マイナスをゼロに戻す力も重要だ。 | ロマンチックなSEがIT業界を変える。

ロマンチックなSEがIT業界を変える。

アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタントのブログです。
IT業界に入って15年。
システムエンジニア(SE)としての日々の活動記録。
キーワード は「右肩上がり」。
読者登録、大歓迎です。

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
こんにちは。

 

先日、与沢さんの動画を見ていました。

どれも、実践的で、リアルな内容なので、本当に頭に入ってきますし、メンタルの支えになります。

本当のどん底がどんなところで、どんなマインドで復活してきたのか。

 

こうした内容は、ほとんどどこを探しても見つかりません。

 

ダイレクト出版小川さんのポッドキャストでも言っていたのですが、MBAや経済学者の教科書には書かれていないことのほうが実際の経営では重要なのですね。

 

なぜ、従業員を雇えないか、なぜ、投資ができないか、と言えば、固定費が増えるのが怖いから。

この怖さは、実際に通帳を見ながら経営した人にしかわかりません。

 

で、今回、心打たれたのが、これ。

 「マイナスをゼロに戻す力も重要だ。」

 

株などで言えば、損切り、になります。

損切りできないと、ずりずりと損が拡大してしまう。

なので、あらかじめ決めたロスカットラインで損切りして、マイナスを小さくして、できるだけ早くもとのゼロ地点に戻す力も重要なんですね。

 

取り返そうと思って、余計にドツボにハマることがあって、それが相場から退場させられる原因になったりします。

 

ビジネスでも同じで、赤字をどこまで耐えられるか、その耐えられないラインを超えたら、すぐに撤退する、致命傷をおって、もうビジネスができなくなる前に判断して、ゼロ地点まで戻す余力を確保しておく。そして、ゼロ地点まで戻す時にふりかかってくる難題をちゃんとクリアするエネルギーを持っておく。

 

このマイナスからゼロに戻るところについて、書かれた本も見たことがありません。

ビジネスを始めるのは簡単。会社を作るのも簡単。

だけれども、復活できる範囲内で撤退してゼロに戻すのはとても難しいことなんですね。

 

与沢さんは、その難しさを言語化していて、本当に、助かりました。

 

では、また、書きます。