神鏡(みかがみ)~スピリチュアルカードマスターのブログ~

神鏡(みかがみ)~スピリチュアルカードマスターのブログ~

ASSR(スピリチュアルリーディング協会)公式認定されている、スピリチュアルカードマスター・トレーナー・ティーチャーによる、神鏡(みかがみ)カードの魅力と癒しの真髄を綴るリレーブログです。

神鏡(みかがみ)カードをマスターし、日本の古事記や神話に登場される神々様との繋がりを深めていく、スピリチュアルカードマスター養成講座(コンプリート版)が、東京にて、随時開催されています!

【新:講座カリキュラム詳細&お問い合わせ・お申し込み先】

※その他の地方でも、ご希望がございましたら開催していますので、お問い合わせください。

※講座は2日間で初級・中級・上級篇の全課程を修了します。

※ASSR(スピリチュアルリーディング協会)の認定を受けて神鏡カードを用いたセッションをプロとして行うためには、全課程の受講が必須です。

※各開催日の前日までお申し込み受け付けいたしますが、会場によっては定員で締め切らせていただく場合がございますので、お早めにお申し込みください。

◇個人レッスンもあります

個人レッスンでは、マンツーマンでの個人カウンセリング・ヒーリングを行いながら進めていきます。また、ご都合のよろしいスケジュール(約8~12時間程度)にて学ぶことができます。


【新:講座カリキュラム詳細&お問い合わせ・お申し込み先】















こんばんは金曜日担当高名波紅凜です。

今日のカードのメッセージから、
「私たちの意識の中には、魂の真実に従って物事を選択し、魂の真実に従って人生を創り上げた何ものにも代えがたい、誰に疑われても一切動ずることのない清廉潔白に生きた人生に対する確信を宿しています。」とあり、私の意識の中にも宿されていることに氣づかされ、それだけで楽になりました。
そして、“自分自身の内側の清廉潔白な氣持ち、魂の道を違えず歩んだ深い自信と確信を持っている魂の真実の自己”とつながってその氣持ちを思い出して更に癒しを受け取ります。


【今日の一枚】
73.天津日高日子穗穗手見命
        (アマツヒコヒコホホデミノミコト)


清廉潔白さ

●清廉潔白さを確信
●正しい選択をした歴史
●魂の真実に従って進む勇氣

[箱根神社]
[若狭彦神社]

私たちの意識の中には、魂の真実に従って物事を選択し、魂の真実に従って人生を創り上げた何ものにも代えがたい、誰に疑われても一切動ずることのない清廉潔白に生きた人生に対する確信を宿しています。魂の中にあるこの輝きは、私たちの持つ無価値観や罪悪感、自分自身の過ちというものを癒す最高の力となります。どんな疑いをかけられようとも、どんな人生の艱難辛苦に出会おうとも、この魂の輝きに意識を合わせる時、自分自身の存在意義の大切さを深く確信することができます。

このカードが出たら、自分自身の内側の清廉潔白な氣持ち、魂の道を違(たが) えず歩んだ深い自信と確信を持っている魂の真実の自己とつながってみましょう。その氣持ちを思い出しましょう。そこからあらゆる人生を越えてゆく勇氣が湧いてくるでしょう。

またこのカードは、異質な二つのものを統合した結果、新しい調和を生み出すことができる力と、その統合を争いではなく清らかさで行なうことができるということも示しています。戦いによらず、二つのものが新たなものに変容するその結晶、実りも表わしています。


神鏡カード解説書&やや書籍「実践カードリーディング〜神鏡の秘密〜」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)
こんばんは金曜日担当高名波紅凜です。

今日のカードのメッセージに、
“この帰神カードの神力が回復すると、人生はとても余裕のある楽なものになります。ミスを繰り返し、それを訂正しながら何かを体得していく、というようなプロセスでの進み方から、ただ的確なことを的確な時に行い、済ます、という人生に変わってしまうからです”と、

