京都から発信〜三つの和文化教室

京都から発信〜三つの和文化教室

京都本部を拠点に三つの和文化教室を全国展開中。 ①和文化、神道、仏教、茶礼、礼法、書などを一度に学べる『和文化アンバサダー®︎』②日本化を学べる書道『新やまと文字®︎』③江戸時代の学問を再現『仁学書院』/オンライン受講も可能/和文化が好きな方なら何方でも!

一般社団法人re bornアカデミー代表理事。大和の心を伝える、新やまと文字®︎、和文化アンバサダー®︎の育成をしております。令和二年四月より円純庵の仁学書院をスタート。随時生徒募集しております。ピン!とこられた方、お気軽に見学や体験にお越し下さいませ。





祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり




沙羅双樹の花の色 

盛者心衰の理をあらはす




奢れる人も久からず

ただ春の夜の夢のごとし










【現代語訳】


祇園精舎の鐘の音は、「諸行無常」

この世のすべては絶えず

変化していくものだ

という響きが含まれています。



沙羅双樹の花の色は

どんなに勢い盛んな者も

必ず衰えるという道理を示している。

世に栄えて得意になっている者がいても

その栄華は長く続くものではなく

まるで覚めやすい春の夜の夢のようだ。





さて本日は、紅雲庵に於いて

茶の湯のお稽古お茶





遥か昔に花嫁修行で習った茶道とは違い

この歳だからこそ分かる楽しさがあります。





お稽古は50以上習いましたが

起業して12年、法人にしてから6年

最初に始めた食空間プロデュースも

テーブルは全て自己流

お料理は習ったことがないので

これまた全て自己流

和文化アンバサダーの中国茶以外は

人真似は絶対しないのがポリシー


  


こちらはハロウィンのレッスン🎃👻










先生を選ぶ時は

その道の一流の本物の方を選びたい。

本や人真似で資料を集めていては

間違いだらけなのよね。






茶の湯は唯一の習い事ですが

茶道はお道具が命

見立ても素敵に出来るようになりたいけれど

お道具はおもちゃではなく

本物を揃えていきたい。





略点前は、余計なものは飾らず





日本の伝統文化は

崩してはいけない部分があります。

外国の方々や子供たちに

正しく伝わって欲しい。







さて、本日のお稽古では

寄りつきには

尾張名古屋の代表的画人

森村先生のお軸からの

本席の床の間には琵琶香合が











なんと麗しい





お花はこれまで

華道、フラワーアレンジ、空間花を

習いましたが

暮らしに取り入れているのは

基本は茶花なので

我が家は茶花を沢山育てています。








あかね先生のおもてなしには

毎回感銘を受け、胸ときめきますラブ





本日は立礼棚を見繕って頂きました。

シンプルで、何より

お点前をする『高さ』

お点前するに美しい高さなのが気に入りました。







一目惚れした朱色の桶の見立て水指を

お願いしました。




これから暫くは立礼棚でのお稽古音譜

週一回にしましょうとご提案頂き

年内は特訓です。笑

楽しみラブラブ










本日はオンラインと対面レッスン
合同開催✨





仙台・東京・千葉・浜松・名古屋・
大阪・出雲・岡山・和歌山・高知・福岡〜
20名集合‼︎








秋を描いて頂きました。

















新やまと文字は、書くだけでなく

和文化も学べるデザイン書道です。

書いた書は、キャンドル、箸袋、 

テーブルマット、熨斗、金封包みなどにして

生活に取り入れて楽しんで頂けます。





そして、書くことは祓い清め
いつでもリセットして心を整えられます。





新やまと文字を学ばれる方が癒され
周りの方も癒され
世の中のお役に立たれますように。








今月の新やまと文字お稽古は
残すところ
25日10時
27日19時
になります。



見学は無料です。




芸術の秋🍂🍁
和文化を学ぶ書道始めてみませんか?



お問合せはこちら💙











昨日は京都本部にて新やまと文字のお稽古♪
レッスン前は家族で神社仏閣
レッスン後には鴨川、先斗町へ。





笑いすぎ!
ちゃんと書いて下さいw




オンライン同時開催
秋田、東京、岐阜、京都が繋がりました!



東寺









京都の土曜日は5m座りも復活で
二年ぶりくらいの賑わいでした。







浴衣を着たいくらいの暑さでしたが
打ち水が美しく、暫し涼をとれました。






打ち水はもともと
神様が通る道を清めるためのものでしたが
江戸の頃には、庭や道路に打ち水で
涼をとるのが盛んになりました。




茶道でも、苔や敷石などを濡らし
準備が整うと門前に打ち水をして
土埃を鎮め、お客様をお迎えしますね。
日本の美しい文化です。



本日のコーディネートは
単衣の結城紬に柿の名古屋帯





アレンジは紅葉など
秋の深まりを描いて頂きました。







お気軽に見学や体験に
お越し下さいね。



京都は次回は11月12日を予定しています。



お問い合わせはこちら💙