2021.11.12




こんにちは。

エステティシャンのMikaです。




エステ一筋!!
結果癒しをお届けしますお願いラブラブ


皮膚炎の方が美肌になるまでのサポートをし続けて4年が経ちました。
お肌に負担をかけずにもっともっと美肌になれるエステ、それが「MaBelle(マベル)」です。

大阪、堀江の店舗にて、
心よりお待ち申し上げておりますおねがいドキドキ




クーポンを見る






お肌のトラブルが長引けば長引くほど、

負の感情がふつふつと増えてしまうことがあります。




「あの時皮膚科に行かなければ、、、」


「ステロイドを使わなきゃ治らないって言うけど、

使っても全然良くならないじゃないか、、、」




このようなイライラとするような感情はありませんか???




私は、お肌がおかしくなってから、

かなり早い段階でイライラが止まらなくなりましたショボーン





「ニキビとか言ってるけど、どこがニキビなんだよ!!」と思ったり、



「アレルギーって言ってるけど、季節変わっただけじゃない?」と思ったり、、、









なぜこの感情が生まれるのか??






理想の肌と現実の肌のギャップが

大きいから。






そして、

周りに気をつかいすぎるくらい気を使う方は、

内に抱え込むイライラが増大し続けます。





つまり、


一見、

皮膚科に対する、あるいは

「お肌大丈夫?」などと言われて周りに対するイライラに見えますが、






実は、自分に対してイライラしているのです。






では、どうしたら良いか?



答えは一つです。




自分に対する自分の態度を変える




「それは言わないでほしい」と思うのなら、

「そうは言われたくない、思われたくない」とはっきり伝えること。



大丈夫じゃないのに、「大丈夫」と言わないこと。




こうすることで、

ありのままの自分を受け入れることができます。




つまり、現実の自分(現実の肌)を受け入れるということです。





人間は、自分の弱点を受け入れて、

はじめて自分の長所に気が付きます。




そして、

弱点を出した時にはじめて、

弱点ではないことに気づきます。













お肌のトラブル、一人で悩んではいませんか?

4年間でのべ500名の慢性皮膚炎を改善へと導いてきたスキンケア方法があります。

まずはご相談くださいませ。

↓↓↓

メールで簡単肌診断
980円で肌診断リンクhadashindan.com

個別面談60分(オンラインまたはご来店)
個別面談60分¥3,980酒さ様皮膚炎をはじめとしたお顔の赤みやブツブツでお悩みの方へ。今の状態をご相談頂けます。リンクmabellehifuen.com