長崎県肥前平戸城


報道によりますと、日本100名城にも認定されている、長崎県の肥前平戸城を城内に宿泊できる様、政府が補助金を出し平戸城を改修するとの事。



これを城泊(しろはく)といい、平戸城が第一号モデルです。

事業費も1億4千万円と巨額で、半分を政府が地方創生推進交付金として援助し、残り半分を地元自治体が負担するという計画。



これにより、天守が令和元年(2019)10月以降、入場禁止になります。



詳しくはこちら⇒ 平戸市振興公社



実は平戸城は私の地元でもあり、子どもの頃からよく行った城のひとつでもあります。



さて、そこで私の感想ですが、既存の平戸城天守に行くなら今がチャンス!だと思います。



その理由は、平戸城天守はコンクリート製ですが、これはこれで既存の天守なのです。



リニューアル後は全く変わるので、これも平戸城の【歴史】と捉えれば良いのではないでしょうか?



またリニューアル後の城泊の感想ですが、微妙です。



なぜかというと、個人的に城は大好きなのですが、別に城で寝泊まりしたいと思わないからです。



しかも夜の城内って、それなりに不気味ですよ。



また平戸城があるふもとは、旧城下町なのですが、昭和の頃から観光地で、地元では有名なホテルや旅館がいくつもあります。



だから『今度、平戸城に行くよ!』という人には、ふもとのホテルをオススメしたりします。



でもこれが外国人対策となると、もしかしてウケるかもしれません。



まあ、宿泊料金にもよりますが。



ともあれ、私の故郷でもあるので、生暖かく応援したいと思います。





>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!




☆ 城・史跡レポをまとめてみました

☆ 甲冑出陣レポ

☆ この書籍を斬る!

☆ 愛知のグルメ

☆ 愛知おススメのおみやげ

☆ プロフィール