尾張犬山城


犬山城公式サイトによると、平成31年度(令和元年度)に国宝・犬山城天守の改修工事を行うとの事。



対象は3階、4階。



壁の耐震補強工事と3階にある唐破風周辺の瓦の葺替えと内外壁の塗替え等のためです。



ちなみに工事期間中でも、天守内に登ることは可能なのですが、工事の進み具合や状況によっては、一部で入場制限をする可能性があるそうです。



特に2019年7月中旬~12月末くらいまで、天守外部に足場を設置するので、シートで覆われた状態になります。このために天守のほとんどが見えなくなるとの事。



※詳しくはこちら⇒ 犬山城公式サイト



この改修工事から考えられることは、令和元年(2019)の7~12月には、犬山城の天守がシートに覆われている可能性があるので、写真を撮ることができないという事です。



そこで私の感想ですが、もう二度と犬山城に行けないという方は、令和元年(2019)7月~12月を避け、いつでも犬山城に行けるという方は、逆にこの時期に行くのがオススメです。



なぜかというと、この期間中しか工事の痛々しい写真が撮れないからです。









姫路城の大天守改修中の画像


ところでこれは、兵庫県姫路城の天守改修中の写真。



姫路城の天守は50年に一度といわれる平成の大改修で、約5年間、シートに覆われていました。



逆に言えば、この写真は50年に1回(正確に言うと工事期間が5年なので45年に1回)しか見る事ができない姫路城の天守の様子です。



私的には、たぶん頑張ればもう一度見れると思いますが、今みたいに元気ではないと思う。



だからこの時期にあえて姫路城に行って良かったと思います。



犬山城もそうですよね。



犬山城に行き、天守がスッポリとシートで覆われている。これを不運と思うか、またとないベストショットと思うかはあなた次第です。



ともあれ、犬山城に行く時はこの工事期間を意識して行きましょう!






>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!




☆ 城・史跡レポをまとめてみました

☆ 甲冑出陣レポ

☆ この書籍を斬る!

☆ 愛知のグルメ

☆ 愛知おススメのおみやげ

☆ プロフィール