猫とドリーミング

  • 26Sep
    • おやつ:信玄餅の画像

      おやつ:信玄餅

      「こころのふるさと(※)」こと山梨に訪れることが出来なくなり、しょんぼりしているこの頃です。※友人が住んでいて遊びに行くので勝手にそう呼んでいます仕事終わりに8時ちょうど…ではないあずさに乗って、甲府に着いたら駅前で買い出し。友人と合流して美味しい町中華を食べ、朝、アルプスの山並みを見ながら甲府の駅前を散歩しつつ丸十パンの焼きたてパンで朝食。産直野菜やフルーツ王国の果物をしこたま買い、学生時代の友人とくだらない話で笑う。そんなたわいもない休日を私は過ごしたい。(急にどうした)***そんな山梨欠乏症中。近所のスーパーで金精軒の信玄餅が売られていたので、喜び勇んで買ってきました。久しぶりーうれしー。山梨名物の信玄餅は金精軒と桔梗屋が有名ですが、どちらも大好き。どちらが元祖かみたいな話を山梨の友人が話題にしていて、私も気になって以前調べたことがあるのですが、どちらかが作った元祖で、どちらかが名前をつけた元祖で、結局どっちも元祖みたいな関係だったような気がします。(調べたことがあるとは思えないざっくり具合…すみません)私の遊びに行く甲府では、近隣の笛吹市に工場を構える桔梗屋の方が勢力図として強めな印象があります。金精軒は山梨県北杜市に本店があり、甲府だとちょっとレアな信玄餅という感じがします。でもそのレアな場所のひとつが駅構内の売店だったりするので気軽に買えると言えば買えるのですが…。信玄餅以外にも金精軒は美味しいものがたくさん。ちなみに私のオススメは寒天信玄餅。信玄餅の味が寒天で味わえてしまうというヘルシーな一品です。あとは生信玄餅という、信玄餅をより柔らかくもちもちにした商品も美味しいです。地元の北杜市で作られた梨北米というお米を使って作られていて、生というだけあって賞味期限が短いため限定店じゃないと買えない信玄餅です。こんなこと言っていいのか分かりませんが、ぶっちゃけ賞味期限が過ぎても普通の信玄餅より柔らかくて美味しいです。駅構内でも扱っていますが、ハイシーズンだと夕方には完売していることもあります。売られていたら必ず買うお土産のひとつです。最近は甲府駅に金精軒専門の売店が出来たみたいで、ぜひ一度売られている菓子を端から端まで大人買いしたい次第です。***袋も恰好いい。武田信玄と上杉謙信の川中島の戦いを模しています。脇を固める武将もしっかり。

  • 23Sep
    • 新しいマスク作りの画像

      新しいマスク作り

      以前作った布マスクがヨレヨレになってきたので新しく作り直しました。HKマスクで、フラミンゴと白くま柄100円ショップで、マスクが2つ分ぐらい取れる大きさの端切れが売られていて、入荷のたびに可愛い柄があるとちょっとづつ買ってストックしてしまいます。前に作ったときは市場にマスクがない時期だったので、なるべく使いやすい柄の布を選んで作る端から人様に差し上げていたのですが、今は自分用に好きな柄で作っています。だから変わった柄ばかり(笑)***布マスクもすっかり市民権を得ましたよね。3月ぐらいはマスクと言えば使い捨てしか頭になくて、お店からマスクが一気になくなって、家のサージカルマスクの乏しい在庫を見ながら「これがなくなったらどうしたらええねん…」と途方に暮れていたことを考えると、「自分でも作ることが出来る」というのは大変心強いです。今売られているマスクを見ると、可愛い柄や接触冷感に加えて、「小顔に見える」とか「鼻が高く見える」なんて色んな付加価値がプラスされていて、アイディアが面白いですね。色んなことを考え付く人がいるんだなあ。

