健康系の仕事をしている人は要注意!〇〇の押し付け!

 

みなさんは相手の考えを押し付けられたら嫌な気持ちにならないでしょうか?

 

例えそれが正論だったとしても「余計なお世話!」と思ったことはありませんか?

 

 

 

私が整体の仕事に関わるようになってから、特に感じるのが…

 

「自然療法を徹底している人ほど了見が狭い!」

 

ということ。

 

※全員そうだということではないですよ!

 

 

私が昔、WEB制作の仕事をしていた時、某健康系の協会の理事をされている方とお話したことがありました。

 

その方はマクロビを知ってから徹底して体のケアをしてきたらしいのですが…。

 

その考えを子供にも押し付けてしまったそうなのですね。

 

結果、子供は厳しい決まりに嫌気がさして親子関係が崩れて行って…。

 

最終的に家を飛び出していってしまったそうです。

 

 

 

その方は、自分の体験からこんなお話をされておりました。

 

「今では自分の考えを押し付けすぎていたと反省しています。」

 

 

 

例えば白砂糖が悪いという話を聞いたとします。

 

そして、子供にも徹底して甘いものを止めさせたとしましょう。

 

でも、子供だから甘いものが食べたくなることもあるのです。

 

ただ悪いものを排除すれば良いかというと、そういうわけでもないのですよね。

 

何故なら、白砂糖を食べていても健康に過ごしている人は大勢いるからです。

 

 

以前にも松井先生に質問された男性のお話を書いたことがありましたが…。

 

【霊は陰の気の時にしか憑かない(33話目)】

https://ameblo.jp/mikatakakumei/entry-12369856166.html

 

「そもそも、何の為にやっているの?」ということを忘れてしまって、ただ自分で作ったルールに縛られていることに気付いてもいないのですよね。

 

 

 

自分一人で厳しくするならまだしも、健康情報などを色々調べて「これが絶対!」と思い込んでいる人ほど、相手にも押し付けることがあるのです。

 

例えば、今はコロナ情勢の中、マスクを付けるのが当たり前になっていますが…。

 

「そんなもん付けててもしょうがない!」

 

と思っている人が、整体の仕事をしていたとします。

 

 

 

で、そこに来たお客様にもマスクを外すことを強要したら、気になっている人はどう思うでしょうか?

 

本人は気にしていないから良いかもしれません。

 

例え、後になってマスクは必要無かったと分かったとしても、その時、その人にとっては安心感を得られる材料の一つなのです。

 

信念というものを持っていたとしても、自分で勝手に貫けば良い話で相手に強要させるものではありません。

 

 

また別の例を考えてみましょう。

 

例えば「痛くない施術」というものが正しいと思っている施術家さんがいたとします。

 

そこに来たお客様が、少し圧の強い施術を希望されていたとしますよね。

 

 

 

もしあなたが痛くない施術を売りにしていたとして、お客様からそんな要望があったらどうしますか?

 

・相手に合わせて強い圧で施術する。

・圧が強くなくても改善することを説明する。

 

などなど、選択肢はいくつかあると思います。

 

 

 

どの選択肢が正しいとかそういうことではなくて…。

 

もしあなたが圧の強い施術を受けたくて来たのに、圧の強さの弊害や無痛でほぐれることをコンコンと説かれたらどう思うでしょうか?

 

 

 

自分の目線になっているのか、それとも相手の立場に立てているのか…。

 

生き方としてもビジネスとしても、どちらでも大切なことではないかと思うのです。

 

要はどこを見ているか…ということで、考え方が偏っていると相手に自分の気持ちを押し付けてしまうことがあります。

 

 

ビジネスというものは自分の商品やサービスを求めて下さる人がいるから成り立っているわけですから、お客様目線というものが大切になってきます。

 

もちろん自分の考えを貫いて、それを売りにしている…という場合もあると思いますが、その場合は、最初から「こういう人は来ないで下さい」と明記して、相手に伝えておけば良い話ですよね。

 

 

 

例えば、癒されたくて入ったカフェで、店のコーヒーがいかに素晴らしいかという自慢話を延々と聞かされ…。

 

コーヒーを味わう為に私語は一切厳禁で、緊張する雰囲気の中でやっと飲み終えたら…。

 

「どう美味しかったでしょう?コーヒーの風味で心が満たされますよね!」

 

と強要されたら嫌じゃないですか?(笑)

 

 

 

最初から、そういうものを売りにしているお店なら別ですが、あまりにもお客様の思いとズレてしまっていたら、お店の行く末は分かりますよね。

 

なんでそういうことになってしまうのか…と言うと、上記でご紹介した松井先生の記事のように「何の為にやっているのか」という根本を見失ってしまっているからです。

 

「健康になりたい!」

 

という思いがあったとしても、その裏には別の思いがあったりするのです。

 

 

 

例えば、膝が痛いという人がいたとして、痛みを何とかしたいと整体を受けに来たとしても…。

 

本当の思いは、

 

「孫と手を繋いで散歩したい!」

 

ということかもしれません。

 

 

なんで、そういうものが見えなくなってしまうのか…というと、自分の考えに固執してしまうからです。

 

こころセラピスト講座でも、そんな話をしますが「執着」というものです。

 

誰の為を思っての発言なのか…。

 

それもエゴが強ければ強いほど見えなくなっていきます。

 

 

 

整体やセラピーというのは、相手の痛みを取るだけで良いのでしょうか?

 

こちらの考えを押し付ければ解決するのでしょうか?

 

そういうことは、どれだけ体のことだけ学んでいても分からないものです。

 

考え方が偏ることで相手に対する強要というものが出てくるのですが、心のことを忘れて体のことばかりに偏っていることに気付いていないのです。

 

 

 

何事もバランスと取るということ!

 

 

特に健康系の人は、自分の健康情報に捉われてしまっている人が多いように思うので…。

 

相手の目線で考えるということを忘れないように気を付けたいものですね!

 

 

 

自分の内面を見つめる仏教心理学の学びに興味がある方は、以下の無料メルマガにて順序立てて学んでいけます。

 

【仏教心理学無料メール講座】

https://www.reservestock.jp/subscribe/85764

 

 

 

※こころセラピスト講座の1Day版、「運命好転メソッド講座」は10月26日に認定講師のくみちゃんが開催して下さいます。

 

★3時間で分かる願いを実現させる方法!

【10月26日(月)運命好転メソッド講座】

https://www.resast.jp/events/485412

 

 

★日本おうち整体協会公式SNS

◆Facebook:

https://www.facebook.com/ouchiseitaikyoukai/

◆Twitter:

https://twitter.com/ouchiseitai

◆Instagram:

https://www.instagram.com/ouchiseitai_kyoukai/

◆LINE:

http://ur0.work/TnAL

 

★知識・経験ゼロから子供のケアが出来る!

◆日本おうち整体協会公式サイト

⇒受講された方の感想動画はこちらから

 

★素人からゴッドハンドを目指せる気功整体講座

◆プロセラピスト講座公式サイト

⇒松井式受講生さんの感想はこちらから

 

★仏教と気功が学べる心の勉強会

◆心の勉強会公式サイト
⇒見方を変える心のお話カテゴリ

 

★3時間で分かる願いを実現させる方法!

【10月26日(月)運命好転メソッド講座】

https://www.resast.jp/events/485412

 

★こどもの幸せを願う全てのママへ!

【11月12日(木)ママフォレストお話会】

https://www.reservestock.jp/events/484464

 

ペタしてね読者登録してね