こんばんは〜(*´˘`*)

昨夜、買付けから帰国致しました。
今回の出張では、miimiを起業して以来、初めてお遊びを混ぜましたよん

私が最終買付けを終えたまさにその時に、元ダーリンさんが韓国に来たので、最高のタイミングで合流することが出来ました
サパーやカジノ、お食事を楽しみましたよ。


今回の投稿は【ミシュラン巡りinソウル】

韓国初のミシュランガイド2017で三ツ星に輝いた【羅宴(ラヨン)】へ行ってまいりました
以来2018年、2019年と3年連続で三ツ星を受賞‼︎

アジアベストレストラン50にも入った実力派‼︎


私では予約を取ることが出来なかったのに、元ダーリンさんが韓国の方にお願いし、前日の夜にも関わらずお席をご用意して下さいました。感謝m(_ _)m


【羅宴】
ラヨン

ミシュランソウル 三ツ星
公式サイト→羅宴(LaYeon)


「羅宴(ラヨン)」は、韓国初のミシュランガイドで三ツ星に輝いた、ソウル新羅ホテルの韓国料理のダイニング。
ミシュランガイドソウルが2017年に創刊して以来2018年、2019年と3年連続で三ツ星を受賞。
アジアベストレストランにもノミネート(2015年はNo.38、2016年はNo.50)。


「羅宴」のコンセプトは“礼と格式で準備した最高の韓食正餐”

韓国各地からの選りすぐりの食材を使用し、伝統的な調理技法を基本としながらも、現代的な要素を取り入れた、繊細かつ上品に表現した韓国料理を提供して下さいます。


場所
韓国ソウル、南山の麓に位置し、美しい自然に囲まれた韓国のトップ・オブ・ホテルこと「ソウル新羅(シルラ)ホテル」の最上階。
2013年8月のホテルリニューアルと共に、最上階の23階に新たにオープンしたのが韓国料理レストラン「羅宴(ラヨン)」。


空間
洗練された雰囲気が漂う店内は、10人まで利用可能な個室1つを含む全40席。大きくとられた窓からは、南山の緑豊かな景色が飛び込んできます。

インテリアは世界的に知られるデザイナー、ピーター・レメディオス氏が担当。パーテーションの役割を果たしている格子戸には、韓国の王宮で使われている浮き彫りの花文様が施されているなど、ホテルのコンセプトに合わせてモダンながらも韓国の伝統美が感じられるデザインが特徴です。

↓webより拝借
エントランス
↓ウェイティング
↓入り口
↓ダイニングスペース
↓個室


ランチコース2種類
今回はおすすめの上のコースをチョイス。
羅宴コース:195000W(約19500円)



↓栗のミルク風味のピュレ
最高級の玉光栗を蒸して裏ごしし、牛乳と土版天日塩を加えたもの。栗の優しい風味となめらかな食感、う〜ん癒されます♡美味しい♡
・奥の薄いお煎餅みいなものはカムテプガク(カジメの薄揚げ)。カジメとジャガイモ、エビ出汁をメレンゲと混ぜた後、薄く伸ばしてオーブンで焼き上げた料理とのこと。
・赤いものはドライナツメヤシ。日照量が多く糖度が高い慶尚北道慶山産を使用し、100度で3時間以上焼いて乾燥させたもの。
甲殻類アレルギーの私用に蓮根チップス。

↓ミル貝の冷製
淡白なお味ながらも、お塩や薬味の加え方がとても絶妙でかなり美味しい♡

↓海藻牡蠣粥
これまた美味しい♡海苔の風味がしっかりきいていて、軽く焼いた小ぶりの牡蠣と相性◎

↓サラワの付け焼き
サワラの煮付けをイメージして頂ければ♡

選べるメイン 
・ロース焼き
・網焼きプルコギ
・カルビの蒸し物
二品選びシェアします

↓ロース焼き
やばーぃ‼︎おいしっ‼︎めちゃくちゃ柔らい‼︎
肉汁がじゅわ〜っとお口の中に広がるの。オススメだけのことはある‼︎

韓牛(韓国の国内牛)でも1++という最高ランクの牛のロース、その中でも最も柔らかいコッサルという部位を使用。このお肉を牛肉専用の熟成庫でねかし、一番美味しい状態で焼いているそう。

