あの戦国の現場へ行こう!-姫路城に現れた女の子


【たびたび城たびin兵庫:世界遺産姫路城を攻略せよ!レポ 3/12 】



開門前に並んでいたら突如現れた町娘三人組。



今日、なにかイベントやっているのだろうか?



そんな思いで入城門をくぐると…








あの戦国の現場へ行こう!

あの戦国の現場へ行こう!

↑うわ!どこまでも続く姫様のアーチ。



このアーチをくぐって門に向かうワケですが、通り過ぎる度に『行ってらっしゃいませ』の声をかけてくれました。







あの戦国の現場へ行こう!


↑門をくぐってもまだいる!



尋常ではない光景ですよね。



この姫様たちはいったい…?



と、おもいきや、これにはワケがあったんです。








あの戦国の現場へ行こう!-姫路城百花繚乱2013


↑姫路城世界遺産登録20周年記念イベントということで、2013年11月限定で行われた催しのひとつに姫様達のおもてなしというのがありました。



おもてなしの心を宿した千姫や町娘、姫路城のつわもの隊が姫路城内、ご城下で、来城者をもてなすというもの。



じつはこの情報、チェックできてませんでしたよ(←オイ!)



イキナリの姫様アーチに度肝を抜かれましたが、サプライズイベントとしても非常に嬉しかったですね。










あの戦国の現場へ行こう!-姫路城の姫様


改修中の姫路城大天守をバックに一枚。



いろんな姫様がいますが、誰が誰だかよくわかりません。



でも皆様スゴイしっかりした挨拶で来城者をお出迎えしてくれました。








あの戦国の現場へ行こう!-姫路城の千姫


↑侍女っぽい人を従えているところから見ると、たぶんこの人が千姫様?



千姫は江戸幕府二代将軍・徳川秀忠の娘で、元和二年(1616)、桑名藩(現在の三重県桑名市)主・本多忠政の嫡男・本多忠刻と結婚。



後に本多家は姫路に転封となり、千姫も姫路城に入城しました。



また現在の姫路城西の丸の化粧櫓は、彼女が本多家に嫁いだ時に将軍家よりもらった10万石の化粧料で建てた櫓だといわれています。







あの戦国の現場へ行こう!


↑千姫ゆかりの姫路城西の丸にての演舞も!



一日二回あり、多くの人で賑わっていました。






あの戦国の現場へ行こう!-姫路城の忍者

あの戦国の現場へ行こう!-姫路城の武者


↑また忍者、武者の方々も城内を回遊しておられました。



いつもはお客様をもてなす側ですが、こうやって逆の立場に立ってみるといろんなことを感じますね。



また学びも多かったです。



今回のイベントは2013年11月のみということで、11月に姫路城に行かないと見れなかったものですが、世界遺産姫路城では、こういった来城者を楽しませるイベントが多いとのこと。



城単体だけでも非常に価値が高いものですが、こういうイベントも姫路城に来た思い出になりますよね。



また機会を作り、こういったおもてなしイベントを行って頂きたいです。







あの戦国の現場へ行こう!


姫様たちに見送られ、いざ城内へ!



目指すは改修工事中の大天守・『天空の白鷺』です!



※続きを読む⇒ 姫路城大天守・天空の白鷺は見学予約は必要なのか?



世界遺産姫路城を攻略せよ!レポまとめへ戻る


☆ メルマガ登録はコチラ !

☆ 城・史跡レポをまとめてみました

☆ 甲冑出陣レポ

☆ この書籍を斬る!

☆ 愛知のグルメ

☆ 愛知おススメのおみやげ

☆ プロフィール