自分の人生の進み方は、うまくいかなかったら、それを訂正して何かを体得して進む、もしくは進んだ気になる、元気でやる気のある時は進めるのですが、元気もやる気もわいてこない時は、心の中で“あ〜面倒くさい”と囁いてる自分がいてそれでも奮い立たせてなんとか進もうとして、疲弊しての繰り返しをやってきました。進むことより、訂正して、体得することに価値をおいていた自分がいて、そんなところに価値をおくより、“ただ的確なことを的確な時に行い、済ます、という人生に変わってしまう”そして“人生がとても余裕のある楽なものになる”そんな人生の進み方を疲弊を繰り返した結果、ようやく心から望めるようになりました。今日の神様からしっかりそのエネルギーを受け取ります。



【今日の一枚】
120.天之麻迦古弓と天之波波矢
(アメノマカコユミトアメノハハヤ)


全時万象的中

●全てにおいて的を得る 
●中心からそれない 
●神力による絶対的守護


この帰神カードの与える神力は、意念の通りに必ず的の中心を射抜くという強烈な神力です。ミスが無いという力です。

私たちは、人はミスをするものだというふうに思いがちですが、それは長い年月の間に、私たちの意識が創造の神の心を拒絶し続けてきたことによって生まれた歪みがそうさせてしまっているだけで、私たちの魂の純然たる力で生きる時、ミスは生まれません。迷いなく一つの物事に完全に思いとイメージがフォーカスされ、その結果、微動だにせず、揺るぎがないからです。

この帰神カードの神力が回復すると、人生はとても余裕のある楽なものになります。ミスを繰り返し、それを訂正しながら何かを体得していく、というようなプロセスでの進み方から、ただ的確なことを的確な時に行い、済ます、という人生に変わってしまうからです。

私たちはこの神力を、射抜いてはいけない的を射抜くたびに失ってきました。この神力が甦るということは、神より授かった力で、何をしてはいけないのかを学び悟ったという証です。

この神力が甦ると、淡々と目標を完遂する人生になります。そして、人生が簡単になるので、数多くの物事を成し遂げていき、望めば何かの分野の頂点にまで到達することができます。この神力が甦るのは、あなたが充分に何を傷つけてはいけないのか、ということを学んだ結果ですが、さらにそのことには充分注意をして、神意に背くことのないように生きてください。


神鏡カード解説書&や書籍「実践カードリーディング〜神鏡の秘密〜」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)

こんばんは金曜日担当高名波紅凜です。

新しいことをはじめるとき、古い流れはそのままにして、新しい流れを勢いではじめて、新しい流れがうまくいけば古い流れはいつかどうにかなると思いたい自分がいて、古い流れをそのままにしていましたが、今日の神様と繋がって、古い流れを解決していくことに意識をフォーカスして、しっかりと向き合い、和の心を以って解決し、消していくことを意識して受け取ります。


【今日の一枚】
65.天菩比神(アメノホヒノカミ)


あらゆる障害を払いのける光の炎

●古い流れを収める
●争わずに新たなものを生み出す
●障害物を排除してから先に進む
●強烈な燃やし祓う力と完全なる和の心


障害というのは、これまで創られてきた流れの力のことです。人生を切り拓き、新しい物事を創り出したり、新たなる幸福を生み出す時に、それとは違った流れが存在すると障害になります。

新たな物事を生み出す先駆けとして、古い流れを無くしていくということが大切な力になります。古い流れが残ったまま新しいものを大きく創り出してしまうと、そこには葛藤と不必要な争いが生まれます。実は、人生で何かを行なおうとする時、問題が大きくなってしまう大きな要因の一つがここにあります。新たな情熱や新たなアイデアを勢いを持った形にしてしまう前に、古いものの流れを弱め消しておくことをしないことによって、創り出した新たな情熱やアイデアが、強烈なぶつかり合いの方に奪われてしまって、せっかくの新たな創造が育まれないことも多くあります。

このカードは、新たな創造を行なう時に、もしくは問題を解決する時に、これまでの古い流れをうまく変化させ、消していくということに意識を向け、また、それを才能として与える神様の力が、今流れ込んできていることを示しています。そして、古い流れを打ち払い、燃やし消すような力ではありますが、神の力であるので、その根底には純粋な和の力を秘めています。争い消すのではなく、和の心を完全に発揮した強烈な炎で打ち消しながら、禍根を残さないという深い才能です。

