スタイル・椿  京都 和のマナースタイリスト®︎木村美春がお届けします


「和」スタイルから  スマートに のびやかに


秋分の日でした


昼と夜の時間が同じになるという

秋分の日と春分の日


本日は【秋分の日】

お彼岸 中日 でした。


お彼岸には毎回「おはぎ」を作り



ご先祖様にお供えいたします。

我が家ではたくさん食べたい!という理由で

私が手作りいたします。


アンコ炊くのですが


秋は  萩の花 の咲く頃ということで「おはぎ」とよび、

春は  牡丹の花 の咲く頃ということで「ぼたもち」と呼ぶのだそう。


そしてアンコは粒か?こしか?

おはぎは萩の花のつぶつぶ感ということで「つぶあん」

ぼたもちは ぼてっとした感じを出すため、「こしあん」に


ということで

おはぎを作るので → つぶあんを・・・・

つぶあんの粒を壊さないように炊きますが

あまりうまくいきません爆笑


でも ま、イイや


ご先祖様へ  お仏壇にお供えし

みんなでおまいりし、

お下がりを含めて

みんなでいただきました。


夕飯時間帯に向けて作っちゃったので

そのまま夕飯に突入ー!!


ご飯を炊くつもりだったのですが

今回は失礼 失礼・・・




おはぎに合うとは到底思えませんが

面白い夕飯メニューになってしまいました!!


ご先祖さんと近くなるこのお彼岸

お参りすることで

ご先祖を思い出すきっかけになる

心静かに思い出に浸るのでした・・・



スタイル・椿  京都 和のマナースタイリスト®︎木村美春がお届けします


「和」スタイルから  スマートに のびやかに



本当の着物美人・・・

暑い夏も終わり、
お着物の世界も浴衣や夏着物など
目に涼しげなお召し物を
目にすることがなくなりました・・・

もう10月も目前

着物の世界はこの時期が1番微妙で
何を着るのが正解か
アレコレ迷う・・・・これ着物アルアルです

今夏、ひとつ勉強になったことを
本日はお伝えいたします。

とっても重宝いたしました「長襦袢」のこと

私の着物活動のお仲間である
Aさん

この方は将来「着物生活」をするのを
憧れて着付け教室でご一緒になった方
こちらがご縁で
着物で活動をしたいねって話が合い、
長くお付き合いさせていただいています。

いつも気持ちのよい着付け ?
人から見て、気持ちのよい着付けってあるんですよ!!

着物と帯合わせはもちろんなんですが、
スッとした着付けって
何にもまさります!

彼女と私はやはり好み、傾向が違うので
お互いになるほどーなどといって
毎回お勉強になりますが、
彼女の素晴らしいところ、
それは見えないところの心憎いおしゃれ。

これ、本物の着物美人や!


って思いました。

彼女の着付け&コーデは完璧ですが
見えないところの
長襦袢や羽織裏のおしゃれが、

これ、ほんと完璧

私はその部分の知識が薄く
今夏、彼女にいろいろと聞いたり、
見せていただいたりして
長襦袢のおしゃれ
すっごく真似したくなったんです。

和裁を習い、ご自分で「長襦袢」を作り、
私にまで作ってくれました。

こちらがまた重宝で・・・

うそつき長襦袢  というそうで
上下二部式



このようなベスト型の上部
こちらの両肩に・・・

袖をつけられるようになっているのです!!



両肩、袖をつけますと・・・
長襦袢上部  夏バージョン出来上がりなのです!!
袖は「セオアルファ」生地で作ってくれて
あるのでとっても着心地が涼やか。

付け替え可能な ほんとに便利ものおねがい


二部式下半身部分もこのような
セオアルファ生地で・・・

今夏 どれだけ着心地よかったかラブ

他の着物小物
伊達締めなんかは日本手拭いを使って
とってもしめやすいものも作ってくれました。


和裁を習いながらも
受講姿勢は
受け身ではなく能動的

自分が普段着物生活をしながら
あったらイイな!という便利ものを
さらに工夫をかさねて
もっとイイものを作りたいと言って
先生に教わるそんな姿勢も素晴らしい。

おかげで私は
いろんな便利グッズを目の当たりにしましてね
目が点になる今夏

彼女の見えないところへのこだわり

それが
ふだんの着物姿の
完璧なおしゃれに通じているんだなと知りました。

今秋、私も彼女に教わろうと
和裁にもなりませんが
替え袖の作り方、習おうと思います!!

