足助香嵐渓


2018年も紅葉シーズンが終わり、少しずつ冬に近づいていますね。



でも、私はこの時期が来ると嬉しくなるんです。



なぜかというと、冬=山城シーズンだからです。



これは私の感想ですが、城巡りを続けていると、どうしても行きつくところは山城なんですね。



その理由は街中の整備された観光城に比べ、当時の遺構が必要最小限の整備、またほとんど手付かずで残っているからです。



では日本中に名城といわれる山城が多い中、愛知県の山城でオススメなのはどこなのか?



私的に次の3つの城があります。









●足助城●

三河足助城本丸

まず一番のオススメ山城は、豊田市の足助(あすけ)城。



オススメの理由ですが、足助城は発掘調査をもとに建物を復元しており、中世の山城の様子がよく残っています。



また公園化されているので、管理事務所もありスタッフが常駐しているのも助かりますね。



>>足助城詳細レビュー








●大給城●

三河大給城の虎口

次に同じ豊田市にある大給(おぎゅう)城もオススメの山城です。



理由はここも遺構がよく残っており、岩盤の山なので草木が茂っておらず、比較的に訪れやすいからです。



また石垣も一部残っており、貴重な水の手曲輪という、ダム&防御施設の遺構は要チェックですよ。



ちなみに徳川将軍家の親戚である、大給松平氏発祥の地でもあります。



>>大給城の詳細レビュー








●市場城●

三河市場城の石垣

秋に咲く四季桜で有名な旧小原村にある市場城も、愛知のお城ファンに人気がある山城です。



市場城はこの地の豪族・鈴木氏(鱸氏)の居城で、中世の野面積みの石垣のほか、虎口や竪堀なども非常にわかりやすく、学ぶことが多い城でもあります。



>>市場城の詳細レビュー



山城は平城、平山城に比べ、いろんな意味で難易度がグン!と上がるものですが、その分楽しみも増えます。



リスクもあるワケですが、今回紹介した足助城、大給城、市場城は訪れやすさの割に旨みが多い城なので、愛知の山城に興味がある方はまずはこの3城からチェックしてみてはいかがでしょうか。





>>愛知の戦国系講演会やイベント、史跡散策会などをメルマガで配信しています!




☆ 城・史跡レポをまとめてみました

☆ 甲冑出陣レポ

☆ この書籍を斬る!

☆ 愛知のグルメ

☆ 愛知おススメのおみやげ

☆ プロフィール