このカードが出たら、まず、今のアイデアや情熱を推し進める前に、古い流れを解決していくことに、意識をフォーカスしましょう。それに、しっかりと向き合い、和の心を以って解決し、消していくことを意識してください。私たちの目の前に現われるすべての物事は、私たちの内的世界の顕われです。ですから、私たちの内的世界の働きかけを十分に行なうことで、古い流れを無くしていくことができます。

このカードが出たら、私たちの内側にある神聖さの意識が持つ、すべてを円滑に運ぶという意識と深くつながってみましょう。このすべてを円滑に運ぶという意識は、古い流れを葛藤なく収めていく力を生み出します。それをまず先に行なってから、もしくは行ないつつ、新しい創造をしっかりと行なうことです。


神鏡カード解説書&や書籍「実践カードリーディング〜神鏡の秘密〜」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)

こんばんは金曜日担当高名波紅凜です。

今日は、このカードの神様と繋がって、
自分の内なる暗いストーリーを思い出し、自分自身がいつも演じているその大好きなドラマのパターンの中で主人公になっている自分を思い浮かべて、宇宙創造の神によって祝福された、魂の目的を果たす栄光の輝きを仲間とともに喜んでいるストーリーであるように、すべて書き換えてもらいます。


【今日の一枚】
52.天兒屋命(アメノコヤネノミコト)


宣る力

●言葉による祝福
●祝福された言葉によって物事を癒し改める
●内なるドラマを手放し癒す時
●言葉の力を大いに活用する
●ストーリーを変える

[春日大社]
[皆瀬神社]


言霊というのは宇宙創造の力でもありますが、これまでに創り出されてきたあらゆるドラマとストーリーのことでもあります。

私たちの人生がうまく行かない何かに捉われている時に、内側では知らない間に受け継がれてきた内なる暗いストーリーに、はまりこんでいることがあります。脛に傷持つ必ずしもハッピーではない孤高の理解されないヒーローだったり、やさぐれたアウトローだったり、ハートに傷を持ちながら健氣に頑張るヒロインだったりする自分自身の演じるドラマを、どこかに痛みの恍惚感を抱えながら演じていたりします。そのストーリーがどんなものであれ、本当には自分を魂の輝きからの幸せに導かないドラマに浸っていれば、魂の目的を果たし癒された人生を送るところからは遠ざかってしまいます。

このカードが導く癒しの基本は、祝福された人生物語というものです。自分の内側に深く入り込み、自分自身がいつも演じているドラマの主人公は、どんなストーリーかを思い浮かべてみましょう。それが宇宙創造の神によって祝福された、魂の目的を果たす栄光の輝きを仲間とともに喜んでいるストーリーであるように、すべて書き換えていきましょう。今そうすることができるように、内なるストーリーを祝福物語に書き換える言霊の癒しの力が、あなたに向かって降り注いでいます。あらゆるストーリーのシナリオは言葉によってできています。そのシナリオを祝福の言霊のみで描いていく時に、人生は素晴らしいものへと展開して行くことでしょう。

またこのカードが出た時は、アファメーションなどの自分の人生を素晴らしいものとして現実化して行くような、あらゆる言葉の力を十分に使ってみましょう。


神鏡カード解説書&や書籍「実践カードリーディング〜神鏡の秘密〜」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)
こんばんは金曜日担当高名波紅凜です。

今日は、自分の中の秩序やルールに縛られている心をみつけて、今日のカードの神様と繋がって、その心に癒しを受け取り溶かします。


【今日の一枚】
44.天の服織女(アメノハタオリメ)



天の秩序とその秩序を越えた救いと癒し


●千載一遇のチャンスをつかむ
●あらゆる物事から癒しと幸運を見つける
●天恵を受け取る細心の注意
●思いがけない救いの恵み
●杓子定規な物事の進行がふと止まる瞬間が訪れる、そこにもチャンスがある