  • 20Sep
    • 作り置きの画像

      作り置き

      今週のダイジェスト飯。高野豆腐の含め煮ゴーヤの甘酢漬け焼きねぎの柚子胡椒マリネ鯖缶の無限ピーマン煮卵ひじきの直煮ズッキーニとベーコンの煮つけ切り干し大根の梅マリネ厚揚げとししとうのおかか醤油炒め糸こんにゃくとしょうがのタイ風炒めくず野菜のポタージュモロヘイヤの茎、チンゲン菜の根元のほう、ごぼうとさつまいもの切れ端、キャベツの芯をオニオンスープの素で味付けしたもの。可食部なら何でもアリな感じになってしまいました。見た目はアレなんですが味はさつまいもが主張してほんのり甘くて意外に美味しかったです。***今回はししとう、ゴーヤ、ピーマンが安かったので似たような緑色が多くなってしまいました。(笑)糸こんにゃくとしょうがのタイ風炒めに再チャレンジ。もしかしたら先週私は塩と砂糖を間違えていたのかもしれない…。***自分の覚書も兼ねて一部出典にリンクを張らせて頂いています。不都合ございましたらご一報お願いいたします。

  • 16Sep
    • あなご飯の画像

      あなご飯

      日本橋に用事があり、折角だから何か食べて帰ろうと、あなご飯を頂いて来ました。久しぶりのイレギュラーな外出外食と言うこともあり、テンション上がって、昼からビールを注文泡と器が一体化しています。あなご巻き。あなご飯。最初はそのまま、その後お好みで薬味をかけて頂きます。ごちそうさまでした。

  • 12Sep
    • 再生野菜のその後のその後の画像

      再生野菜のその後のその後

      以前育てていた再生野菜ですが、暑くなると共に水やりの調整が難しくなり、乾いてしまったり、逆に根腐れしてしまったりと上手く育たなくなってしまったのでお休みしています。最後に収穫したもの。水菜。うちの環境では、水菜がよく育って、ちょっとしたサラダになるくらい何度か収穫出来ました。小松菜。手前が一番よく育ったもの。お味噌汁に入れて頂きました。***本来は捨ててしまうはずの野菜の根っこが育つ姿は見ていて楽しいので、また涼しくなったら始めたいなと思っています。

  • 09Sep
    • 作り置きの画像

      作り置き

      今週のダイジェスト飯。高野豆腐の含め煮ピーマンのカレー炒めかぼちゃサラダ切り干し大根の和風マリネ煮卵梅ごぼうエリンギの浅漬け長芋の煮物ゴーヤの佃煮なすとししとうと厚揚げのみそ炒め糸こんにゃくとしょうがのタイ風炒めくず野菜のポタージュ。今週はレンズ豆とごぼうの切れ端。***煮卵が派手に崩れてしまいました高血圧&動脈硬化対策のために塩分を実際のレシピより少し控えて作ることが多いのですが、糸こんにゃくとしょうがのタイ風炒めは更にもう少し控えてもよかったかも。次回再チャレンジします。***覚書も兼ねて一部出典にリンクを張らせて頂いています。不都合ございましたらご一報お願いいたします。

  • 06Sep
    • この頃の猫の画像

      この頃の猫

      この頃のうちの猫です。暑さで身も心も伸びまくっているマー。お気に入りの出窓でバラをしょってくつろぐコー。ごはんが欲しい。欲ーしーいー!草食系猫のマー。とりあえず葉っぱがあれば自分のために用意されたと思っているんじゃないかというぐらい食べるのでコワイ。猫に危険な植物もあるのでうっかり置けません。虚空を見て抱っこされているという現実をやり過ごすマー。相変わらずシッポを巻くのはやめて頂きたい。

  • 04Sep
    • みょうがの画像

      みょうが

      3年前に植えて全く音沙汰なかったミョウガが、今年になってにょきにょきと実をつけ始めました。採りどきが分からず、もうちょっと大きく…と欲張っていたら、なんかこんなことになっていました。芽が2本。開いたらバルタン星人みたい(笑)

  • 02Sep
    • 作り置きの画像

      作り置き

      今週のダイジェスト飯です。高野豆腐の含め煮煮卵ぶりの南蛮漬けきゅうりの塩水漬けしそ巻き味噌(頂き物)こんにゃくときのこのオイスターソース炒めにんじんとレンズ豆のサラダべーごぼおからとれんこんの和サラダゴーヤとかぼちゃの味噌チャンプル切り干し大根のツナマヨサラダくず野菜のポタージュスープ。今回はレンズ豆の残りと玉ねぎとにんじんの切れ端。***前回の蒸し鶏の残りと、冷凍庫で発掘されたぶりの切り身を使ったおかずがあるので、自分比でいつもよりちょっと豪華に見える作り置きです。「べーごぼ」は、先にごぼうを切ってしまったあとに追加したので実際のレシピと形態が変わっていますが、千切りにした方が母は食べやすかったみたいです。レンズ豆は、高橋由佳利先生の「トルコで私も考えた」というエッセイ漫画で紹介されていた「レンズ豆のスープ」を作って以来、わりと家にストックされていることの多い食材です。新大久保のイスラム横丁で激安(1キロ300円ぐらい)で買い半年ぐらいかけてちまちま食べて、なくなった頃に買いに行くのが楽しみのひとつです。好きなんですがスープとサラダしかレパートリーがないのが悩みといえば悩み。***自分の覚書も兼ねて一部リンクを張らせて頂いています。不都合ございましたらお手数ですがご一報お願い致します。

  • 30Aug
    • 猫の健診の画像

      猫の健診

      かかりつけの動物病院から年に1度、猫の健康診断のお知らせが来ます。視診、触診、聴診と、飼い主への問診。サービスで爪切り付き。まあ実際は血液検査などの年齢に応じた有料オプションが追加されるのですが、今回は追加なし。2匹を一緒に連れていけないので、別々の日に連れて行きました。それぞれの反応です。***1日目はコー。猫用キャリーに乗せられています。ご不満。なんか文句言ってる。体重2.75キロ。持病のお腹が緩いこと以外は全く元気そうですねと言われました。野良育ちなんで、前歯ない、声出ない、お腹が緩い、というちょっとづつ何かしらある猫なんですが、本人はあまり意に介している感じはなく、前歯がなければ奥歯で噛めばいいじゃないとばかりにマイペースに過ごしています。***2日目はマー。キャリーの下に引いている座布団の更に下に潜り込んで現実逃避中。座布団をめくるとこんな感じ。とりあえず自分から見えなければ世界は平和。(笑)体重5.75キロ。自分の半分以下の体重のコーに負けっぱなしのマー。でも怖がるくせにコーの姿が見えないと誰よりも気にするのがマーだったりします。***2匹とも大きな異常はなし。このまま健やかにいてほしいものです。

