吉本芸人問題 | 三上税理士法人の「上から読んでも、下から読んでも」

三上税理士法人の「上から読んでも、下から読んでも」

愛知県春日井市勝川町(本店)大泉寺町(春日井インター店)の2店舗を営業している三上税理士法人です。
地域一番サービス店を目指して、活動しております。

暑い日が続いておりますが、元気にお過ごしでしょうか?

 

メディアでは、韓国問題、吉本問題ばかりですので、今回は、吉本芸人問題と税金についてお話したいと思います。

 

経緯などは、皆さんもご存じかと思いますが、事の発端、宮迫さんが金銭を受領していないと言ったのが元凶ですよね。

これ、当初から無申告だったからという理由が大きいのかながと思ってました。

 

そしたら、やはり

会社を通さない営業により取得した収入についての税務修正申告を、昨日7月12日までに終えた

と発表がありました。

 

宮迫さんとすると、この1件で100万円ですから、当然に他の収入もあるわけでしょうね。

年間20~30件ほどあるとして、2000万円×5年位は遡りますから、1億円の無申告。

宮迫さんクラスだと、当然に最高税率の所得税45%、住民税10% プラス 個人事業主の売上なので、消費税8%

ざっと見積もると、所得税4500万 住民税1000万 消費税 800万 が本来払う税金

隠していたことは明白なので、重加算税等(罰金) 約2000万

5年分の延滞税(利息)2500万

 

はい、合計で、1億とんで800万円なり。

実際には、そこまで収入があったのか、税務署からの連絡が来ていたのかどうかなどによって大きく税額が変わると思いますが、

自分(宮迫)が払うのが嫌でなく、他の人もそういう闇営業があったこと、無申告だとばれてしまうのが嫌だったのではないか。

 

額は違えど、税務調査で本業以外の収入が出てくることがあります。

友人や知人、元請け、下請けが絡んでいると、よく嘘を突っぱねることになったりします。

(元請けが絡んでいると特に・・・)

結果、大損するのは、本人になることが多く、口を揃えて、「そんなことなら、やらなきゃ良かった」と言います。

節税対策をしっかりしたら、気持ちよく税金を払って、心配なく仕事に頑張れる環境というのが一番です!