付け合わせの焼き野菜は、韓国で最も質の良い玉ネギ産地の全羅南道の務安(ムアン)の玉ネギを醤油で味付けしたもの、ナスの味噌焼き、松茸。どれも美味しいの‼︎


↓網焼きプルゴキ
同じく韓牛(韓国の国内牛)でも1++という最高ランクの牛のプルコギ。プルコギ特有の甘いお味がツボ♡
↓めちゃくちゃ美味しい生野菜♡

選べる〆   
・鮑塩混ぜ釜飯
・ユッケビビンバ
・鮑塩辛汁カルビ

↓鮑塩混ぜ釜飯
鮑丸ごと1個使用した贅沢な釜飯。素材の持ち味を引き立てる味付けで、洗練された印象。もちろん美味しい♡


・旬のフルーツアイス:苺のデザート
・伝統茶と茶菓子



分かりやすい味付けの韓国料理のイメージとは、一線を画す繊細かつ洗練されたお料理でした!

韓国の伝統の味を上品に表現し、また、現代人のお口にも合うように工夫された韓国料理は、羅宴のコンセプトである、まさに“礼と格式を備えた最高の正統韓食(ハンシク)”そのものでした。

素材の味を引き立てる京料理や日本料理が好きな方も気に入るはず。美味しかったです。
ありがとうございましたドキドキm(_ _)mドキドキ


↓元ダーリンとの滞在↓

↓サパー、お会計18万円なり。はっ?(笑)


小ばなし:元ダーリンと合流するということで、帰りは一緒に帰るものだと思い込み、予め取っていた航空券をキャンセルした私。帰る日のお昼、
私「何時の便で帰る?」
彼「僕は19時の便をとってるで」
私「はぁ?どうして1人だけ取ってるの⁈ 私、まっちゃんが来るからキャンセルしたのに‼︎タイミングで一緒に取ると思ってた‼︎怒」
彼「僕はアナログで、ミィみたいにネットから海外で簡単に取れないから、旅行会社で取ってもらったの」
私「それならそうと言ってよ‼︎イジワル‼︎」

この19時の大韓航空ラスト便がほぼ満席で、危うく延泊することになりそうだった私です。
派手な外見なのにアナログな彼が、些か可愛く見えたことは秘密(笑)


周囲の方全員に、かなり特殊な関係だと言われるけれど、どんな人間関係もオンリーワンであり、すべての関係がスペシャルです。

私と彼は16年間も一緒に居ました。
10年以上も前になりますが、彼のお父様が胃癌で他界し、数年に及ぶ闘病生活をサポートされてこられたお母様のその後が心配だということで、彼と彼のお母様と3人で暮らす生活が始まり、彼がお仕事に行ったあとは、私は彼ママとずっと2人で過ごしていて、実の娘のように可愛がって頂き、本当に本当によくして頂きました♡

生まれた時から母子家庭で育った私にとっては、溢れんばかりに注いでくれる彼ママの愛情が嬉しくて(照れくさくて)、家庭の温かみってコレなんだ‼︎と初めて知りました。

私の母はとても厳しく、母子家庭だからこそしっかり育てなきゃ!という気持ちがとても強かったので、私は子供の頃から今日に至るまで、母に一度もワガママを言ったことがありません。母の躾通りに、人に甘えることもなく、しっかり者に育ちました。

ですが、人間には甘えられる人(100%本音を話せて、絶対的な安心のできる人)が必要だということを大人になる度に感じるようになりました。
私は、人に甘えないのではなく、甘えられない人間に育ちました。

そんな私を、なぜか可愛そうに見えたという元ダーリン。長い時間をかけ愛情を注ぐことで、私が他人に恐れず本音を言える人間に導いてくれました。それが出来るようになり、私は今まで以上に幸福感を感じます。
私にとっての甘えられる場所は元ダーリンで、これからもおそらく変わらないと思います。
誰かに精神的・金銭的な依存をすることは人間をダメにする傾向があります。私は、自分自身が自立している前提だからこそ、元ダーリンと良い関係が成り立っていると思うので、これからもしっかりとmiimiを運営して、結果を出し、日々精進していきます。会った時には嬉しい報告が出来るよう頑張ります。

こんなことを書くつもりじゃなかったのに...、
アレレレ重いお話⁈(^^;;


そんなこんなで、氷点下12度の買付けで風邪を引いた私は、そろそろお眠りんしたいと思いまぁすପ(⑅︎ˊᵕˋ⑅︎)ଓ
皆さまも、どうか暖かくしてお休み下さいね♡
いつもありがとうございます






引き続き明日も、
皆さまにとって、笑顔満点 ハッピーな1日となりますように...
いつもありがとうございます
Love.