  • 27Aug
    • 富山の麺の画像

      富山の麺

      母が富山出身です。特に田舎として帰省するということはないのですが、私にとっても身近に感じる県のひとつです。今日はそんな富山の話題。***富山で麺というと、真っ黒なスープで全国的な知名度を獲得しつつある「富山ブラック」ラーメンがあげられるかと思いますが、その他に有名なのが、氷見市の「氷見うどん」と砺波市の「大門素麺」です。どちらも昔から富山にある麺で、母世代だとこちらの方がより馴染みが深いようです。氷見うどんも大門素麺も、どちらも乾麺です。氷見うどんは系統としては稲庭うどんに近く細くシコシコした食感の麺です。普通に茹でてざるうどんで食べるのが一番美味しいと思います。大門素麺は独特の髷のように丸められたような形で売られており、和紙でくるまれた江戸時代の薬のようなレトロなパッケージが特徴的です。富山では高級素麺の扱いなので人様に差し上げると喜ばれることが多いです。逆に言うと、この2つしか私も知らなかったのですが、先日頂いたのがコレ。八尾のよもぎそば。「おわら風の盆」で有名な八尾市で、江戸時代からの製法で作られている麺だそうです。生麺なのに製造から2か月間保証と書かれています。慌てて食べきらなくてよいので安心です。たっぷりのお湯を沸かし、4分茹でます。よもぎが綺麗に練りこまれた翡翠色の麺。茹で上がった湯気からも、よもぎの香りがふんわり立ち上がります***ある日の夕飯。配膳が適当すぎて申し訳ない。よもぎそばの上にスライスしたきゅうりをてんこもり。きゅうりが余っているときに、うどんや蕎麦に乗せて消費するのですが、よもぎのみどりときゅうりのみどりでなんかビジュアルがすごいことに…。高野豆腐のから揚げ。作り置きの高野豆腐の旨煮に小麦粉と片栗粉をはたいて揚げ焼きしたもの。青唐辛子醤油をかけていただきます。そのままでも食べられるので、揚げ忘れた面があっても気にしない

  • 22Aug
    • 作り置きの画像

      作り置き

      今週のダイジェスト飯。高野豆腐の含め煮きゃらぶき(市販)ししとうの焼きびたしこんにゃくのみそ煮いんげんのおかか煮蒸し鶏に青唐辛子醤油をかけたもの長いもの赤じそ酢づけきゅうりのちーちゃん酢ごぼう煮卵お酢カッテージチーズとキャロットラペくず野菜のポタージュ今週はごぼうの端っこと小松菜の根っこのほう。休みが入るので、冷蔵庫のあるもの整理です。限られた食材で品数を稼ぐために、1品につき材料がほぼ1種類だけというシンプルなものばかり長いもの赤じそ酢づけはレシピだと綺麗なピンク色だったのですが、塩分が気になってゆかりの量を調節したらうっすらとしか色がつきませんでした。***覚書も兼ねて一部出典にリンクを張らせて頂いています。不都合ございましたらご一報お願いいたします。

  • 19Aug
    • ワッフルワッフルの画像

      ワッフルワッフル

      今日は、自粛中のお楽しみの話です。ワッフル!ワッフル!ワッフル!緊急事態宣言の頃ほどではありませんが、なるべく外出を控えています。といっても用事で出かけたりとかは普通にしているんですけどね。めっきり外出の機会が減ったので、用事先で食べるワッフルが楽しみなイベントになっています綺麗な盛り付けや、お店の雰囲気は家では味わえないものなので、やっぱり外で食べるのも楽しいなと思います。このお店はハワイっぽい内装なのでちょっと海外旅行な気分も味わってます。***立ち寄った本屋で買ったもの。「犯人たちの事件簿」最終巻。犯人たちのキレッキレのツッコミを見られるのもこれが最後。「きょうの料理」職場で定期購読していたのですが、感染予防のために待合室の雑誌を撤去してしまったので自分で購入するようになりました。眺めているだけでも楽しい。私の料理の先生です。

  • 16Aug
    • 脳トレの下書きの画像

      脳トレの下書き

      スイカの復習です。発表会で教わったデザインをアレンジしたものです。アレンジだし一部なら載せても大丈夫かな…カービングは特にマニュアルというものはなく、完成品の写真を見ながら彫り進めることが多いと思います。複雑なデザインになると、まるで脳トレのパズルを解くようです(笑)最近、自分なりに理解する方法として、紙に下書きを書くことがあります。こんな感じ。下に先生からのダメ出しも書き込んでいます(笑)アナログ人間なもので、手で書くことで、彫る順番がなんとなくようやく見えてきます。あ、これがこの下に隠れてるということは、こっち先に彫らないといけないのか、とか。ここはたぶん出来るけど、ここは教わらないと作り方が分からないな、とか。この「予習」をして、ある程度頭の中で整理が出来た状態で教わると、少し大変さが減るような気がします。以前は写真だけでは、下書きどころかどうやって作るか全く分からなかったので少しは成長しているの…かも?

