新しいチャレンジ | きのね あしのね

きのね あしのね

私の大切に思う事を、
大切な人とシェアできる場所に。。。きのね あしのね。

「身体にあってはいけないものでした」

 

 

3月17日、乳がんが私のおっぱいにあることを告げられました。

 

 

3月2日に胃腸炎で寝込んでいた時、ふと気になった右胸のしこり。

 

 

そのまま、かかりつけの婦人科へ。

 

 

そして、今の主治医、東京医療センターの松井晢医師にたどり着き、様々な検査をしてわかりました。

 

 

 

なぜ私に?

 

いつから?

 

なぜ今?

 

私が何をしたの??

 

 

 

怖い、

 

不安、

 

何もいいことは浮かばない。

 

 

 

 

 

だけど、、、旦那様が言ってくれました。

 

 

「何があっても一緒だよ!」って。

 

 

そして、その言葉を聞いたあと、涙が止まらなくて。

 

 

 

その涙とともに溢れてきたのは、家族や友達、私を取り巻いてくださっているKukuna Bodyに集うみなさんのお顔。

 

 

本当に、溢れてきたんですよ、あなたのお顔が。。。

 

 

 

一人じゃないよ、私。

 

 

 

 

 

きっと、この「がんちゃん」が私を選んでくれた意味がある。

 

 

愛菜(1歳半になる娘)が私を母として選んでくれたように、

 

私は、この「がんちゃん」に選んでもらいました。

 

 

 

この子と闘っても仕方ない、

 

だって、この身体に一緒に生きているんだから。

 

 

 

この子と話をしながら、

この子と上手にバイバイするために、

丁寧に、大切に、時間をかけて自分の身体と向き合います。

 

 

 

主治医と旦那様、愛菜、そして乳がん専門看護師の方との5者面談で、今後の方向性を決めたのは、3月22日。

 

 

 

3月31日に最初の投与しました。

 

 

これから、3ヶ月、抗がん剤を4回体験します。

 

 

 

この期間は、とにかく体調が不安定になる予定です。

 

 

もうじき、髪の毛も生え変わり始めます。

、、、これが一番怖いかな。。。

 

 

 

お仕事は、ほとんどキャンセルさせて頂いています。

 

ただ、、、やっぱり私は皆さんと会いたい!

 

 

抗がん剤のスケジュールと相談しながら、少しはお外にも出ますので、ご一緒できる時は、、、いつも通り、よろしくお願いします!!

 

 

 

ここは安全な場所です。

 

 

だから、強がるつもりはありません。

 

 

今も、怖いです。

 

 

だけど、なんだろう、とても落ち着いて生活をしてもいます。

 

 

 

それはきっと、あなたがそこにいて下さるからです。

 

 

 

私は、人に生かされて生きて来た。

 

 

その力を、今、私は本当にココロ強く感じています。

 

 

 

これから起こる、未知の出来事。。。

 

 

 

全てにドキドキします。

 

 

 

だけど、私は生きています。

 

 

 

そして、幸い、完治を目指して治療を始めています。

 

 

 

今日もたくさん桜の下で笑いました!