以前から会いたいと思っていた人によく会えます。中でも、この人との出会いはまったくの偶然で、思い返してみても不思議だなと思います。

 

 その人は、山梨県在住のYさん。高校の先生をしています。富士山のふもとで穏やかに暮らすYさんを知ったのは、高城剛さんのPodcastでした。



(高城剛さんの本はほとんど読んでる!)

  


 14年間続けているブログでの発信が高城さんのスタッフの目に留まり、Podcastにゲスト出演されたのが2017年。

 その音声は期間限定公開だったものの、私の周囲にも強烈なインパクトを残してたびたび話題になりました。それだけ、Yさんと高城さんの対談が面白かったのです。


 しかしながらYさんは現役の学校の先生で、仮名で身元を明かすことはなかったため、「この人に会ってみたいな」と思いつつ、どうせ無理だろうとあきらめていました。

 

 すると、それから3年近く経った頃、急に知人の紹介から会えることになったのです!

 しかも、すっかりYさんを忘れていたころに、知人のほうから話題が出て、トントン拍子にお茶することが決まったのでした。

 

 Yさんが東京にきたタイミングに合わせてお茶と食事をご一緒したのですが、経験と知識が豊富な彼の話はあまりに面白くて、初対面にも関わらず、5時間くらい話し込んでしまいました。

 中でも、「出口王仁三郎の耀椀」を持参してくれ、そのお茶碗にまつわるエピソードが強烈な印象を残したのです。

 

 大学時代に国文学を習っていたYさんは、ひょんなきっかけから、京都の綾部や亀岡に構える大本教を研究することになり、中でも開祖である出口王仁三郎が晩年つくったという茶碗に惹かれたそうです。

 そして、いつか茶碗を手に入れたいと思っていたら、それから間もなく手にするチャンスにめぐまれ、人呼んで「耀椀」とよばれる独特の美しい色合いをもつ茶碗を所有することになったのです。


 

 実際その茶碗を見せてもらったのですが、「十和田」と名づけられた、深い青と緑が美しい茶碗は吸い込まれるような存在感を放っていました。そんな美しい茶碗で飲む水は、格別に美味しく感じられたのです。

 


 茶碗をしげしげと眺めていると不思議なことに気がつきました。よく見ると、茶碗の表面に小さな穴がたくさんあいているのです。

 Yさんに聞いてみると、それは出口王仁三郎が茶碗をつくっているとき、ひとつひとつ穴を開けたものだそうで、驚くことに、彼は祝詞をあげながらその作業に没頭していたのだそうです。まるで祝詞の呪文を、茶碗に封じ込めるかのように。


 

 その話を聞くと、より一層茶碗が異彩を放って、まるで独立した意思をもっている存在に感じられて、全身が総毛立つ思いがしました。

 彼の気迫が、強い思いが、この茶碗を手に取り、そして茶碗で液体を飲み干す人たちに染み渡るような気がしました。


 

 考えてみれば、茶碗に限らず、こうした美術品はかたちあるものとして後世にのこり、時が経つほどに価値が増していきます。

 それは金銭的な価値とか値段ということだけではなくて、耀椀のように人から人へと渡り、そこで液体を飲み干す人が増えるたびに、出口王仁三郎の思いが、気迫が、魂が、人に伝わっていくという価値も含めてです。


 

 実は最近私のまわりで、アーティストになる人、芸術の世界に足を踏み入れる人がとても多くいます。

 たとえばYouTubeやブログなどで発信活動をしているフリーランスの男の子が絵を描きはじめて個展を開いたり、トップ営業マンを経てコンサルタントとして独立した女性が歌をはじめたり、2児のお母さんだった女性がある日突然占い師になり、そして絵を描いたり歌を歌いはじめるというように。



 

 こうした芸術的な活動というのは、自分をありのままに表現するための究極の方法で、とても純度が高いものなのかなと思います。


 私もこうした本を書くこと以外に、時間が経てば経つほど価値の増すものを生み出してみたいと思っています。

 それがどんな方法なのか、いつそれをやるのかは分かりませんが、出口王仁三郎の耀椀との出会いからまたひとつ、人生の新しい扉が開いたようです。















 
 
お問い合わせや、仕事のご依頼などは

メール、またはホームページからお願いします。

info@andomifuyu.com(メール)

http://andomifuyu.com/(ホームページ)



安藤美冬(miffy)のプロフィールなどはこちら

http://andomifuyu.com/

 

 

【音声配信】

毎朝7時更新!

miffyのコーヒーブレイク(人生相談)」

https://is.gd/kZFFJZ

質問も随時受付中です。

メール、またはコメント欄までお願いします。

 


【お知らせ】

noteにて、別ブログを準備中です。

フォロー受付中!

安藤美冬(miffy)のnote



YouTubeチャンネルを準備中です。

5月のスタートまで登録してお待ちください!

安藤美冬(miffy)YouTubeチャンネル