あらゆる癒しと問題の解決は、天の秩序が与えるチャンスをつかむことと、魂の真の目的が織りなす秩序に自我の意識が葛藤を起こす部分を無くすことで完了されていきます。そして、天の秩序というのは大いなるリズムや流れによって創られているものですが、もしそのリズムを、秩序から外れてしまったすべてのものにチャンスを与えるために秩序を変化させると、大いなるシナリオが狂ってしまいます。そうでありながら、天はあらゆるすべてに癒しのチャンスを与えようとしています。そのためにそのリズムの外で天の機を与える糸を下ろそうとします。


このカードは天の秩序にかなった大いなる癒しの意図と、その秩序の外にいるものにも癒しを与えようとする大いなる力が今流れ込んできていることを教えています。


このカードが出たら、自分の痛みや問題を解決してくれそうな、あらゆる縁やチャンスや兆候にとても注意深く敏感になってください。ある物語の中では天国の池から下界を覗き込んだ仏様が、下界で苦しんでいるある男のために、その男の生前のたった一つの真心を見つけて蜘蛛の糸を下ろして救おうとするお話があります。秩序の外の癒しの糸というのは、そんな千載一遇のチャンスでもあります。その物語の中では、その男は欲心を起こしてその糸が切れてしまいました。ですから欲心を捨てて、あらゆるチャンスに細心になってください。そして、その癒しのチャンスを受け取れば、本当は秩序のリズムの中では何万年と待たなければならないカルマや問題や痛みの癒しが、奇跡的な援助によって、とても短い時間で解決することが出来る力が流れ込んできていることを信頼してください。


またこれは、杓子定規になってしまった創造の流れに深い神の慈愛が流れているという証しのカードでもあります。創造の神は、その父性として物事の秩序や在り方を厳密に定め、その秩序の中で創造を運び、一番厳格な部分ではそれを外すことを一切許さないように見えます。しかしながら、その母性の部分では、あらゆる秩序の合間にあらゆる秩序を見張る目を慈愛によって瞬きさせる瞬間を創り、その瞬きの間には、奇跡的慈愛の救いの癒しの第一の目を瞬間的に開けています。その慈愛の目の発する幸運の光を受け取れるチャンスが、今まさにあるかもしれません。



神鏡カード解説書&や書籍「実践カードリーディング〜神鏡の秘密〜」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)

こんにちは。


土曜日の早喜麻結です。


ひまわりが満開に咲いてる と聞いて、一昨日、観に行って来ました。





たくさんの向日葵が東の太陽からの光を受けて、成長し、楽天をかんじました。
花の開花は、私たちに喜びを与えてくれますね。


未来への新しい扉


過去に縛られることなく、虹のかかったワクワクする未来を創造してみます。


今日は、時量師神をかんじ、過去に縛られた意識を溶かします。


今日の1枚.37 時量師神(トキハカシノカミ)


image


時の概念の脱却
●過去に縛られた未来
●それを超越する可能性
●先祖からの問題の呪縛と解決
●過去を見直す
●決められた未来
●決められた未来からの自由
●因果を超える

私たちは通常、時間の矢は一方向に向けて飛び続けているという世界に住んでいます。

過去・現在・未来という時間の流れを信じて生きています。
この信念が強固になればなるほど、未来の可能性は狭まります。
たとえば過去に何かの技術を学び、ある資格を取得したことで、ある職業に就いたり、ある仕事ができると思うのは一見普通の価値観ですが、この見方は、過去のある現実に縛られた未来しか展開することができないという見方をしてみると、可能性を狭めていることになります。

私たちは、自分の過去の記憶を探り、その記憶にある思い込みを変えることで今現在の物事に対する私たちの反応や未来の存在を大きく変えることができます。
過去のある出来事に対して失敗という記憶のラベルを貼っていたものを成功への一つの通り道という記憶のラベルに変えるだけでも、私たちの人生観や普段の物事に対しての取り組みや態度は大きく変わります。

このカードは、私たちの持つ時間の観念を変革させることを促すカードです。
また、私たちが頑なに信じきっている因果律を変えることを示唆するカードでもあります。
このカードが出たら、私たちが信じ込んでいる、こういう過去があるからこういう未来になるというような、人生の流れを制限してしまう意識を溶かすことにフォーカスしてみましょう。過去に縛られない自己というものにフォーカスしてみましょう。
また、親や家柄、運命の決めた未来というものに捉らわれない自由な可能性の部分にフォーカスしてみましょう。蛙の子は必ずしも蛙である必要はない、そういう氣付きにフォーカスしてみましょう。

