【プロフィール紹介】稲作の専業農家まごころ村・長谷川真也さん | N.Y.在住インタビュア&ライターなまずみきの「言葉を力に」

N.Y.在住インタビュア&ライターなまずみきの「言葉を力に」

インタビュー好きフリーライター。社内報、会社・学校案内、各種雑誌、WEBに執筆中。個人プロフィール作成(ZOOM取材)も好評です。

プロフィールを作成させていただきました!
ニューヨークと新潟をFBメッセンジャー通話でつないでのインタビューでしたよ。

稲作の専業農家まごころ村・長谷川真也さん🍙

【長谷川さんのご感想】

「ありがとうございます。すっきりとまとまっていて読みやすくわかりやすいです。早速、文章にしてくださり、びっくりしています」
 
プロフィール作成の舞台裏、詳しいご感想は長谷川さんのブログに書いて頂いていますすので、こちらからアクセスを。コメントでも、「読みやすい」というお声をいただき、とても嬉しいです。

 

【完成した「長谷川真也さんプロフィール」はこちら】

1972年、新潟市の米農家に末っ子として生まれる。神奈川大学経済学部(アメフト部)卒。大手スポーツ用品店に就職するが、3年後に倒産し帰郷。「組織に属さない生き方をしたい」と、親戚の米農家を継ぐことを決意する。「農家=自然で健康な生活」をイメージしていたものの、農協出荷の基準を満たすには、肥料や農薬を大量使用せざるを得ない現実を知り、衝撃を受ける。2001年頃より自然栽培と有機低農薬栽培を追求、鮮度を保つ“もみ殻保存”にもこだわり、「安心・安全・おいしい」米作りを実現。群馬県藤岡市、埼玉県川越市での直売に加え、オンライン販売を開始したところ全国にファンができ、現在は100%直売を実現している。

2017年からトレードマークとなっている「おむすびキャップ」は、一般の方へも貸出しており、装着した人に発行する「おむすび免許証」が好評。今後も、お客様との交流を大切に、最愛の妻と一緒にまごころ込めてピュアな米を作り続けていく。

趣味はマラソン、ウクレレ。毎日ブログとYouTubeで米作りや趣味について発信中。

◼受賞歴

2012年米1グランプリ入賞、2010年から4年連続ベストファーマー認定

 

以上

 

 

インタビュー後、プロフィールを作るみきてぃ。気分はおむすび。

 

長谷川さんといえば、SNS上などで「おむすびの人」というイメージがありますが、意外に謎の存在なのではないか、というのが私の印象。

 

 
その謎をクリアにして伝えられるようなプロフィールを作成すべく、お話の中から取捨選択し、米作りをするようになったきっかけ、こだわり、販売方法から実績、お人柄、趣味まで、情報を詰めました。
経済学部だったとか、スポーツマンだとか、私が「へー!」と思ったことをそのままプロフィールに入れることで、みなさんにも、長谷川さん🍙の横顔が伝わると嬉しいです。
 
 
そして、読んでくださった方が、
「まごころ村」のお米を
購入してみようかな、
と思ってくださるとさらに嬉しいです。
 
 
実は、みきてぃは、
おむすびステーション🍙(ニューヨーク支部?)
に指定して頂いています。
 
「おむすびキャップ」を
持っていますので、
ニューヨーク在住&訪問者で
「被ってみたい」という方は、
お気軽にご連絡ください。
 
ちなみに「おむすびキャップ」という名前も、
プロフィール作成インタビューで生まれました。
今まで、🍙の正式な名前がなかったので、
「あった方がいいですよね」
ということで!
 
以上、インタビュアー&ライター

なまずみきでした。

https://namazumiki.com/

 

◼️みきてぃSOS隊(文章作成サービス)

オンラインインタビューご予約受付中◼️

・FBのメッセンジャー通話またはスカイプ、ZOOMとなります。

・インタビュー時間は40分〜60分です。

・4月中旬までのご予約受付日時(日本時間)です

4/2火10:00-13:00、21:00-24:00

4/6土10:00-13:00、21:00-24:00

4/10水10:00-13:00、21:00-24:00

4/15月10:00-13:00、21:00-24:00

4/18木10:00-13:00、21:00-24:00

 

*プロフィール(約400字)=90ドル(1万円)、理念文等は400字5000円を基本とさせていただいています。フォームよりお問い合せください(https://namazumiki.com/)。

 

◼️webで読める最新記事(最新)◼️

https://namazumiki.com/←webの過去記事はこちら「実績」から)

 

【クリエイティブシフト (日本ーNY ZOOMインタビュー】

【パターン・ランゲージ活用事例Vol.16】株式会社シルバーウッド代表取締役 下河原忠道氏「認知症だけど、それが何か?」みんなで《新しい旅》を楽しみたい

 

【東洋経済オンライン】
・ NYで飴細工職人として生きる彼女のこだわり

 

【あんふぁん】

ママのお仕事拝見[ NY版 ]日本人ママをつなげるママ向け講座サロン主宰者

 

■発送分の残り10冊ぐらい!

無料発送中『鯰美紀お仕事&お遊び大事典』◼️

お申込みはこちらから。 

image