備蓄 | アーセナル
新型コロナウイルスに関する情報について

アーセナル

アーセナルジャパン会長でハイベリー在住の地元サポーターが、アーセナルのことやいろんなことを投稿します。

みなさん、こんにちは。
 
外出ができない、楽しみがない…
で、やることが全くなくなってしまったので、ブログを書いて時間を潰しているからの3日連続投稿です。(笑)
 
先々週、みんなが買いだめしている時は「まだまだ売ってる」と、トイレットペーパーとハンドジェルなどの消毒効果のある商品以外は売っていたので「大丈夫」だと思っていたら、火曜日には色んな棚が空っぽで真っ青になったものの、「今さら行っても売ってないし」と先延ばしにして家に籠城しています。
 
主人は私をマニャーナちゃんと呼ぶことがあるくらい私は色んなことを先延ばしにしてしまったり、嫌な現実を受け入れないために見なかったことにする癖があるんですが、今回の騒動では完全に悪い方の結果になってしまい、「本当に外出禁止令が出たらどうなるんだろう?」と不安です。
 
いつも買い置きをしていたウェットタイプの除菌シートなのに、そろそろ買わないと…と思っていた矢先に手に入らなくなり、明日スーパーに売っていることを祈るしかありません。
 
暇なのでいろんなことを考えたり思い出したりするのですが…
 
母方の祖母は日持ちのする物を大量に買い置きしていて、トイレットペーパーが山積みなのはもちろん、歯磨き粉は常に5本以上、缶詰やら何やら… 半年間くらいは問題なく生活できるくらい備蓄していました。
 
玄関の横には子供が入れるくらいの大きな壺が2つ置いてあって、1つはお水、もう1つには災害時に祖父母が背負って逃げるためのリュックサックが入っていました。
 
どうしてこんなに買いだめするの?
と、子供の私は笑っていたのですが、母から「戦時中のトラウマで備蓄しておかないと安心できないんだよ」と言われても理解することができませんでした。
 
結婚して主人の祖母の家を訪ねたら、玄関とキッチンの間にある、明らかにクロークルームとして作られたはずのドアの中には私の祖母と同じように買いだめした物がビッシリ!!
 
義母から同じことを言われ、戦時中の物資不足というのは一生のトラウマになるんだなぁ…と思っていました。
 
買いたいものが買えない今の状況って、まさに第2次世界大戦以来のことなんですね?
 
外出禁止令が出なくてもほとんどの人達は必要がない限り家に閉じこもっているんですけど、一部、理由をつけて無視している人達がいるのも事実なので、遅かれ早かれイギリスにも外出禁止令が出ると思います。
 
 
大手スーパーは開店から1時間(ほとんどが月・水・金の8時~9時)は、お年寄りか体の弱い人達以外の入店を認めていないのですが、病気の人達を救うために不眠不休でがんばっている看護師さんなどの医療従事者たちが仕事が終わって買い物をしようにもスーパーの棚は全部空っぽという現状を受け、月~土の7時半~8時をNHSスタッフ限定でオープンするそうです。
 
お年寄りの時もSNSの投稿がキッカケで大手スーパーが即対応に乗り出したのですが、2~3日前に空っぽの棚を見てカゴを持って唖然と立ちすくむ救急隊員の写真をSNSで見て心が痛かったので、そういう投稿を見た大手スーパーが更なる対応を発表したんだと思います。
 
外出禁止令が出たら気分転換に公園に散歩に行くこともできなくなるらしいので、お天気もいいし、今日はちょっと散歩に行こうと思います。
 
注)
スクショは大手スーパーのセンズベリーから届いたDMからの抜粋