このカードの力を真に受け取ると、時間を超越して人生の自由度を極めることができます。

神鏡カード解説書&や書籍「実践カードリーディング〜神鏡の秘密〜」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)

こんばんは金曜日担当高名波紅凜です。

最近わかりやすく、日常生活において、自分の思い通りにならないと気がすまない自分が根深くいることに気がついてからの今日のカードのメッセージ。

このタイミングだからこそ
「神の心や天の機の方に自ら合わせる」ことを改めて深く決めて、

自分自身を制限するあらゆるものを日常からみつけて手放します。


【今日の一枚】
11.天の浮橋(アメノウキハシ)



創造の心に合わせ続ける柔軟さ


●柔軟さと力強さ
●変わり続けるものに対応し続ける
●魂と心身をいつも結ぶ
●バランスをとる
●やわらかさ
●自在さ
●場所や思い込みに捉われない
●天の機に合わせて自由に移動すること
●天に自分を合わせる


創造の力の発動やいわゆるチャンスといわれる天の機は、私たち人間の生活リズムや都合に合わせて動いたり顕われるわけではありません。


創造の意志は私たちに天命を与えます。天命というのは、宇宙創造主の心に従って大切な何かを行なうというものです。これを行なう時、人は、多大なる力や能力や援助や天地人の運という恩恵を授かります。ですが、このような天命の動いていく方向性と恩恵は、人の創り出した社会的常識や観念、価値観に合わせて顕われるものではなく、いつも天命や恩恵と深く結ばれていくためには私たちが天の機に合わせてたおやかに振る舞う必要があります。


このカードは、私たちがいつもそのような天の命と恩恵と一つに結ばれるために柔軟で自在であることを示唆しています。このカードが出たら、天の恵みのある場所にこだわりなく自由に自分の居場所や在り方を変えられる、そういう意識と心にフォーカスしてみましょう。


私たちがその柔軟さを失う理由は、私たちを呪縛する自分の在り方や居る場所を限定する思い込みです。たった 1メートル歩いて家の窓から手を伸ばし、手のひらを上に向ければそこに黄金が降ってくるのに、家の中で受け取らなければいけないという思い込みや、手のひらを上に向けて受け取るなんてはしたないとか、がめついとか思っていると、いつもいつも降ってくる恵みを受け取ることができなくなります。そのような自分自身を制限するあらゆるものを手放し、神の心や天の機の方に自ら合わせるという大切さをこのカードは告げています。それによってのみ天命が成就します。



神鏡カード解説書&や書籍「実践カードリーディング〜神鏡の秘密〜」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)

こんにちは。


土曜日の早喜麻結です。


新たな道を選択する時


この道を進むと決めた時


道開きの神様であります猿田毘古大神の氣をかんじ


心をあわせていくと、更にその氣が肚に据わってくる感じがします。


逆に、心が揺らぐときは、道を開かれていかれた猿田彦大神の御姿を想像し


心をあわせていくと、初心に戻る というかんじが私はありました。


令和の時代になり、道を開いていく という事が多くなりました。


今日は、あらゆるものを正しい道に導くパワーと慧眼 という猿田毘古大神の氣を


かんじられてください。


今日の1枚. 70 猿田毘古大神(サルタビコノオホカミ)




あらゆるものを正しい道に導くパワーと慧眼

●正しい道を選ぶ
●障害を突破する力が与えられる
●目的は成就される
●天命が成就される
●高貴なるものと出会う
●生涯の伴侶に出会う
[猿田彦神社]
[椿大神社]
[大麻比古神社]

