でっちあげ

テーマ:

 毎日1冊は読了したいほど、読みたい本、読まなくちゃいけない(?)本が相変わらずたくさんツンドク本になってる・・・。


 「でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相」 (福田ますみ/著 新潮社)という福岡で起きたいじめ教師の冤罪事件について書かれた本を読んだ。


「クレーマー保護者の虚言によって、
彼は史上最悪のいじめ教師に仕立てられた。
「早く死ね、自分で死ね!」


2003年6月、全国ではじめて「教師によるいじめ」と認定される
事件が福岡で起こった。問題の小学校教師は、担当児童を自殺
強要や暴力でPTSDによる長期入院に追い込んだとされ、
「殺人教師」とまで報じられた。
だが後に、一連の事実は、児童両親によるでっちあげだった
ことが明らかになる──。


子供は善、教師は悪という単純な二元論的思考に陥り、
550人もの大弁護団を結成した人権派弁護士、保護者
の無理難題を拒否できない学校現場や教育委員会、すぐ
に騒いで教師を悪者にするマスコミ、被害者を救うヒロ
イズムに酔う精神科医、そしてモンスター・ペアレント......。


病める教育現場で偽善者たちが引き起こした、驚愕の冤罪劇! 」 アマゾンより


 今は学校に無理難題やクレーマーとしかいいようがない注文をつける保護者が増えているのだそうだ。


 「先生」が権威を失くし、先生の側にもとても「先生」と呼びたくないような資質の人もいるけれど、保護者がここまで発言権を持ち、校長・教頭・教育委員会などが弱腰ならば、正常な教育の現場といえないような状態におちいっているのがわかった。


 保護者の給食費滞納や、保育費滞納などが全国的な問題となっている中、この本に描かれていることはとても他人事ではないと思えた。


 この本を読んで寝たら変な夢をみて、うなされた。教師がいじめ教師として社会から排除されていく様子がすごくリアルだったから・・・。こわかった。



 職場で最近、うるさい子供を叱ることが多くなった。前は笑顔で注意していたけれど、最近はすぐ叱ってしまう。


 母親がいても注意しなくてはという場面では注意する。


 そうするといるんだな、これが。


 「ほら、叱られるから静かにしなさい」という親が・・・。


 こっちだって叱りたくないんだよ。注意しないと静かにしなくてもいい場所だって思うでしょ。子供は。


 叱ったら子供はけっこう素直に静かに本を読むようになるから、叱るのを面倒がらないでほしい。そして小さな子供はできるだけ親が読み聞かせしたり、一緒に本を選んだりしてあげてほしい。



 でも基本、小心者の私だから、叱るとどきどきしてしまうよ。自分の子供じゃないからねぇ。しゅんとなったらかわいそうだからフォローしたり・・・。


 「ごめんなさい」と謝られるとかわいいね。



 今日はSmileyが飲み会だから、1人で気楽に夕ご飯。これから姉と会って買い物してきます。


 ケンタにしようかなぁ。