ハワイで感じた日本とアメリカの商売の考え方の違い | 31年の家作りで分かった 子育世代が失敗しない家作りで有名 な八戸でお洒落で温かい木の家を作る サイエンスホーム八戸・橋本英文

31年の家作りで分かった 子育世代が失敗しない家作りで有名 な八戸でお洒落で温かい木の家を作る サイエンスホーム八戸・橋本英文

営業マンとしても150家族の家づくりに携わり、サイエンスホームの
木の家で自宅を建て住んでいる
〜サイエンスホーム八戸(株式会社 橋長)の店長:橋本英文のブログ〜
木の家に住んでみたら・・・
一日の疲れを癒してくれる、ほっこりとした僕の木の家へ

ハワイで感じた日本とアメリカの商売の考え方の違い

↑今日のブログのテーマはこちら

 

 

 

NO 1835

 

こんにちは。

 

 

八戸であなただけの

木の家を建てる

 

サイエンスホーム八戸店

(株式会社 橋長)

 

”家づくりは幸せづくり”

 

橋本英文(はしもとひでふみ)ですニコニコ

 

 

 

妻や娘たちは一緒に

ハワイに行かなかったので

 

昨日は帰って初めて、

一緒の休日を過ごしました。

 

 

 

子供たちとカラオケに行ったり、

買い物中心の1日でしたけど、

 

家族と一緒の

素敵な休日になりましたキラキラ

 

 

 

 

 

 

<ハワイで感じた日本とアメリカの商売の考え方の違い>

 

 

 

 

1月6日から1月11日まで

社員旅行+協力業者さんたと

一緒にハワイに行ってきましたやしの木

 

みんなと同じ時間

上質な時間を共有させていただきましたラブ

 

 

 

2年に1度、うちの会社では

このような取り組みをさせていただいていて、

今年は旅行の年。

 

 

 

ハワイに行ってみて

海外の人の商習慣

勉強になりました。

 

 

 

日本だと、いい意味でも

悪い意味でも

 

 

お客様は神様ですおねがい

 

 

という、基本的な雰囲気が

あるように感じるビックリマーク

 

 

 

 

でも、ハワイって

アメリカだから、そうではない。

 

お客様と店員さんは、

恐ろしく対等という

雰囲気を感じましたびっくり

 

 

 

例えば、

ビーチでピクニック気分で

ステーキランチを食べようとしたとき、

 

お腹も減ってないし、

量も多いから、

 

7人で2個のランチBOXを

食べようとしたんですうーん

 

 

 

ランチBOX1つにつき、

プラスチックフォークは

1つという感じだったのですが、

 

7人で食べたかったので、

フォークあと5つくださいと

店員さんに伝えると、

 

あとプラス2個つやるよ。

と、プラス5個もらえずびっくり

 

 

 

日本の場合は

プラスチックのフォークだし、

 

通常お客様に言われたら

あと5つ渡しちゃうと思う。

 

でも、アメリカはそうではないポーン

 

 

そして、嫌な感じではなく、

自信を持って

仕事をしてる感じだったので

 

あとプラス2つやるよ。

というのにも妙に納得

 

それとも、

店員さんが日本人じゃなかった

からかなはてなマーク

 

 

 

 

チップコインという文化もそう。

 

 

ウェイターさんとか、

ホテルの部屋の掃除の人とか、

タクシーとか、

その人の働きに対して支払うもの。

 

 

アメリカだと、

人の動きに対して

報酬を払う文化なんだな~びっくり

 

 

でも、だからなのか、

レストランのウエイターさんとか、

ウエイトレスさんとか

 

自分で考えて、コミュニケーション

取っていましたし、

 

感じが良くて素晴らしかったですよ照れ

(僕が触れた人たちは)

 

 

 

あまり、サラリーマンという意識が

ないのかもしれないな~

 

接客のプロだと

自覚しているかもしれません。

 

 

 

 

日本だと、

 

サービス業。

接客業とか営業職という人の

動きには

 

お金を払わない文化だと思うな~うーん

 

 

 

 

サービスはあたりまえ。

無料が当たりまえ。

 

 

 

現物、工業製品や

農作物といったものがないと

割と納得してお金を払わないのかな~うーん

 

 

というように感じる。

 

 

 

 

どちらがいいとか、

悪いではなくて、

 

違いがあるということを

肌で感じることができましたウインク

 

 

 

 

 

さすが、観光の街だけあって、

街もとっても整備されているし、

 

なんだかとっても合理的

スピーディーだということを肌で感じます。

 

 

 

日本だと、みんなんが納得するように、

前例と根回しを大事にする文化。

色々なものが複雑になってしまっていますえー?