ほとんどの物事には、それを成就させるために正しいやり方というものが存在します。
人は、自我の好みの自分のやり方で物事をやりたがる傾向がありますが、神聖なる感性に入ると、正しいやり方というのは、そんなに数多くないことが実はわかります。神聖なる感性の与える視点というのは、鳥瞰図のようなものです。
大空を飛んでいる鳥から見ると、数多くの道があるように見えて、目的地にうまく最短で、調和を持ち幸福を創りながら行ける道というのは、ある程度に絞られるのがわかります。
また、時として、そこに行く道がすべて塞がっている場合があります。
スピリチュアルな感性に従って、そこに到達するのが目的であれば、その障害は突破しなければなりませんが、やはり的確に突破できる場所というのが絞りこまれてくるものです。
アドベンチャーゲームやロールプレイングゲームの中でも、障害を突破できる通路は一つか二つだけだったりするものです。

このカードの神様は、そのように目的に正しく行く道を見抜く力と、適切な場所で障害を突破する力を与えてくれます。
このカードは、目的が成就する強烈な力を与える素晴らしいカードの一つでもあります。また、自分自身や人のスピリチュアルな感性に基づかないネガティブな想念から生まれてしまった、いろんな障害を必ず打ち破って突破口を創り出す強烈な才能と力を与えてくれます。
このカードが出たら、今そのような才能と援助があなたに流れ込んできています。
また、物事を成就するために、自分のやり方ではなく、正しい道を選びましょうと告げられています。
このカードが出たら、スピリチュアルな感性の中で、すべての物事について、絶対に的確な道を選ぶという心にフォーカスしましょう。

的確な道というのは、宇宙創造の神の広い世界を見ている視点から見て、一番うまくその物事が成就する道のことです。

スピリチュアルな感情ではないところから選ぼうとすると、その道を歩めなくなります。スピリチュアルな感情ではないという時はどのような場合かというと、たとえば戦いたい、戦うのが好きだ、と思えば、戦うという障害の少ない正しい道を選ばずに、戦いがいっぱい起きる道を選んでしまい、最終的に目的が成就するかどうかは二の次になるというような場合です。
そのように、スピリチュアルな感性とスピリチュアルな感情から正しい道を選ぶという意識が、私たちには必ず存在していますので、そこにフォーカスしてつながってみましょう。

そうすることであなたの目的は、一番うまくスムーズに多くの幸せを創り出しながら成就していくでしょう。

神鏡カード解説書&や書籍「実践カードリーディング〜神鏡の秘密〜」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)
こんばんは金曜日担当高名波紅凜です。


今日のカードのメッセージから、
「自分の期待というフィルターを通して人生を眺めることをやめる」ことを決め、日常生活において“期待というフィルター”を通して眺めていないか常に自分を確認し、気がついてやめるところからはじめます。



【今日の一枚】
31.原山津見神(ハラヤマツミノカミ)



スピリチュアルな真実に立脚した基盤をつくる強烈な心の回復


●スピリチュアルな基盤を失った動揺から立ち直る
●スピリチュアルな基盤を失わせるような攻撃から守る
●そのための意志力


創造の力が現実世界に及び、物事を創造する大いなる流れになった時、あらゆる物事が自分の表面的期待に沿うような創造にならないことがあります。あらゆる創造の結果は本来ポジティブでもネガティブでもなくニュートラルなものですが、期待があるとポジティブに見えたりネガティブに見えたりします。


このカードは人間の解釈によって捻じ曲げられた創造主の心や天命やスピリチュアルな真実を回復していく力を示すものです。人は自分の期待というフィルターを通して人生を眺めることで、魂の持つスピリチュアルな真実に意識と心を合わせて人生を創造していく力を失います。そのようなネガティブさが働く時に、人は自分自身の存在が宇宙の創造主の神から生まれた神の子であることを忘れたり否定したりします。人にスピリチュアルな存在価値やスピリチュアルな使命があることを拒絶し、否定したりします。このネガティブさは、人の生命としての根本的な存在意義を否定してしまいます。このカードが出たら、そのようなネガティブな意識からスピリチュアルな神聖さや自分のスピリチュアルな存在意義を否定した過去があるか、そのような衝動が意識のどこかで躍動していることを示唆しています。


