MUJ横浜 | あべみほオフィシャルブログ「あべブロ」Powered by Ameba

あべみほオフィシャルブログ「あべブロ」Powered by Ameba

半熟グラビアアイドル、あべみほです。
写真集、DVD、カレンダー発売中。

ミスFLASH2015グランプリ
ミス・ユニバース・ジャパン2012横浜大会優勝
新日本プロレス タイチ選手ディーヴァ

―あべブロ―-__ 1.jpg__ 1.jpg



私阿部みほはこの度、

ミスユニバースジャパン横浜大会

に出場をさせていただきました。


ありがとうございます。


トランクひとつで上京した10月。

新しい自分を探すため、

自信をつけるために

大会に出場致しました。


横浜大会ファイナリストになり

ビューティーキャンプに参加して、

ミスユニバースを目指す仲間達に出逢いました。


彼女達は本当にキラキラしていて、

真っ直ぐな眼差しで

とっても吸収率が高くて。


レッスンで一本ウォーキングする度に

どんどん上達していくのがわかる。


取り残された気分でした。

でも、負けたくない!

私も上手くなりたい!





それまでの私は。

下を向いていました。

自信がありませんでした。

東京に来ても、自分はなんにも成長出来ていなかった。

人前に出ていない期間も長かったし、とにかく、自信も余裕もなくて、見られるのが恥ずかしくて。


けれどビューティーキャンプに参加して変わりました。

今までのモデルの仕事とは違って、"見せる"のは衣装じゃなくて、自分。

自分をどれだけ表現出来るか、が勝負でした。



更に大阪大会を見に行って、

奮闘するファイナリストの皆さんの姿を見て、

私も頑張りたい。

そう思いました。




11月30日、大会当日。


ここまでこれたからには大会を楽しもう。

でも、挑戦するからには1番を目指そう。


そんな気持ちで挑みました。


水着審査、ドレス審査も終わり、最後はスピーチと質疑応答。


彼女達のスピーチに、衝撃を受けました。


こう、胸がぎゅっと、なりました。


国際問題、社会問題について。

英話もペラペラで、

力強いスピーチばかりでした。


私のエントリーナンバーは10人中、10番。

最後のスピーチ。


なんとなく用意していた言葉達は、もう必要なかった。


どんな順位でもいい。

彼女達から貰ったパワー、大会に参加して、人前に出て、新しい自信も生まれた。

それがとても嬉しくて、どんな順位だとしても、誰がウィナーでも納得だった。

明日からまた、前を向いて歩ける。


だから私は、その時その場に立って感じた事をそのまま、伝える事にしました。


私は上京してはじめて、このファイナリストの仲間達と出逢い、たくさんの勇気やパワーを貰ったこと。

ありがとう、という気持ち。


大会を開催してくださった、たくさんのスポンサーさん、スタッフさんへの感謝の気持ち。


そして会場に足を運んでくださり、私たちファイナリストを応援してくださったお客様への、感謝の気持ち。


そんな、たくさんの感謝、ありがとうの気持ちをスピーチにしました。

言わばアドリブだし、練習もしていないし、、

けれど伝えたい!という気持ちだけでお話をしました。



結果発表では緊張した!!

誰が選ばれるんだろう?

誰が選ばれても、嬉しい。




3位に丸山ひでみ、

2位に小谷優花の名前が呼ばれ。



最後はグランプリ。


呼ばれたのは、


エントリーナンバー10番。


私の名前でした。


まさか私が…

信じられない。。


正直、驚きました…。




きっと大会について、

1番知識不足な私が…



けれど会場中の視線が私に向いていました。


前に出て、2011MUJの神山まりあさんにお花をいただきました…。






改めまして。



私阿部みほは、この度、ミスユニバースジャパン横浜大会において、グランプリという賞をいただきました。



ありがとうございます。





この名に恥じぬよう、自覚を持ちこれから日本大会に向けて、精一杯頑張ります。



応援よろしくお願いします!