忘れない!

忘れたくない!

今日は

生まれて初めて

自分のためではなく
娘のためにお弁当を作った日で

これまでも娘のためにご飯は作ってきたけど
私が見てないところで食べるご飯を作るのは
初めてで。


全然うまく詰められなくて
見た目も特にかわいいとかじゃなくて
段取りも悪くてバタバタして
トマト落として転がってってアタフタして

お弁当を作るために
献立を考えて作って詰めることの
大変さに気付かされて
特に少食で偏食だから
何を入れたらいいかも悩んで悩んで。


中高6年間作ってくれた母親に感謝して
朝からその気持ちをラインで伝えた日で

同時に昔は当たり前のように食べてて
なんで当時、もっと感謝の気持ちを伝えられなかったんだろうって反省した日で。

見て見て!って写真送ったら、いいじゃん!って褒められて、嬉しくて、やっぱり私もずっとずっと娘なんだなって思って。

ワガコに「お弁当作ったから食べてね」
って伝えて送り出した日。


一人でいても

食べてくれたかな。
おにぎり大きすぎなかったかな。
ひじき全部食べられたかな。

とずっと気にしてた。
特に少食な子だから。不安で。


そして午後になり、お迎えに行ったら、、

先生が、まず

「ワガコちゃん、朝、すぐに "今日はママがお弁当作ってくれたんだ!"ってお話ししてくれて、とても嬉しそうでしたよ。お昼ご飯の時も、周りのお友達に、これ、ママが作ってくれたんだ〜って自慢してましたよ。全部、完食してました!」

って報告してくれて、、

「えー!それは嬉しい泣けますね!!」と笑いながら、胸が熱くなった!

 
でも当の本人に
「お弁当おいしかった?どうだった?」と
聞いても、クールに「うん、食べたよー!」
とだけ返ってきて、、
あれ?自慢してたんじゃないの?
嬉しそうだったんじゃないの?

と思っていたら

最後にドカンと心震わす一言が!!





「あしたも
ママのお弁当食べたいなぁ!」


って。


あたし、泣きました。
ありがとーう!って笑いながら泣いてました。
号泣じゃなくて。
ツーって。なんかツーって涙が流れてきた。
少食だし偏食だし心配してたから。
(↑何回言うんだ)


作る!作るよ!!
早起きだってなんだってするし
詰めるのに思いの外、時間がかかるし、全然器用に作れないけど

だけどそんなこと言われたら
張り切って作っちゃうよママは!




自分のためでなく
娘のために作るお弁当って
こんな感情を感じさせてもらえるんだな。
有難いな。

と思った今日という日を

忘れない!

忘れたくない!

誰かにとっては本当にどうでもいい話だけど。
お弁当を食べてくれたということだけで
こんなに嬉しい気持ちになるなんて。
知らなかったよ今まで。

ワガコも先生もありがとう!
ありがとうです。
少しずつ、周りの人たちに
母親にしてもらってます。
ありがとうございます。


ここらからだな。

いよいよ始まったわけだから。
次は
続けることを目標に。
慣れて習慣になるその日まで
色んな食材、詰め方、トライしてみようっと。

お弁当づくりがすでに日常化してる
みなさんを心から尊敬します。

愛だけだ。ただ、愛で作ってるんだー!