他人って厄介な存在だけど

自分を知ることができるのは
他人の存在があるから。


そんな話をオープンカウンセリングで
していました。


以前たくさんの方に読んでいただいたこの記事を
再掲しておきますね。

よかったら読んでください。



こんにちは
心の根っこに灯りをともす心理カウンセラー
志緒村亜希子です。


人と関わるのが面倒かつ怖かった頃
都合のいいところだけやり取りして
あとは放って置いて欲しかった。

そのくせ、成長したり
いろんな人の考えに触れたくて
本を読んだりセミナー行ったり(聞くだけでサッと帰る)
ドキュメンタリー番組を見たり

結局興味があるのは、「他人」だった。



めんどくさい。

人と関わることが。

どうせ素の私ではいられないし。



めんどくさい。

人と意見や気持ちを交わすことが。

どうせちゃんと理解できないし。




めんどくさい!!

自分を表現しようとすることが。

どうせ誰にも分かってもらえないし!!!



そんな感じで強烈に拗ねて怒っていた。




一方で、こんなに自分はとても愛情深くて

人の痛みも分かるし

なのにどうしてこんなに孤独なの?

って神様を恨んだりした。

救いようのない悲劇のヒロインだった私 (恥)





どうして他人なんかと関わらなきゃいけないんだ

めんどくさいんだよーーー!!!

って。

もう傷つきたくないんだよーーー!!

どいつもこいつも!

って、心が泣いてた。




あれから。


どういう道を通ったのかはもう正直覚えていない。


ただ、強烈に拗ねていろんな人を敵に回して

関係を壊してすったもんだエンヤコラさ

それでも何かにチャレンジし続けて

自分の言葉で表現することを諦め切れなくて

ブログも何度もID取ったり。


気付いたら「素の自分」ってヤツに
近づいていったような、気がする。



そして覚えていないながら、

結局、人は人と関わることで

魅力や才能や使命を知っていく

ということを何となく理解していった。




一人では生きていけないというのは

何も物質的なことだけではなく

成長するために、笑いの絶えない人生のために

「他人」は私を救ってくれた。



ネットの人間関係でもいいと思う。

それがあなたに真剣に関わってくれる存在ならば。


でもまずは最初に、自分が自分に真剣かどうかを問いかけよう。


自分の人生を生きる

もう誤魔化しはやめたい

そう決めてから

周りの人間関係は変わってゆく。


と、私は思う。



他人と関わることが面倒なあなたへ。

どうせ誰も本当の自分を理解してくれる人は

いないと思っていませんか。

それ実は、あなた自身が一番自分を

「こんなはずじゃない!」って

信じていないだけなのかもしれません。



他人と少しでも関わる時間を増やしてみてね。

最初は上手く行かない。

どうせ分からないでしょ?と思いながら接するから。



けれど段々周りの人たちはきっと、

あなたの魅力や才能を教えてくれる存在であることに

気がついていくかもしれません^^



あなたを待っている人がどこかに必ずいる。





■ どうして他人なんかが必要なんだ~!


より。




IMG_20160229_222056824.jpg

哀愁の背中