初めに、マンガ版も映画版もネタバレなしです。

 

私は読んだこともないし見たこともないのでただのネットの受け売りです。

 

 

鬼滅の刃 という漫画が日本で大人気らしいですね。 その映画版が公開されるや否や空前の大ヒットだとか。暗い話題が多い中、映画産業には明るい兆しではないでしょうか。

 

 

 

さて、その映画版はアメリカでも公開されるらしいですよ。

 

アメリカ版は、Demon Slayer ~Mugen Train~

 

公開予定は2021年(来年)2月。

 

ただ、現在はアメリカ国内で映画館って、開いてるところはかなり少ないのではないでしょうか。 イリノイ州はほとんど閉まってますし、いつ再開されるのかも未定。従って公開予定ももしかしたら先延ばしになるかもしれませんね。

 

 

 

声の吹き替えをやった俳優さんも発表になってるし着々と公開に向けて進んでる感じはするんですが、一つ気になる事が。

 

 

アメリカ版の年齢制限はどうなるんだろう、ってこと。

 

 

 

鬼滅の刃って、残酷なシーンがあるらしいですね。

 

 

日本の映画版はPG12 (12歳以下は親の判断で鑑賞できる)ということでした。ネットニュースでも、その他たくさんの日本のブロガーさんでも「子供が小さいから見せようか迷ったけど見せた」とか「見せようか迷ってる」っていう人が多かったみたい。

 

でも比較的、緩い年齢制限の日本でPG12という事は、厳しいアメリカの年齢制限ではどうなるんだろう・・・。

 

正式なレート決定はまだまだ先なので、あくまでも個人やレビューを書いてる人の意見のみですが、現在ネットで検索してみると、

 

PG13かも」(13歳以下は親の判断で鑑賞可能)

 

Rかも」(大人同伴なら17歳以下も鑑賞可能)

 

 

いやいや、

NCー17だ」(17歳以下は大人と来たとしても鑑賞すらできない)

 

 

 

見解は分かれてました。

 

 

ちなみに、PG13の映画っていうと、ハリーポッターシリーズ、アベンジャーズ、バットマン、タイタニック、新しいところでは実写版ムーラン、スターウォーズ。

 

R指定の映画と言えば、ロボコップ、ダイハード、ショーシャンクの空に、It、エクソシスト

 

 

NC-17は、あまり見かけたことがないです(ここまで行くと商業的に成り立たなそう)

 

あとテレビでのレートと言えば、

 

日本で幼児に人気のスーパー戦隊はこちらのテレビでY7(7歳以上の子が見るのに適している)、スポンジボブもY7.

 

日本のくれよんしんちゃんは、TV14で(14歳以上向け)、アニメチャンネルの深夜放送枠でした。

 

 

私はネットで見る限り、 Rかなと思うんですが、RよりPG13のほうがお客さんが来るだろうから、その方がいいよなぁ。でもハリーポッターと同列にできるのだろうか。

 

 

これらを踏まえて、どうでしょう。日本の皆さんは、アメリカ版がどのあたりにレートされると思いますか?

 

 

日本版の映画予告編です ↓

 

 

 

 

 

サンクスギビング・ディナーは日系人的な?感じで終わりました。

 

過去には大きなターキーやハムも焼いたりしてきましたが、

 

やっぱり子供が久々に帰ってくると好きなものを作ることになりますよね。

 

と言うわけで、アメリカの感謝祭なのに、

 

 

鶏のから揚げとか・笑

 

 

 

チキンカツ。

 

 

あと夫のリクエストでオニオンフライ。大量の揚げ物、久々に2時間かけて揚げたというね・笑。

 

フライと言えば、夫と長男は塩で、次男はブルドッグソースを掛けて食べるんですが、オニオンフライはハニー・マスタードを掛けて食べたらめちゃくちゃおいしかったです。オニオンはまた揚げよう。

 

 

アジア系アメリカ人学生率0.5%の長男の大学では、学食はほぼほぼアメリカンなので(たまに冷凍の餃子が出るらしいが)、アメリカンなフライドチキンがあったとしてもやっぱり唐揚げが恋しいらしい・笑。 「唐揚げのために帰ってきた!」って言うくらい唐揚げが食べたくてしょうがなかったので大満足だった模様。そういう所は日本人ぽいね。

 

 

 

特別なサンクスギビングとは言え、あまり食べすぎてもいけないので当日この夕飯1食だった私はこんな感じで

 

 

