「隷書」は楷書や行書のように、

実用的な書体ではないので、

敬遠されがちな書体だと思います。


しかし❗❗


書の歴史を考えると非常に重要な書体です。


また楷書も行書も

「隷書」を経て出来た書体。


ルーツを辿るということは、

奥行きや深みを

加えてくれるものだと思います。


そして何より、楽しい😆❗❗


古典全般に言える……、

いや、臨書に限らず、

技術、知識、経験を増やすことで、、、


まあ簡単に言えば、


書けば書くほど、知れば知るほど

書道は楽しくなります✌️

そして、

どうやらそれには

終わりがないらしいです❗



この記事が何方かにとって

書道を楽しむ、深める為に

1㎜でも役に立てれば嬉しいなぁ~


と思います。


ってことで、


『隷書の書き方』


スタートゥ❗❗



「隷書」と言っても、

たくさんの名品があります。


今回は、

後漢の八分隷の

「みかん三碑」

(僕が好きな三碑(笑))


を紹介します❗



『曹全碑』

洗練&流麗



『張遷碑』

素朴&重厚



『礼器碑』

気品&変幻




隷書は、
クルンとした起筆(逆筆)が基本」
と思われがちですが、実は違います❗❗

クルンは、起筆に丸みを出しながら
中鋒」にするための技術です。

曹全碑』はこの書き方が多いです❗


左⭕の筆の先がしっかり開き、線の幅に満遍なく力が働いている状態が『中鋒』です。

これが隷書の基本となります。


起筆のクルンをやったとしても、右❌の方だと、筆の先が上に偏ってしまってますので🙅‍♂️。




逆に言えば、中鋒にさえなれば、クルンの必要はありません。


めっちゃ短い毛の筆なら、クルンをしなくても起筆の丸みと中鋒は出来ます❕



でも、せっかくなので、クルン中鋒は技術としてマスターしたいところですよね~。



しかし❗❗
クルンタイプだけだと、『曹全碑』系の隷書しか書けません❗

そこでもう1つ❗❗

グリンタイプ。
逆筆で力を貯めて、グリンと一気に筆を開く感じです。

張遷碑』系はこの書き方が多いです。



これも、ちょっと角張った起筆の中鋒にするための技術です。


この2種類を書き分けるのが
技術です❗(と思います)


あと送筆の時、
クルンタイプは筆を上に引き上げる感じにすることで、円錐形に戻ろうとする筆の力で、内に強さが籠ります(という気がします)。

グリンタイプは筆を下に押し込む感じにすることで、外への開く力が働きます(という気がします)。

これが、線質。

(やり過ぎると変な感じになるので注意❗あくまで意識です。)



中鋒はたとえ線が細くても、
線全体に力が行き渡っているので、
ひ弱な線になりません。

太くどっしり書いたから強い、って訳ではなく、中鋒だから強い線なのです。

そう考えると、
隷書ってめっちゃ学べますよね~~😆


後は、筆のどの部分まで使うかです。

張遷碑』は、グリンタイプで5筆圧ぐらい。

礼器碑』は、いろんな線がありますが、グリンタイプで3筆圧ぐらいが多い気がします。




最後に………、

中鋒、中鋒、中鋒、中鋒中鋒…
言ってきましたが、

中鋒だけ使って書いても単調で平面的な書になってしまいます🙈

中鋒を使わない画も入れることで、
立体感のある書になります❗

意識的に両方を使い分ける、
これが『技術』なのです❗