  • 12Aug
    • 作り置きの画像

      作り置き

      今週のダイジェスト飯にんじんの梅のりあえ酢ごぼうゴーヤーといんげんのクタクタ炒め煮高野豆腐の含め煮煮卵炙りおくらの柚子胡椒和風マリネきゅうりの塩水漬け&きゅうりのちーちゃん厚揚げと小松菜の煮物こんにゃくきんぴら追加でししとう入りそぼろ。出来たら写真をここに載せるぞ!というモチベーション維持に役立っています。うちはシニア世代なので、あまり量であったり食材や作り方に凝る必要はないのですが、それでも副菜の作り置きをしておくと平日はメインを作ればいいだけなので気持ちの上でかなり楽です。メインをお刺身や市販のお惣菜にするともはや作る手間もなし。並べて所要時間10分。これで充分。いかのお刺身が最近好きです。***おすそ分けで大量にきゅうりといんげんをを頂きました。河童が大喜びしそうな立派なものです。私も大喜びです。またちーちゃん作ろ。***自分の覚書も兼ねて一部リンクを張らせて頂いています。不都合ございましたらお手数ですがご一報お願い致します。

  • 09Aug
    • あわれ寿司の画像

      あわれ寿司

      我が家には、祖父が植えた柿の木があります。全部で4本あったのですが、私が生まれる頃には2本に減らし、前回の建て替えで1本だけ残すことにしました。狭いスペースに無理矢理残したので、日当たりが悪く以前ほど実がならなくなりましたし、この時期にわっさわっさと伸びた枝を剪定をしなければいけないのが面倒で、毎年「もう切ってしまおうか…」と悩むのですが、結局まだ思い出の方が勝ち、あと1年だけ…と思いつつ今年も剪定をしています。小さい頃は地面から手を伸ばしても届いた柿の実は、今は脚立で高枝バサミを使わないと取れません。もうちょっと小振りに戻るといいんですけど、切り戻しみたいなことってお願いして出来るものなんでしょうかねえ。実はならなくなっても、柿の葉はたくさん取れます。勿体ないので、何かに使えないかと柿の葉寿司を作ってみることにしました。よし、やってみるか。母撮影。じっと見つめる猫。…………猫よ。言いたいことはわかる。みなまで言うんじゃない。「なんやねん、これ」だろう。お店で売られているように綺麗に四角く包むのが難しかったです。包むお米が欲張りすぎたのかな。中身の写真も撮ったんですが、あわれすぎて載せられません…。

  • 06Aug
    • この頃の猫の画像

      この頃の猫

      我が家の猫の記事です。思うところがあって、猫のこと書きすぎてるのかな…なんて考えたりしていたので、ちょっと久しぶりになってしまいました。これからもたまに載せていきますので、興味のない方はスルーでお願い致します。最近のお昼寝場所。レースカーテン越し。マーは相変わらず自分から見えていなければ「ちゃんと隠れている」と思っています。コーはリビングのソファのある出窓。(ソファカバーがボロボロなのは猫のせいです…)母にくしゃくしゃにされてごきげんのコー。ハンターの姿勢。やってやるぞの精神。安全地帯から見守るマー。影がトトロ。早く起きてごはんくれないかなの顔。抱っこされたらシッポを丸めるのをぜひやめて頂きたい。

