前回記事



2011年夏

 

東京からそう遠くないところに

私の田舎はある。

次は☓☓〜

電車が駅に入り私達はホームに降り立った。

田舎の駅特有の土臭さが薫る。
 

はあ~ええところやな、

見るからに呑気そうな駅や


二人は改札を出ると駅を

背に並んで歩き始めた。

三毛介が初めて私の田舎を訪れたのは、 

海の日だった。


私は、泣きながらひとりで帰った日の事を

思い出していた。

あの時、全てが八方塞がりだった。

よくここ迄辿り着いたものだと  

我ながら感心する。

いつかこんな日が来るんじゃないかと

自分の直感を信じた私の粘り勝ちだ。


実家に着くと

チャロと父が出迎えた。

一通りの挨拶を済ますと、

私の両親、そして私と三毛介と

改めて席に着いた。

そして、


三毛子さんとは、

一時別れたり、やり直したりと…

色々とありまして。

お義父さんお義母さんには

本当にご心配をお掛けして

申し訳ありませんでした。


今日は、改めて三毛子さんとの

結婚のお願いに来ました。



三毛介くん、

三毛子はキツイところがあるが、

根は悪い奴じゃない。

まあ、結婚生活長いから

あまり些細な事で

お互いムキにならないように。


そう言って父は笑った。


で、式はいつ頃やる予定なの?


母が横から尋ねる。


来年の5月連休あたりを…

そのまま旅行も兼ねて海外でやりたいと

二人で考えているんですが。


私は飛行機が苦手でね、

海外なら近場がイイなあ。


父はまた笑った。

父の照れている様子が 

手に取るように分かった。

それから二人は

ゴルフの話や仕事の話なんかを

小一時間ほど喋っていた。


その時突然チャロが

リビングのドアの隙間からこちらへ

入ってきた。

そして、ピンと背筋を伸ばすと

三毛介の方をじっと見据えた。


チャロどうしたの?


チャロの見慣れない行動に

父も、母も少し驚いた。


チャロ、おいで!こっちへおいで!!

三毛介は手を叩いて

何度も呼んだが、

チャロは、黙って三毛介を見据えたまま

まんじりとも動かなかった。


すると父が、


犬じゃないからね、

名前を呼んでも来ないんだよ。


えぇ!そうなんですか。なんだあ!


二人と一匹の噛み合わないやり取りに

場の空気が和んだ。

チャロは、私に一瞥をくれると

そのまま元来た廊下へ戻っていった。

この日を堺に

チャロが私に人間の言葉を話す事は

もうなくなった。



私と三毛介はその日最終の新幹線で

東京へ戻った。

結婚へ向けて少しずつ動き出した事が

私を幸せな気分にさせた。


しかし。

この後余りにも残酷な運命が

私を、いや私達を待ち受けていたのだ。


猫猫猫猫猫猫猫


OLの皆さん、

恋に悩む女性の皆さん、

アラサーアラフォーの皆さん、

こんにちは。

三毛です。


チャロの

この時の行動の意味を

後に弟と調べてみたところ、


身体を正面に向けて、

真っ直ぐに見据えるポーズは

縄張りに来た敵を威嚇する、だそう。

三毛介は敵とみなされ 

威嚇されたわけですね(笑)


さて、先日コメント欄で

こんな質問をされました。


三毛さんは、

三毛介さんとはこのまま終らない!って言う

直感みたいなものって感じた事ありますか?


ありましたよ。

三毛介とは、

結婚の明確なイメージみたいなものが

ありました。

願望もありますが、

直感的なものだったと思います。

なんかこの人とは、最後

どうにかなるって漠然と思っていました。


必ずしも実現するかは

分かりませんが

苦しい時にはそう言う直感を信じて

乗り切っていく事も大切だと思います。


猫猫猫猫猫猫猫猫



☆過去相談コメント返信中です☆

アメンバーについて





前回記事


そんな風に怒るけどさ。

私も…私も、正直分からなかったよ。

ヨリが戻った後、

三毛介がよく分からなかった。

私以外のひとの影を感じてたから、

連絡しづらいってずっと思ってたし。

だから電話も、

メールを送るのも嫌だった



私が、電話に出なかったのは、

本当に電波が悪かったからで…

故意に出なかったわけじゃないよ。


それと…手紙の事は謝る、

傷つけてしまったことも謝る。

本当にごめん。 


そんな風に想ってくれてるとは

思ってなかったよ。

いつも余裕な顔してて、

私の事関心なさそうだったから。


三毛介は黙って話を聞いていた。


だから早く結婚したくて…焦らせたくて…

それで、

あんな事をやっちゃったんだよね。。




 来年さ・・・

兄貴がやっと重いケツを上げて 

結婚することが決まったんだよ。

 


長い沈黙の後、

三毛介がぽつりぽつりと話し始めた。


 へえ。そうなんだ

お兄さん、良かったね

 

春の予定なんだよ。

 

そっか。

 

・・・だからさ、その後で

来年の夏くらいには

俺たちも結婚しようと思ってる

 

え?!

 

お盆には、

お前を一緒に連れて帰ろうと思ってた

 

 え・・・


そんなこと…

 

お前の両親には五月の連休か、

7月の連休辺りで挨拶に行くつもりや

   

ええっ?

そんなこと、今まで

一言も言わなかったじゃん…!

 

だからさ、

三毛子ももう余計な心配はしないで。

 弱い俺も悪い。ごめん、三毛子。

だから、お前もこれからは

他の男に逃げることはもう止めてくれ。

そしたらまた同じことの繰り返しになる。


俺はもう二度とやらないし、

お前を不安にさせないし、

心配させるような行動も取らない。

お前となら楽しくやっていけると思う。


だから、俺と一緒に生きて欲しい


To be continued


ウエディングケーキピンクマカロンウエディングケーキピンクマカロンウエディングケーキピンクマカロン



OLの皆さん

恋に悩む女性の皆さん

アラサーアラフォーの皆さん

いつも読んで下さってありがとうございます。

三毛です。


さ、いよいよ婚姻届まであと一歩ですね!

因みに今日の記事は、

当初2012年更新した記事を編集して

再度アップしました。

なので、

当時のコメントがそのまま残っていますおねがい



今日は、

いくつかお知らせがあります

先ず相談に関してのご連絡です。

復縁ブログを書いているので、

よく相談メッセージを頂きます。

が、、、

申し訳ありません、読み切れていません(_ _)

コメント欄であれば、

簡単にお返事出来るのですが

メッセージとなると長文の為

読むのも、お返事も

時間が掛かってしまいます。

ですので、

現在コメ欄のみのご相談としていますくまクッキー


メッセージは、

復縁成功談と

脱元カレ結婚談(元カレに見切りをつけ

新しい人と結婚した話)のみを募集してますウエディングケーキ


アメンバーも現在募集しておらず

不定期で時々募集する予定ですふたご座



三毛子