彼女の完璧なおしゃれを
私もおしゃれ泥棒して追いつきたいウインク



スタイル・椿  京都 和のマナースタイリスト®︎木村美春がお届けします

 

「和」スタイルから  スマートに のびやかに

 

お彼岸入りしました。

さて暑さ寒さも彼岸までというように

雨だからでしょうか、

グッと涼しく感じる今日この頃です

 

 


お彼岸 = 秋分の日

でもありますので
秋もこれからどんどん深まっていきますが
秋はまたいろんなことを
始めたくなる季節でもありますね
 
私もこの秋から少しずつサロン開業へと
前進しておりますが
 
この度ご縁がありまして
11月に
能登にて
第2弾セミナー開催が決まりました。
 
今春に生まれ故郷の町の
JA婦人部様の総会後に
セミナーを行いました。
 
プチマナーレッスンとして
茶菓子のいただき方をお伝えしまして
 
京都笹屋伊織様の季節のお菓子と
JA様開発の粉煎茶を
実際に
ちょっとステキになって(私映えしていただいて)
召し上がっていただく。。。
そのような内容でした。
 
 
こちらを次は
近隣市町村のJA支部さまが
集まるイベントにて
させていただきます。
 
今回のJAさまのイベントは
聞くところによると
「クッキングフェスタ」といって
各支部から地場のカラフル野菜を使って
カラフルなお料理を作り、
持ち寄るものだそうです。
 
私は能登のおばちゃま達がどのような
お料理に仕上げてくれるのかが
楽しみで楽しみで・・・
私も今から楽しみです。
 
今度は秋。
また 美味しい秋の京菓子をたずさえて、
JA婦人部の皆様とともに
美味しいひとときを過ごしたいと思っております。
 
和菓子は美味しいもの
 
作法を知らないと食べられない、
なんてありませんね。
 
作法ばかり意識してしまうと
「味わう」楽しみが半減。
 
かと言って
美味しいからといって
一口でお口にポーンと入れてしまう
というのも味気ないものです。
 
「心」を感じましょう
 
お菓子を作った菓子職人さんへの感謝
職人さんは季節をお菓子で表します。
お客様が喜ぶ顔を思いながら・・・
 
「作ってくださった」と思うと
どのような気持ちで
これをデザインしたり
形作ったりしたのだろうと想像が膨らみます。
 
そう思うと
あの小さな和菓子1つの中にも
いろんな思いが詰まって
物語があるなぁと・・・
 
一口ひとくち、じっくり味わいたくなりますよウインク
 
和菓子&スコーン&サンドイッチ&お茶
を楽しむ「和スタイル・ティ」は
お茶を楽しみながら
私映えしてたいだきます。
 
※「私映え」とは自分の心が豊かで気持ちいいこと
 
 
このようなサロンを開きたく
ただ今モニター企画 
モニターさん募集中でありますおねがい
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

スタイル・椿  京都 和のマナースタイリスト®︎木村美春がお届けします

 

「和」スタイルから  スマートに のびやかに

 

〜モニター企画報告〜

 

 

 
モニター企画版を受けていただきました!
 
この日の「和スタイル・ティ」
アフタヌーンティのフード
チョコスコーン
チーズベーコンのパン
そして
上生菓子(鶴屋吉信さん)
干菓子・京半月(亀屋良永さん)
焼き菓子・クッキー(フォートナム&メイソンさん)
 
お花はちょっとお名前が不詳なのですが
濃い紫のお花とグリーン
を用意しました
 
さてさて
まだまだ日中は暑かったこの日
ウェルカムティは冷たいお茶から
桃のお茶です!
 