  • 02Aug
    • 作り置きの画像

      作り置き

      今週のダイジェスト飯。高野豆腐の煮物セロリと冬瓜のきんぴらきゅうりのちーちゃん炙りオクラの柚子胡椒マリネ糸こんにゃくのきんぴらなすのナムル煮卵キャベツと鶏肉のマヨごまあえ鶏と冬瓜の旨煮なめこだけなめたけくず野菜のポタージュスープ。今回はブロッコリーの芯と小松菜と水菜の根元。高野豆腐は土井善晴先生の醤油を使わないレシピで作ったので、色が綺麗に仕上がりました。2回分作って、2回目を粉をはたいて唐揚げにして食べるのが最近の流れです。***先日の青唐辛子もいい感じに醤油に漬かりました。韓国のお惣菜に出て来そうな味。食べた後からピリッときます。チヂミにかけたり、冷ややっこにかけたりして楽しんでいます。***覚書も兼ねて一部出典にリンクを張らせて頂いています。不都合ございましたらご一報お願いいたします。

  • 29Jul
    • 手軽に山梨気分の画像

      手軽に山梨気分

      今ぐらいの時期になると山梨に遊びに行っていたのですが、残念ながら今年は自粛しています。改装中で休業していた甲府駅前の「ホテル内藤」が、「城のホテル甲府」と名称を変え、ようやくリニューアルオープンしました。ホームページによると個人的にずっと念願だった「女性用の大浴場」が完備されました!…のに!行くに行けないもどかしさ。ぐぬぬ…。駅から5分以内というアクセスに加え、窓から見下ろす舞鶴城の城跡や、地元野菜をたっぷり使った朝食。大浴場が完備されたことやコロナの影響でなくなっちゃったかもしれませんが、女性用にシャンプーやドライヤーなどの貸し出し品も充実していました。唯一の惜しむらくは、大浴場が男性のみだったこと。それが解消されたとあって、私の中では甲府に宿泊するならほぼ一択となりました。懸念していた宿泊代金も見たところ大幅に変わることもなさそうで一安心です。…書いていたらものすごく行きたくなってしまいました。早く泊まれるようになるといいな。ちょっと残念なのはコツコツ貯めていた内藤のポイントカードがリニューアル中に期限切れになってしまったことぐらいでしょうか。あと2つだったんスけどね。仕方ない。***そんな中、家にいながら山梨を楽しむ方法としてモンデ酒造さんの缶ワイン。セブンイレブンで購入出来ます。輸入ワインですが、笛吹市石和で製造されています。笛吹市は桃とぶどうの産地として有名です。ロゼ。グラスが伊豆の地ビールなのはご愛敬(笑)うちでは私しかお酒を飲まないので、特にスパークリングワインを1本飲み切るというのはなかなか難しいのですが、これならちょうどいい量を楽しむことが出来ます。

  • 26Jul
    • 思い出のはとんがらしの画像

      思い出のはとんがらし

      八百屋で葉唐辛子が売られていました。父親が葉唐辛子を好きで、よく市販の佃煮を買っていたことを思い出し、調べたら自分でも作れそうだったので挑戦してみました。葉唐辛子は根っこがついたまま、新聞紙にたくさん包まれていました。土から抜くとすぐにしおれてしまうため、八百屋に並ぶのはわりとレアらしいですね。そういえば「本日限り」と書かれていたような気がします。まずは枝から葉と実を取り外します。結構量があるので、テレビを見ながらのんびり作業しました。小さな青唐辛子。4~5本種を取ってからみじん切りにして佃煮に使用し、残りはしょうゆ漬けにします。落とした枝で遊び始める約一匹。こちらのレシピを参考にさせて頂きました。葉唐辛子の佃煮風|レシピ|マルコメマルコメの「料亭の味 無添加有機味噌」を使ったカンタンレシピ、葉唐辛子の佃煮風。ピリ辛味で、おむすびの具やお茶漬けにオススメです。www.marukome.co.jp完成。ごはんに乗せて頂きます。父が買っていた頃は、私は食わず嫌いで食べたことがなくて、どんな味か知らないのです。だから思い出と言えば、父が「はとうがらし」ではなく「はとんがらし」と呼んでいたことぐらい(笑)唐辛子といっても辛さはあまりなく、ほろ苦くて、いいごはんのお供ですね。なかなか美味しく出来ましたおにぎりの具に入れても美味しそう。