún día
sin nombre alma brillante
Como una estrella ...

Este momento
Se ha ido para siempre pronto
Para toda la vida
Se puede decir que ahora gracias

Conviértase en lo futuro
No sé ahora
I, paso a paso
Mañana quiero ir caminando
Cree en el amor ...



Nunca deje la vida

Del deseo humano, la traición y el abuso

Si cierro los ojos,

¿Se pasa si Fusage el oído

Cierre la mente todos los días,

¿O debería Soe indiferencia

Mente ...... no aquí no hay

Sólo un poco de coraje para cambiar

No dice mucho

La ...... solo una pequeña taza de TSP


...... Sería entrelazar


Acogedora pequeña agenda mundial pueda






ハナノミキメモ











I'm alright/Estoy bien

テーマ:

eng〉Be alive ...

Be alive ...


Sunny spot signs of spring park

Voice of the birds hear in the distance

the ears are burning

that yawn

That I think of you ...

Be alive

Horn noise that occurs in the city

Chiming of the airplane phone signal

warmth of the sunshine filtering through foliage conversation leading

And able to hold your hand ...

Be alive

That we laugh

That we get angry

That we cry

That freedom ...

That we live

To love someone

Palm of your hand your words

That it Fureaeru of life and life alive ...



That breath ll hear you

A breath of wind to get off bets from the top of a mountain


'll have that you also feel

The warmth of the returning wave Preface

I could look to you

Birds identified from bran also names to draw a circle in the sky of infinite well Midori


'll have that you also touched

The hands of children full of surprise


And, there will be a moment you think you also are protected

Because there is always people who say "I'm fine" it to you ...


Who am I · · ·

Even in tears no matter how

Not that it never wither

At the bottom of the lake

I think always



You put out the answer to your own

You Michibikeru the answer to everything

Even no matter how weak

Even no matter how scared

This may look ugly no matter how

Own even a single person

Poetry is not only the means ...

It is not possible to think more agile

Because it is this I

I will love me

it may not be able to escape

Nor is that it Tsukuseru talks even said no matter how

To all parts of the day-to-day

It's because crowded stain

I still very free I

It's not free I got to someone

It was found to be not a free took from someone

When I finally exhale heart

Time Nante or took how much it

Would have no idea that

The passages which branch from which the top

Where for example, or with follow

I did not even think


It, because it was something that would show up late always

I was always put off the door closed

And then passing as usual when

River pouring into the ocean in the same flow always

While smiling consciousness there

I want to be a boat to think to where to flow

Do not be looking just rock at hand

I appreciate that you showed us the fate of the flow.

Is every single mundane conversation
I appreciate that you support me, and strongly, it was me watching over.

I appreciate that to withstand even sadness, even pain, gave me the warmth.

It is not hate anybody, thank,

I appreciate that it is now.


Wound at the back of the mind. Scratches made previously.

Usually, the wound will not go bad.

Sometimes you forget.

But I, there is a time to remember the wound.

It, when it came to like someone.

And, this time, and try not to damage.

I will quit if scratched.

I think such a thing.

To Avoid contact wound

You can check, you can try,

I do detour.

By doing so, to exchange for immediately before scratching.

But I, some lose.

I can not act obediently.

I can not say the feeling.

You can not have the courage to step forward.

Nobody nobody one wound.

Everyone is hurt on something.

But I, And If I had our 

It does not advance then even after forever.

Even be scratched

I want to be honest When you fall in love.

You can try, do not worry, straight, I want to jump.



Hananomiki








esp〉Ser vivo ...

Ser vivo ...


Signos Sunny in situ de la primavera de parque

La voz de los pájaros oyen en la distancia

las orejas están quemando

que bostezo

Eso pienso en ti ...

Ser vivo

Cuerno de ruido que se produce en la ciudad

Avisador de la señal del teléfono avión

calor del sol filtrado a través de conversaciones follaje conduce

Y capaz de sostener su mano ...

Ser vivo

Eso nos reímos

Eso nos enojamos

Eso nos hace exclamar:

Esa libertad ...

Que vivimos

Amar a alguien

Palma de la mano sus palabras

Que Fureaeru de la vida y de la vida viva ...



Esa respiración que usted escuchará

Un soplo de viento para salir de apuestas desde la cima de una montaña


"Tendrás que usted también siente

La calidez del Prefacio onda de retorno

Podía mirar a usted

Las aves identificadas a partir de salvado también nombres para dibujar un círculo en el cielo del pozo infinito Midori


'Ll tienen que también tocó

Las manos de los niños llenos de sorpresa


Y, habrá un momento en que piensas que tambi




MikiHanano

※※※※※※※※※※※※※※※



生きてるということ・・・

生きてるということ…


春のきざし 公園のひだまり

遠くに聴こえる 鳥の声

くしゃみがでること

あくびがでること

あなたのことを 想うこと…

生きてるということ

街の中でおこる雑音 クラクション

飛行機 信号 電話の鳴る音

通じる会話 木漏れ日の温かさ

そして あなたの手を握ること…

生きているということ

笑えるということ

怒るということ

泣けるということ

自由ということ…

生きるということ

誰かを愛すること

あなたの言葉 あなたの手のひら

生きているいのちといのちのふれあえること…



あなたにあの息吹きが聞こえるでしょ

山の頂から駈け降りる風の息吹きが


あなたも感じたことがあるでしょ

寄せては返す波の温もりを

あなたには見えるでしよ

名も識らぬ鳥たちが碧い空に無限の円を描くのが 


あなたも触ったことがあるでしょ

驚きに溢れる子供たちの手を


そして、あなたも守られていると思う瞬間があるでしょ

それはあなたに『大丈夫だよ』と言う人が必ずいるから… 


Who am I・・・

どんなに涙を流しても 

決して枯れることはない

湖の底で

いつも私は 考える



答えを出せるのは 自分だけ

あらゆるものに 答えを導けるのは

どんなに弱っていても

どんなに怯えていても

どんなに醜くみえても

たったひとりの自分だけ

詩はその手段にすぎないと…

より身軽に考えることができない

この私だから

私は私を 愛していく

逃れることが出来ないかもしれない

どんなに語っても 語りつくせることでもない

日常のあらゆるところに

それは沁み込んでいるからだ

それでも私は私 とても自由

誰かにもらった自由じゃない

誰かから奪った自由じゃないことが わかった

やっと心を吐き出したとき

それがどれほど時間がかかったかなんて

考えてもみないだろう

どの頂から どの支流をくだり

何処へ辿りついたかなど

思いもしなかった


それはいつも遅れてやってくるものだから

閉じた扉を いつも見送っていた

時は相変わらず過ぎていくし

川はいつも同じ流れで大海にそそぐ

そこに意識を浮かべながら

何処へ流れるべきかを考える小舟でありたい

目前の岩ばかり見ていないで

流れの行く末を示してくれたことに 感謝します。

平凡な会話のひとつひとつが
私を支え、強くし、見守っていてくれたことに 感謝します。

悲しみにも、痛みにも耐えられるよう、その温かさを与えてくれたことに 感謝します。

誰をも憎まず、感謝し、

今あることに感謝します。


心の奥にあるキズ。以前できたキズ。

ふだん、そのキズは傷まない。

忘れていることもある。

だけど、そのキズを思い出すときがある。

それは、誰かを好きになった時。

そして、今度は、キズつかないようにしよう。

キズつくならやめよう。

そんなことを思う。

キズつかないようにするには

確認したり、試したり、

遠回りすればいい。

そうすれば、キズつく前にすぐ引き替えせる。

だけど、失うものもある。

素直に行動できない。

気持ちを言えない。

踏み出す勇気がもてない。

キズがひとつもない人なんていない。

誰だって、何かにキズついている。

だけど、それに捉われていたら

いつまでもたっても次に進めない。

キズついたことがあっても

好きになったら素直になりたい。

試したり、心配しないで、まっすぐ、飛び込んいきたい。





ハナノミキ恋の矢



You can change the world


Hello, I'm Severn Suzuki speaking for E.C.O. - The Environmental Children's organization.

We are a group of twelve and thirteen-year-olds trying to make a difference: Vanessa Suttie, Morgan Geisler, Michelle Quigg and me. We raised all the money to come here ourselves to come five thousand miles to tell you adults you must change your ways. Coming up here today, I have no hidden agenda. I am fighting for my future.

Losing my future is not like losing an election or a few points on the stock market. I am here to speak for all generations to come.

I am here to speak on behalf of the starving children around the world whose cries go unheard. I am here to speak for the countless animals dying across this planet because they have nowhere left to go.

I am afraid to go out in the sun now because of the holes in the ozone. I am afraid to breathe the air because I don't know what chemicals are in it.

I used to go fishing in Vancouver, my home with my dad until just a few years ago we found the fish full of cancers. And now we hear about animals and plants going extinct every day - vanishing forever.

In my life, I have dreamt of seeing the great herds of wild animals, jungles and rainforests full of birds and butterflies, but now I wonder if they will even exist for my children to see.

Did you have to worry of these things when you were my age? All this is happening before our eyes and yet we act as if we have all the time we want and all the solutions. I'm only a child and I don't have all the solutions, but I want you to realize, neither do you!

You don't know how to fix the holes in our ozone layer. You don't know how to bring salmon back up a dead stream. You don't know how to bring back an animal now extinct. And you can't bring back the forests that once grew where there is now desert. If you don't know how to fix it, please stop breaking it!

Here, you may be delegates of your governments, business people, organizers, reporters or politicians - but really you are mothers and fathers, sisters and brothers, aunts and uncles - and all of you are someone's child.

I'm only a child yet I know we are all part of a family, five billion strong, in fact, 30 million species strong and borders and governments will never change that.

I'm only a child yet I know we are all in this together and should act as one single world towards one single goal. In my anger, I am not blind, and in my fear, I am not afraid to tell the world how I feel.

In my country, we make so much waste, we buy and throw away, buy and throw away, buy and throw away, and yet northern countries will not share with the needy. Even when we have more than enough, we are afraid to share, afraid to let go some of our wealth, .

In Canada, we live the privileged life, with plenty of food, water and shelter - we have watches, bicycles, computers and television sets.

Two days ago here in Brazil, we were shocked when we spent some time with some children living on the streets. And this is what one child told us: "I wish I was rich and if I were, I would give all the street children food, clothes, medicines, shelter and love and affection."

If a child on the street who has nothing, is willing to share, why are we who have everything still so greedy? I can't stop thinking that these children are my own age, that it makes a tremendous difference where you are born, that I could be one of those children living in the Favellas of Rio; I could be a child starving in Somalia; a victim of war in the Middle East or a beggar in India.

I'm only a child yet I know if all the money spent on war was spent on finding environmental answers, ending poverty and finding treaties. What a wonderful place this earth would be!

At school, even in kindergarten, you teach us how to behave in the world. You teach us:

to not fight with others,
to work things out,
to respect others,
to clean up our mess,
not to hurt other creatures
to share - not be greedy

Then why do you go out and do the things you tell us not to do?

Do not forget why you're attending these conferences, who you're doing this for - we are your own children.

You are deciding what kind of world we will grow up in. Parents should be able to comfort their children by saying "everything's going to be alright', "it's not the end of the world" and "we're doing the best we can".

But I don't think you can say that to us anymore. Are we even on your list of priorities? My dad always says "You are what you do, not what you say."

Well, what you do makes me cry at night. You grown ups say you love us. But I challenge you, please make your actions reflect your words. 

Thank you.
  



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





こんにちは、セヴァン・スズキです。エコを代表してお話しします。…………


私がここに立って話をしているのは、未来に生きる子供たちのためです。

世界中の飢えに苦しむ子供のたちのためです。

そして、もう行く所もなく、死に絶えようとしている無数の動物のためです。



……私の世代には、夢があります。

いつか野生の動物たちの群れや、たくさんの鳥や蝶が舞うジャングルを見ることです。

でも、私の子供たちの世代は、もうそんな夢を持つことも出来なくなるのではないか?