 
 
サロンの流れを説明させていただきまして・・・
それでは始めま〜すおねがい
 
まずは
じゃんけんです爆笑
 
??????
 
サロンにはじゃんけんタイムが2回爆笑
お花タイムとスィーツタイムでジャンケンあります
 
お花タイムでは
お好きなお花
お好きな器を
チョイスいたしますウインク
 
お花は相手様のためにいれていただきます!
 
1、2本、一輪挿し用の花器にさします
 
お客様から私へ飾っていただいたのはこちら
 
 
私がお客様へ飾りましたのはこちら

 
お花を飾るだけでも
お席がグッと華やかになりますラブ
 
 
 
それでは
軽食タイムルンルン
 
チョコのスコーンに
チーズベーコンパン
 
こちらには
お紅茶「ヌワラエリヤ」をいれました

フードを召し上がっていただきながら
 

かるーくプチマナーレッスンです
この日は「懐紙について」
 
 
さて
お次は・・・
 

スィーツタイムです!
画像左上
紫のもの「萩の宿」
ピンクのもの「御園菊」
 
秋っぽくてステキラブラブ
「秋」を感じていただきます
 
それではここで
2回目のじゃんけんタイムです
 
お好きなお菓子
お好きな器を選んでいただきます!!
 
 
しゃかしゃかタイム
お上手です♬
 

 

お茶がたちましたら
スィーツタイム   お好きなように
召し上がっていただきます
 
 

私もお茶たてました😃
 
季節を感じながら
あれこれおしゃべりも弾みます♬
 
 
また
別の日のもの
 
 
名月が美しい9月
月のうさぎがぴょんぴょん跳ねそう♬
 

こちらのスィーツタイムも
自分がたてたお抹茶以外に
お煎茶かお紅茶入れてゆっくり
していただきますウインク
 
このような感じで
モニター企画進め始めましたおねがい
 
回数重ねながらご意見いただき
参考にさせていただきます!!
 
今回当サロンへお運びいただいた お3方
誠にありがとうございました♬
 
まだまだモニター企画いたします
10月の予定
 
10月
  2日(水)
19日(土)
いずれも11時より13時まで(最長)
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

スタイル・椿  京都 和のマナースタイリスト®︎木村美春がお届けします


「和」スタイルから  スマートに のびやかに


お彼岸が近づいておりまーす




お彼岸とは

秋分の日を中心に前後3日を含めた

1週間ほどの期間のことをさします
初日を「彼岸の入り」

最終日を「彼岸の明け」

と呼びます


このお彼岸には亡くなられた方を偲び、

お墓まいりに出かけます


お彼岸とは秋だけではなく

春にもありまして・・・・

こちらも

春分の日を中心にした前後3日を含めた

1週間ほどの期間をさします。


「秋分」、「春分」

どちらも

1日のうちの昼と夜の時間が

同じになる日でございまして

このような時に

こちらの世界と

あちらの世界が近くなると

考えられ、

お墓まいりなど

故人を想うには

思いが伝わりやすいのだそうですおねがい


我が家では

一昨年に父、祖父母が亡くなり

節目ごとにおまいりしておりまして

おまいり毎に

「あぁ、もうお彼岸がきたんだ」

「あれからこれだけ日が経ったんだな」

なんて


故人を思い出すとともに

時の経つ速さを実感いたします。


今秋のお彼岸お参りは

我が家の都合上

早めに済ませました。


先日お墓まいりに

昨日お寺さんに来ていただき

おまいりしてもらいました


目に見えないもの

目に見えないこと

ではありますが、

なんとなーく

そういうものを大切にしたい気持ちがありまして


小さい頃

祖父母に

「お天道様が見ているよ」

なんて言われて育ったからかなぁおねがい


日頃は忙しく過ごしながらも

1年のうちの

お彼岸 お盆、お正月くらいは

家族、先祖に心を寄せたいなおねがい

と思ってますウインク