「隷書」は
中国の漢の時代の
正式書体と言われています。

そして数々な隷書碑が建てられ、

流麗な『曹全碑』、
格調高き『礼器碑』、
素朴な強さの『張遷碑』等々、

百花繚乱の書風があり、

書道史のハイライトと
なっている時代ですよね~❗



今回は、かの有名な、
史晨碑』の全臨です❗

礼器碑」、「乙瑛碑」と併せて
『孔廟三碑』と言われています。

有名ですよね~。

有名……、

と言いながら、

初めて書きました~~😆👍



「隷書の書き方は蔵鋒」
と言われますが、
起筆は大きく分けて
2種類の書き方がある……、

と僕はにらんでいます。



①はオーソドックスな蔵鋒。
まろやか~な感じになりますね~。
「曹全碑」はこれがメインだと思います❗

一方で②はガッと入る感じ。
最短で筆を開くイメージです❗
「張遷碑」に多用されていると思います。

とは言いつつ……、


違うかもしれません🙈

まあ漢時代の人が実際に
どうやって書いたのはわからないので、
いろいろ妄想しながら臨書するのも
面白いと思います🍊


そんなこんなで、

『自称謎の書道家みかんせい人🍊の
1000臨やりま~す❗』

275臨目
「史晨碑」の全臨です😃✌️