可愛いねと自分で言ってあげて | 占い師未依のブログ

占い師未依のブログ

四柱推命やタロットを使って鑑定します。

皆様の応援をさせていただきます。

これ、実際に体験した事なのですが

自分で、どっど老け込んだ時期があった

のです。



初婚は、20代、ハネムーンベビーでした。


20代で、二人の子を産み終わりました。

まだ、30代で、育児をしながら

仕事に復帰。

フルタイムで、事務員をしておりました。

 

 



元主人は、人をけなす事しかほぼしない

人でした。

私の顔立ちは、もっと目がつりあがっていて

傷官持ちらしく、キツイ目元でした。

元主人は、ママの似顔絵と言いながら

口の裂けた目がつりあがった

恐ろしい形相のものを書いていました。

当然、しょっちゅう言われるものだから

自分でも、自分の顔立ちが大嫌いに

なりました。




すると、見る見る自分の顔つきが

変わってくるのです。

子供の卒業式の写真を見て

愕然とした事を今でも覚えています。


「誰も褒めてくれないから、自分で

褒めないと」

と自ら思い立ち

ありとあらゆる鏡

街中での車のドアミラーなどにも

駅の鏡なんて、絶対見たくなかった

のに、

わざわざ覗き込んで、「可愛いね」

と心の中で言うようにしたのです。

だって、誰も言ってくれないんですから。





するとどうでしょう?

上の子の中学の同級生の女の子に

「Rちゃんのママって可愛いね」

と言われるようになったんですよ。

しかも同じ時期に、3人の女の子に

女の子の目は、男の子よりも

厳しいので、驚きました。




そうなんだ。


「ママが、可愛いって言われた」と

いうことに

息子も、まんざらではなさそうでした。





自分で「可愛いね」と自分に

言っていたので「可愛い」って

周囲に言われるようになったんですよ。

不思議ですね。

すると、写真のうつりまで変わって

来たんです。


あれ?

気持ちの持ち方で、表情は

とても変わります。

その頃か、友達のお子さんにも

「未依おばちゃんは一番

きれいだから」

(三人のおばちゃんの中でですよ)

それもお嬢さんです。

 




人生ってね。

 

一度しかありません。

少し、輝いてすごすか?

きれいなのに、埋もれて

気づかれなくすごすか?

は、その人次第だと思います。


私は、出っ歯だし、決して美人では

ないですが、勇気を出せました。

みなさんもどうか、勇気を出して

自分を褒めてみませんか?

可愛いって言いにくかったら

「頑張ったね」と言ってあげて

それをだんだん「可愛いね」

にしてみてください。



人生、明るく過ごしたほうが

得じゃない?





 

 

 

今後も皆様のお幸せをお祈りします。

 

 

占いの窓     未依