セロリ、ブロッコリーとキュウリのバルサミコ酢掛け。オニオン・フライを2個、チキンカツ1個。唐揚げは長男に取っておきました。 それと野菜のグリル。あと、ディナーロール。 ご飯のほうが良いかなと思ったけど、ご飯を炊いたら普通に普段の夕飯だから(笑)、とりあえずロールを焼いて。

 

特別感もアメリカンな感じもあんまりないメニューだけど、このご時世、家族全員で同じ夕飯を食べられることに感謝ということでね。

 

デザートはパンプキンパイ。

 

 

 

と、若干フィリングが残ったので

 

 

冷蔵庫にあったクリームチーズで、急遽チーズケーキフィリングを作って混ぜて焼いてみた。

 

ちゃちゃっと適当に作ったけどおいしくできた。良かった・笑

 

パイ生地の焼き加減がパンプキンパイとパンプキンチーズケーキで違うのは、冷凍パイシートと冷蔵パイシートの違い。同じオーブンに同時に入れたので冷蔵のほうが焼けすぎてしまった・恥

 

 

夜のデザートのために朝・昼ほぼ絶食だったのでちょっとハメをはずして

 

 

大好きなホイップたっぷりにしてみたけど、こんなにいらなかった~。

 

ホイップみたいのを食べるのは6月の夫の誕生日以来なので、久々に食べるとずしんっと来ますね。 

 

 

そしてサンクスギビングと言えばブラックフライデーセールですが、今年は誰も欲しいものがないらしくお店には行かなかったです。冷やかしに行くにしてもコロナ禍で人混みも嫌なので、結局、終日家にいて夕飯のために運動したりテレビを見たりすごくのんびりした休日でした。

 

 

さて、週明けからは長男が大学のリモート授業、感染が増えてきたため完全リモート授業になってしまった次男も同じくリモートです。期末試験も始まるので最後まで気を抜かず駆け抜けてほしい・・・。

 

11月もそろそろ終わり。来週には12月に入りますね。

 

 

そして先日、今年の紅白歌合戦の出場歌手の発表がありました。

 

アメリカでは有料ケーブルチャンネルのテレビジャパンで紅白歌合戦を見ることができます。 日本と同時放送が早朝から、そして再放送が夜。なんと2回も放送してくれるんですよ~。(夜の放送を見ていると、気が付かないうちに年を越してしまうのでたぶん西海岸時間に合わせて放送している?)

 

在米も20年以上になってくると、日本の歌を聴くのも楽しみになりますよね。なので毎年拝見してるんです。

 

アメリカから見れるなんてすでに贅沢の極みですが、欲を言うならただ一つ。ただ一つ希望があるのです。
 

それは、アニメやスポーツをバックに歌を歌わないでほしい、という事。

 

アメリカではアニメやスポーツの放映権は別の会社にあるのでこちらでは流せない場合が多く、その際はずっと静止画像で声だけ聞こえるというなんともつまらない画像が延々と流れてるわけです。

 

去年の紅白で言えば、LiSAさんが歌ったアニメの主題歌。たぶんバックでアニメ映像があったのかLisaさんの歌声だけが流れ、画像はご本人のプロフィール写真が曲の間中出されている。

 

探したらあった。初めて見た・笑。

 

 

 

 

 

 

 

そしてスポーツではラグビーワールドカップで盛り上がった2019年。そのテーマソングを歌った歌手(リトグリ?)の時も静止画。
 

途中の企画もワールドカップだったので見れない。

 

ちなみに、氷川きよしさんのドラゴンボールの歌はアニメ映像がなかったのでたっぷり見ることができました。

 

 

100歩譲って曲と曲の間の企画はしょうがないにしても、歌とのコラボは止めてほしい。ずっと静止写真て、結構つまらないです。生で歌ってようが動く歌手が見れないのではCD聞いてるのと同じになるし。

 

今年は本来ならオリンピックイヤーだったので、見れない部分も多かったのかなと思います。もちろんオリンピックの放映権はアメリカではNBCオンリーなので、絶対流されません。来年はほとんど見れない?みたいな感じになるのかな。

 

とりあえず今年の分、LiSAさんの「炎」は、どうにかアニメとのコラボなしで見たいです。お願いします!!

 

もし、歌の間にVTRやバックスクリーンでスポーツやアニメが流れてたら「アメリカでは見れてないな」と思ってください・笑。

 

あ、三山ひろしさんのけん玉は見れてます・笑。 あれ、スポーツのくくりで良いのかな?