 

 

 

 

 

アメリカは何だか

とってもシンプルのような気がする。

 

 

良い・悪いじゃなくて、

シンプルに日本とアメリカは違う。

 

 

自分の感覚だと、

正しいと感じても、

 

相手にとっては間違い

ということも普通にあること。

 

 

違いは違いであって、

間違いではない

 

どちらも正しい

 

 

このように感じたのは、

具体的に論理的に何かを比較した

 

 

ということではなく、

その場にいた感覚ウインク

 

 

この感覚というものを

大切にしていきたいと思ったんですよね~

 

 

ハワイに行った時に、

街の景色とか雰囲気とかすごく心地よかった。

 

 

 

うちの社員も、

「ハワイ支店出しましょう。」

と楽しそう。

 

 

言葉で説明する前に、

居心地がいい。

ここ好き。

 

と思えるかどうか。

 

 

 

理論や説明は、

その居心地の良さや、雰囲気の良さ、

自分が好きという気持ち

 

言葉にして自分をより納得させたり、

人を納得させるためのもの。

 

 

あくまで、後付けのような気がする!!

 

 

 

 

 

文化、水質、雰囲気って

一朝一夕では出せないもの

 

 

かもしれないな~

と思いました。

 

 

 

僕が住宅業界に入ってちょうど10年に

なった頃。

 

そう、今から6年前に

サイエンスホームの建物に出会ったとき、

 

理屈じゃなく、

浜松で

 

サイエンスホームの

建物に入った時に感じた

あの感覚。

 

 

 

「あ、なんだろうこの居心地の良さ。

何かこの家好きだな~」

 

と思いました。

 

雰囲気感ですよね~おねがい

 

 

 

そして、うちの会社の雰囲気。

僕が目指していた

雰囲気に最近なりつつある。

 

 

ここ最近、

よく業者さんからも、お客様からも言われること。

 

 

お願い「会社の雰囲気がとってもいいですよね」

 

ラブ「明るく・仲良く・そして、仕事が楽しそう。」

 

 

うちの会社の文化

 

それは、

 

”家づくりは幸せづくり”

を中心に置いた

”和と成長”の文化

 

 

 

今回の旅行でそれを

改めて、皆で共有する機会と

なりました。

 

 

 

 

これから、

2020年の現場が始まります。

 

今年もよろしくお願いいたしますひらめき電球

 

 

 

 

今日はここまで、

明日もよろしくお願いいたしますウインク

 

 

 

 


 

 

 

木の家を建てるなら…

サイエンスホームを一度ご覧になってみてください。

真壁造り全国NO1のサイエンスホームの木の家。

”懐かしいのに新しい”そんな言葉がよく似合います。

グッドデザイン賞2014、2015連続受賞

 

 

 

 

▪️サイエンスホーム八戸のInstagram

https://www.instagram.com/sciencehome_hachinohe/

 

 

▪️橋本英文のTwitter

https://twitter.com/J123k

 

 

▪️サイエンスホーム八戸のTwitter

https://twitter.com/science_5235

 

 

 

 ■サイエンスホーム八戸のFacebookページ

https://www.facebook.com/sciencehome.hachinohe

 

 

■サイエンスホーム八戸(株式会社 橋長)

http://sciencehome-h.co.jp

 

 

■サイエンスホーム

http://www.sciencehome.jp/

 

 

■まいぷれ八戸のサイエンスホーム八戸のページ

https://hachinohe.mypl.net/shop/00000350442/

 

 

■suumoネットのサイエンスホーム八戸店のページ

http://suumo.jp/chumon/tn_aomori/rn_sciencehome/149750_0060/