宇宙の子 マサさん 凄い! |           大高未貴の世界見聞録

          大高未貴の世界見聞録

                       ジャーナリスト・大高未貴 (おおたか・みき)のブログ


テーマ:

たまたま見つけたHP 「宇宙の子 マサ」

https://profile.ameba.jp/ameba/masa-universe

 

環境問題にとりくんでいる人は山ほどいるけどマサ君の活動には感動した。海外で現地の人を巻き込んで地球の大掃除。きれいにして感動しているその場の共感共鳴のエネルギーが写真から伝わってくるようだ。

 

以前、「大転換 天縄文皇の時代」の著者・小山内洋子さんが「これから皇の時代は、好きなことを楽しくやって食べてゆけるようになる」とおっしゃっていたが、まさに皇の生き方をしているのがマサ君。マサ君の生き方に共感した人がサポーターとなり彼の生活や渡航費用などもまかなえているようだ。押し付けがましい偽善ではなく、楽しみや喜びといった素直な感情が伝わってきたので私もささやかながら応援したいと思った。

 

小山内さんの師匠も生前、いまから30年以上も前に「これからは人間の労働を機械がやるようになるので人間は必要最低限の労働に時間をさく以外は、クリエイテイブな活動に重点を置いた生活に変容してゆくし、車の運転も自動運転になる」と話していたそうだ。当時は車の自動運転など想像もつかなかった時代に師匠は近未来を見据えていたようだ。

 

これからこういった皇流の生き方をする若い世代がどんどん増えるであろう。ある意味予測不可能な人種の取り扱いに旧態依然とした為政者たちもメデイアも戸惑うかもしれないが、そんな右往左往ぶりもやすやすと乗り越えてゆくエネルギーを若い世代に感じるこの頃。

 

先日もミス日本の撫子会に出席したのだが、2000年以降のミスの保持者は東大卒の女性も多く、ただ単に美貌をほこるというより、実際にカンボジアの孤児の救援活動をおこなって実績をつんでいたり、ミス日本の肩書を使って社会貢献に徹している女性が多いことに驚かされました。私のような中年は、新生地球を産み出す若手を陰ながら応援し、でしゃばらず、いい意味で次世代をつなぐ橋渡し役になれれば幸いです。

 

仕事報告 隔週金曜日 4月12日 26日虎の門ニュース出演

       現在発売中の「WILL」 また朝日だよ 韓国の堤岩里教会焼き討ち事件を何故朝日が執拗に報道したのか?謎を解明

       4月8日 ニュース女子 出演

 

 

 

 

Ameba人気のブログ