3月2日 親子バレエレポ | みほとひまりとかのんと

みほとひまりとかのんと

2013年9月生まれの長女と2015年5月生まれのダウン症のある次女。2018年12月、NPO法人SUPLIFE設立。共生社会を目指します。

3月2日、SUPLIFE企画。

池袋のスタジオで、
親子でバレエのワークショップを開催しました。




講師は10年来のお友達のあきちゃん。


あきちゃんは今も夢の国や歌のお姉さんやらで活躍している現役のダンサー。


二児のお母さんでもあります。



お母さんでもこんなにキレイでいられるんだね、


先生キレイだね、って声をもらって


なんだか私が嬉しくなりました。



アホな私の悩みをサラッと返答してくれるんだけど、その答えがシンプルに胸にグッとくる答えをくれる人、シンプルに生きてる人、なイメージのあきちゃん。



二児の母で今だに現役でダンスの仕事してるって
よく考えたらすごいことで。


日々の努力はもちろんなんだけど
↑空いてる時間に必ずレッスンへ行ってるもんね。



何よりさらりとやってる風にみえる!
↑本人はアワアワしているらしいけどそう見えない!




ダンスの仕事、自分のダンス教室でめちゃ忙しい中

たまたまこの日空いていて

バレエレッスンをお願いできました。



ありがと、あきちゃん。



みんなでストレッチからスタート!



場所に慣れなくて動けない子。


泣いちゃう子。自由な子。


怒ってる子←これ かのんなっ笑




そう!これでいいのです!爆笑




まずはスタジオという場所があるって知って、

そこではどんなことするか、

観察したり泣いたり好きに動いたり

怒ったり←これ かのんなっ。重要だから2回言う笑




子どもの経験値を少しずつ獲得してくのです!




私たち大人はたくさんの経験を積んできたおかげで

だいたいの予測がつくけど子ども達はこれから!




私たちSUPLIFEが目指しているのは楽しいことをする中で自然と人と人を繋げていくこと。


そのためには
経験値をあげていくことも大切だと思っています。




経験値を上げる=知ること



んねっウインクラブラブ




そして今回のバレエ。



年齢も性別も障がいのあるなしも関係なく
「参加したい」って言ってくれた人は
どんな方もウェルカムな会でした。



いろんな子がいるよって自然と知る中で、大人になってからの差別や偏見が少しでもなくなるといいな。




お友達のママに抱っこしてもらって
かのんご機嫌やないかい笑い泣き






バレエに触れるのが初めての子も多かったね。

それでもみんな自分のペースで頑張っていて




とびきりの笑顔もみせてくれて、、、


写真見て改めて、、、



みんなにありがとうと伝えたい。




生まれてきてくれてありがとう。




子どもはみんな宝です。



本能のままに生きている子ども達から

大人の方が勇気や元気をもらえます。


忘れてしまった何かも

子どもたちからたくさん教えてもらっています。




明日もみんなが笑っていますように。




これからもたくさんの経験を

子ども達やそのご家族と一緒に出来たらいいな。



楽しいこといっぱいしたいな。



みんなが大きくなっても集まれる場所になりたいな。



何かあったら愚痴吐きにこれる場所。



楽しいことする場所。



一緒に泣いて、一緒に笑って。



そんなSUPLIFEであり続けたいと思います。


みのかちゃんファミリーから

 @minoka21 ←インスタ 


ご寄付して頂いたお洋服も毎回皆さんに喜んで頂き、こちらもすごく幸せな気持ちになります。


みのかちゃんファミリー、本当にありがとう!





あきちゃん。

いつまでも可愛くて見た目とは違ってさっぱり男前なあきちゃんでいてね!私のことよろしく頼みます笑



私の思いを受け取ってくれてありがとう。


みんな可愛くてたまらなかったって
あきちゃんよりイエローハート


バレエは不定期で開催していけたらいいなぁと思っています。また次回ウインクイエローハーツ



励みになります↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村