このカードが出たら、意識的に自分自身の心をスピリチュアルな真実に合わせる強い意志の部分と深くつながってみましょう。意識的に合わせ直すというのが鍵になります。このカードの示唆する力こそが、現実世界で出会ったいろいろな動揺や激しい感情によって、自分のスピリチュアリティが導く人生を歩めなくなった自分や人々を、スピリチュアルな人生に向けて回復させる大切な土台となります。この力を使うことによって、混乱した人生の感覚から、自分の内側に眠る深い神聖さを取り戻した人生に戻ることができます。



神鏡カード解説書&や書籍「実践カードリーディング〜神鏡の秘密〜」より抜粋。(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)

こんにちは。


土曜日の早喜麻結です。


豊かさ というとお金がでてきます。


見渡してみると、自然がいっぱいで環境が豊かだったり


食物が美味しくて、食が豊かだったり、お水が美味しかったり


仕事や人間関係がうまくいっていたり、豊かさって幅広いです。


宇宙創造の有り余るほど受け取る豊かさ というと、自分のイメージする枠を越え


更に壮大な豊かさだろうというのはわかります。


宇宙の恵み、地球の恵みを受け取っていい、、、


受け取れないとかんじるとき


どんな自分なら、どういう生き方なら


受け取れるだろう


そうかんじていたら、湧き出てきたものが 信頼される人になる でした。


今日のカードの神様の氣にあわせて、是非かんじられてみてください。


今日の1枚.豊宇氣毘賣神(トヨウケビメノカミ)




宇宙創造の神の創り出す恵みを有り余るほど受け取る豊かさ
●豊かさの源は宇宙であると知る
●宇宙の恵みを受け取る力を開く
●神聖な意識の持つ目的を果たして生きる
●恵みを受け取って問題を解決する
[伊勢神宮]外宮の神様
[唐松神社]
[天橋立神社]
[真名井神社]
[元伊勢籠神社]

現代に生きる私たちは、豊かさを貨幣経済で測ってしまうことが多く、真の恵みの源を忘れがちですが、私たちの豊かさの源のすべては宇宙が生み出したものです。

たとえば、私たちが食しているあらゆるすべては、この地球の生命力から生まれた生命そのものです。
私たちの衣服も植物か鉱物、石油に由来しているでしょう。電子機器を創り上げているあらゆる部品や電車や自動車や、あらゆるライフラインを眺めてみてください。
どれ一つとして、地球が生み出したものではないものを部品として使っているものはないでしょう。私たちの豊かさというものは、すべて宇宙とその一部である地球から与えられるものなのです。
貨幣というのは、その媒体に過ぎません。

私たちが豊かになるということは、どれだけ宇宙から与えてもらえるかということに関わってきます。
そして、どれだけ宇宙から受け取れるかということに関わってきます。

このカードは、そのような宇宙の恵みを受け取れる力が今開いていっていることを示しています。
また、それを開くことでテーマとしていることや問題となっていることが進展し、解決していくことを告げています。
また、すべての豊かさは宇宙から与えられるということを思い出しましょうと告げられています。
そして、とても大事なことは豊かさを受け取るためには、必ず私たちの神聖な意識と魂が持つ、大いなる目的を果たすように生きることも促されています。
このカードは、そのように生きる時にふんだんなる豊かさが降り注ぐことを告げています。このカードが出たら、宇宙の恵み、地球の恵みを自己が受け取っていいと感じ、それを許している心とつながってみましょう。
もし、それを許せないと感じるのであれば、深いところにある大切な目的を果たすために生きていないのかもしれません。それに氣付いて自分の道を選択し直してみましょう。もし分かるとしたら、自分が何を選択し直したら、どういう生き方に変えたら宇宙の与えるふんだんな恵みを自分が受け取っていいということを許せる心になるのだろうかと、深い意識に訊ねて選択し直してみましょう。

豊かさを受け取っていいという安心した許しを自分に与えられる感覚を大事にして、その感覚に合う選択ばかりをしていきましょう。
そうすると、ふんだんに豊かになる、とこのカードは告げています。そして、そのような援助がそこまで来ています。

神鏡カード解説書&や書籍「実践カードリーディング〜神鏡の秘密〜」より抜粋。
(c) All rights reserved by Yukiro Wakatsuki)