あなたたちは、私ぐらいの歳のときに、そんなことを心配したことがありますか。


こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに、私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔をしています。 

まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのかはっきりわかりません。

でも、あなたたち大人にも知って欲しいです。

あなたたちもよい解決法なんて持っていないっていうことを。

オゾン層に開いた穴をどうやって塞ぐのか、あなたは知らないでしょう。

死んだ川にどうやってサケを呼び戻すのか、あなたは知らないでしょう。

絶滅した動物をどうやって生き返らせるのか、あなたは知らないでしょう。

そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森を甦らせるのか、あなたは知らないでしょう。

どうやって直すのかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください。


ここでは、あなたたちは政府とか企業とか団体とかの代表でしょう。あるいは、報道関係者か政治家かもしれない。

でも本当は、あなたたちも誰かの母親であり、父親であり、姉妹であり、兄弟であり、叔母であり、叔父なんです。

そしてあなたたちの誰もが、誰かの子どもなんです。
私はまだ子どもですが、ここにいる私たちみんなが同じ大きなな家族の一員であることを知っています。

そうです50億以上の人間からなる大家族。

いいえ、じつは3000万種類の生物からなる大家族です。国境や各国の政府がどんなに私たちを分け隔てようとしても、このことは変えようがありません。


私は子どもですが、みんながこの大家族の一員であり、ひとつの目標に向けて心をひとつにして行動しなければならないことを知っています。

私は怒っています。

でも、自分を見失ってはいません。

私はこわい。


でも、自分の気持ちを世界中に伝えることを、私は恐れません。

……………………………………
2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、私たちはショックを受けました。

1人の子どもが私たちにこう言いました。

「僕が金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、優しさと愛情をあげるのに」

家も何もない1人の子どもが、分かち合うことを考えいるのに、すべてを持っている私たちが、こんなに欲が深いのは、いったいどうして何でしょう。

……どこに生まれついたかによって、こんなにも人生が違ってしまう。……………


もし戦争のために使われているお金を全部、貧しさと環境問題を解決するために使えば、この地球は素晴らしい星になるでしょう。

私はまだ子どもだけど、そのことを知っています。


学校で、いや、幼稚園でさえ、あなたたち大人は私たち子どもに、世の中でどう振る舞うかを教えてくれます。

たとえば、


争いはしないこと

話し合いで解決すること

他人を尊重すること

散らかしたら自分で片付けること

他の生物をむやみに傷つけないこと

分かち合うこと

そして欲張らないこと



ならばなぜ、あなたたちは、私たちにするなということをしているんですか。


なぜあなたたちが今こうして会議に出席しているのか、どうか忘れないでください。

そしていったい誰のためにやっているのか。


それはあなたたちの子ども、つまり私たちのためです。

皆さんはこうした会議で、私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。

……………………………………

お聞きしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。


父はいつも私に不言実行、つまり、何を言うかではなく、何をするかでその人の値打ちが決まる、と言います。

しかしあなたたち大人がやっているせいで、私たちは泣いています。

あなたたちはいつも私たちを愛しているといいます。
しかし、言わせてください。

もしその言葉が本当なら、どうか、本当だということを行動で示しください。


最後まど私の話を聞いてくださってありがとうございました。

---(原文の一部抜粋)--



セヴァン・カリス・スズキ著
学陽書房出版








これは1992年6月11日ブラジルのリオデジャネイロで開かれた国連主催の地球環境サミットで12歳のカナダ人の少女(日系人)が、居並ぶ世界各国のリーダーたちを前にしたわずか6分間のスピーチの抜粋です。


10words(決めセリフ)もあり、見事な構成。スピーチ終了後? スタンディグオベーションは間違いなし。「リオの伝説のスピーチ」と呼ばれています。解説はこの辺までに…、ぜひ一度読んでみて欲しい本です



ハナノミキ恋の矢  '10/1/31 初投稿加筆修正