USAAF A-10グローブ | MightyEighthブログ

MightyEighthブログ

埼玉でも数少ない「革製品、フライトジャケット専門店」です。
当店では、スタッフ自らが試用し「これは良い」と思った物のみを厳選し取り扱っております。
Billkelso Mfg 日本正規代理店


テーマ:

*お客様各位

 

MightyEighthFutur共に取り置きは原則1週間とさせて戴きます。(遅れる場合はご連絡をお願い致します)

 

 

オーダーした商品はトラブル防止の為、半金頂戴致します。*お客様ご都合でキャンセルの場合、返金致しません。

*Bill Kelso Mfg及びMASH・EASTMANは完全前金となりますのでご注意下さい。(代引き不可

クレジットカードでのお支払いは、金額が異なる場合が御座います。ご了承下さい。

 

毎週金・土20時迄営業致します。日・月・火・水19時閉店です。*定休日の変更は御座いません。(毎週木は「定休日」です。店舗に居ない為、 営業時間外・定休日はお電話をお受け出来ません。ご了承下さい。) 


Bill Kelso MFG 正規代理店
Billkelsoジャケットの随時ご注文を承っております。
ご注文こちら から

 

 

1938年7月20日、US AAF(米陸軍航空隊)により制式採用されたFlying Winter Gloves, Type A-10は従来のパイロットグラブが抱えた多くの欠点をカバーする事に成功した画期的なフライング・グラブであった。

当時、一切の暖房設備を有しなかった航空機のパイロットにとってフライング・グラブは絶対の必需品であり、そしてその必需品であるグラブには勝れた保温性と高い機能性という、時に相反する二つの特性が求められた。

これらの特性を満たすためType A-10において採用された主なSpec.(仕様)として、極細ウール糸で編まれた薄手ニット地をライニングに使用する事、手首にはA-2ジャケット同様筒編みリストレットが取り付けられ、又機能性を高めるための指先重視の各指の長さ決定、各指が機能的に動くように工夫をこらしたパターン設計、そして本体には伸縮性に富み、タフであるゴートスキン(山羊革)が使用された。

結果、指先の機能性を損なわずに保温性に富んだType A-10は多くのパイロット、クルーの絶大なる支持を得、航空機の機内が密閉され温度調節が可能になるWWII後期に至るまで長く愛用された。

現在私達がグラブという物に対し当時のパイロット、クルーが望んだと同様に高い機能性と勝れた保温性を求めるならば A-10グラブは現在においても最高のグラブといえるのではないだろうか。

 

主な復刻SPEC
レザー:ゴーとスキン
カラー:シールブラウン
ライニング:ウール・ニット編み
ニット:ウール

 

Mighty Eighth 情報

 

メルマガ会員様随時募集しております

通販はこちら から

*Slow Wear Lion 取り扱っております。完全オーダーになります。


MightyEighthのブログ-スローウェア

 

オリジナルTシャツ製作いたします (オーダー品の為完全前金制)


*レザーコンディショニングオイルRED MAN’s 入荷しました。

*100ccボトル入荷しました


MightyEighth HP

オリジナルアイテム/アウトレット商品

 

〒336-0021  さいたま市南区別所3-17-6 P一台有り

TEL/FAX 048-829-7307・info@mighty-eighth.com

営業時間10時~19時・金土のみ20時(木定休・定休日・閉店後は電話に出られません)・事前にご連絡頂ければ営業時間延長いたしますビックリマーク

営業中でもお電話に出られない場合が御座います。時間をずらしてのご連絡をお願い致します。

 

フライトジャケット

Mighty Eighthさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス