みなさん、こんにちは!

本日の「きっかわみきの物語」部分公開は、

「金色(きん)の耳」のエピローグ、水鏡の章からです。




「私って何?」と問い続けてきた<花>ですが、

様々な生き物から様々な答えを与えられ、

<花>なりに一つの考えに到達しつつあるところです。

では、さっそく・・・・




 その日、<耳の花>はふと、自分の足元の水鏡に視線を落としました。<耳の花>はその時、はっと胸を突かれるような感動を覚えたのです。

 それは、今までずっと自分の足元にありながら、見逃してきたものでした。

水鏡が、いかほどに美しく輝いているか、この時初めて気が付いたのです。

 <耳の花>は、水鏡に向かって思わずつぶやきました。




「水鏡さん、こんなに傍にいながら、今頃になってあなたの美しさに気が付くなんて・・・私は今まで何を見ていたのでしょう。

あなたは見渡す限りどこまでも澄んで輝いて、本当に濁りというものがありませんわ」




 すると水鏡が答えました。




「私は水鏡だけど、優しい風が私の表面をなでるように吹いてくると、小さな小さな波ができ、その時私は優しい風になる。

大風が吹きつけると、表面は激しく揺れて、大きな大きな波が立ち、その時私は大風になる。

まったく風の無い時には、私は静寂を極めた水鏡となるのです。

静謐(せいひつ)な水鏡ができると、そこには空が映り、流れる雲が映り、空を飛ぶ鳥が映り、月が映る。

私はこの時、水鏡でありながら、空にも、雲にも、鳥にも、月にもなっているのです。

空と雲と鳥と月と私の間を分け隔てるものはなく、それそのものになっている。

私が空となり、空が私となり、私が鳥となり、鳥が私となっている。

あなたは『どこまでも澄んで輝いている。濁りが無い』と言ってくれたけれど、どこまでも澄んでくると、こうなるのです。

あらゆるものが邪心無く、どこまでも澄み渡ってくるとどうなるかを、私はこの水鏡で表しているのです。

いのちあるものが最も純である時の、究極の姿と言えましょう。

あなたは今まで、いろいろなものに『自分とは何か』を聞いていたけれど、あなたが澄み渡ると、あなたはこの世界のありとあらゆるものになれる存在なのです」






 水鏡がこう言ったのに対し、<耳の花>はそっとつぶやいたのでした。




「今の私には想像もつかないけれど、そんな世界があるのだわ。この世界って本当に不思議・・・」




 さて、みなさん、今日の部分公開はいかがだったでしょうか?

「私が空となり、空が私となり、私が鳥となり、鳥が私となっている」

この言葉は、有名な禅語をもじって、その内容を取り入れさせてもらったものですが、何ともおおらかで、すがすがしくて、澄み切った世界観だとは思われないでしょうか?




「あなたは『どこまでも澄んで輝いている。濁りが無い』と言ってくれたけれど、どこまでも澄んでくると、こうなるのです。

あらゆるものが邪心無く、どこまでも澄み渡ってくるとどうなるかを、私はこの水鏡で表しているのです。

いのちあるものが最も純である時の、究極の姿と言えましょう。」

なかなかこのような究極の姿にはなれるものではありませんが、

しかし人は余計な「我」を取り除くと、少しずつでもこの境地に

近づいていけるような気がします。




「私が空となり、空が私となり、私が鳥となり、鳥が私となっている」

今日はみなさん、是非そんな境地があることを思い出して、

まずはそんな「つもりになって」お過ごしになってみて下さい。

あなたの傍にいる人、生き物、あなたの傍にある木々や草の声が

あなたにそっとささやきかけ、あなたとそれらが一心同体となっているような、そんな素敵な瞬間がありますように・・・・☆




それではまた!








きっかわみきの書籍

→ http://www.miki-kikkawa.com/books/books.html

書籍「金色(きん)の耳」(単行本・電子書籍両方あり)

→ http://www.miki-kikkawa.com/books/books.html?id=9

書籍「続・金色の耳 ~なぜ悲しみや苦しみがあるの?~」

→ http://www.miki-kikkawa.com/books/golden-ear-4.html