あの戦国の現場へ行こう!


【たびたび城たびin兵庫:世界遺産姫路城を攻略せよ!レポ 6/12 】



姫路城の西側に千姫ゆかりの西の丸があります。



池田氏に代わり城主となった本多忠政の嫡男・忠刻と千姫の居館があったといわれる場所です。



現在、御殿みたいな建物はありませんが、西の丸を取り囲んでいた櫓群と長局・百間廊下が公開されています。







あの戦国の現場へ行こう!


↑いくつもの櫓を長い廊下で結んでいます。西の丸だけで重要文化財が14棟もあるんです。



ココも内部に入る事ができます。








あの戦国の現場へ行こう!


↑内部は土足禁止。



入口で靴を脱ぎ、ビニール袋に入れて中へ入っていきます。



料金は無料。







あの戦国の現場へ行こう!


↑こんな長い廊下が続いており、途中の櫓に入る事ができます。



櫓内にはいろんな展示物があるほか、陣羽織や兜を試着できる部屋もあります。



また石落としなどの防御設備などもあり、ココも篭城に備えての防御施設だったことがわかりますね。







あの戦国の現場へ行こう!


↑奥の部屋には千姫と勝姫(娘)の人形があります。



この人形は有名で、姫路城のいろんな本で紹介されていますよね。



でもたしか貝合わせだった気が…







あの戦国の現場へ行こう!


↑もうひとつ姫路城内で最近有名になっているものがあります。



それが十字の鬼瓦なんですね。



十字 = クロス ということで、キリシタンに入信した黒田官兵衛ゆかりのものかはわかりませんが、あまり見る事ができない鬼瓦なのでチェックしておきましょう。







あの戦国の現場へ行こう!


↑場所は、【はの門】の北側の櫓。



現在では案内パネルも設置してあります。



鬼瓦の部分を拡大して見てみると…








あの戦国の現場へ行こう!


↑おお!



確かに十字紋ですね。



なぜココに十字紋の鬼瓦があるのか、ハッキリした理由は分かっていないそうですが、もしかしたら官兵衛と何か関係があるのか…



と、思ってしまいますね。







あの戦国の現場へ行こう!


↑ちなみにこの櫓がある場所は、有名な撮影スポットでもあります。



暴れん坊将軍の江戸城のシーンです。



木がジャマですが、この有名なシーンの石垣の上にある櫓が、十字紋の鬼瓦がある櫓だったんですね。



見落としがちなスポットですが、ココのチェックもお忘れなく。



※続きを読む⇒ 官兵衛の伝説の目薬の木が姫路城の好古園にあった!



世界遺産姫路城を攻略せよ!レポまとめへ戻る


☆ メルマガ登録はコチラ !

☆ 城・史跡レポをまとめてみました

☆ 甲冑出陣レポ

☆ この書籍を斬る!

☆ 愛知のグルメ

☆ 愛知おススメのおみやげ

☆ プロフィール