古典の臨書は、時間を忘れ、ひたすら書く事が出来る至福のひとときです。


でも…其れはお気に入りの古典のお話し。


以前から苦手な

 褚遂良さん。


全体的に細く抑揚のある線。

でも、チョコチョコっと筆圧をかける箇所があったり…


一筋縄ではいかない用筆に加え、好みの古典ではないので、避けてきました。


それが、最近の不二誌課題は枯樹賦になり、書かざるを選ない状況です。

昇段試験にも合格し、ふぅ~と安心していたら、また今月号も
枯樹賦の課題です💨


枯樹賦の特徴の1つとして、旁が右下がりになるので、バランスが崩れ易くなります。

数年前、検定の講習会を受講した際に中央審査員の先生から【枯樹賦の勉強をすると良い】とアドバイスを頂き

直ぐに購入した拡大法帖です。
当時の私は、逆筆や細い線が苦手(法帖から読み解けなかった)だったので、毛筆検定1級を目指すのであれば、『枯樹賦でもっと勉強しておいで』という意味で仰って頂いたのだと思います。

サムネイル

今の私に必要な古典は何でしょうか???


再度、講習会が開催されたら、質問してみたいです。



お教室に通われている方は、先生に勉強しておくべき古典を尋ねるのも良いてすね😊

   書に関する
些細なご質問、ご相談、何でもとうぞ!
HPお問合せ欄から
お待ちしております。  


https://尾崎美和子.com