釜山トイレ紀行 デジカルビの夜 | みどりの丘歯科医院 院長ブログ

みどりの丘歯科医院 院長ブログ

『治療から予防へ』
『361/365日はあなたがホームドクターです』
をコンセプトに歯ブラシの処方を行い、ホームケアへつながる新しい予防の形を提案しています。みどりの丘歯科医院の院長ブログ。
日々の出来事や、歯に関する情報などを綴っています


テーマ:

今日もまた新しい週が始まりました。子供たちは夏休みです。が、まだ釜山について書ききれていません。続けて行きましょう。

一旦ホテルに戻った後、夕食にまた街へ繰り出すことにしました。妻がお店への道順をフロントで確認しました。このホテルもフロントの担当者は日本語が流暢でした。目的はこれまた前回も行ったデジカルビの銀河カルビという店です。鉄板の上にアルミホイルをおき、そのアルミを絶妙にタレがこぼれないようヘリを折って肉をタレで煮込み焼きにしていきます。薬味も数種類用意されており、お好みで好きな薬味を葉野菜(名前を忘れました)で包んで食べます。肉だけで食べるより食べやすいです。肉に味が染み込んでいますが、これにちょい辛い味噌を付けると、これまた食が進みます。合わせて韓国味噌汁も注文しました。この味噌汁と白飯の相性は抜群です。日頃ならこれだけで十分です。みんな満腹。散歩がてら地下鉄で移動した後、ロッテマートへ。ここでお土産用のお菓子などを購入しました。すでに9時ごろだったかと思うのですが、なぜか韓国の市民は普通に買い物をしています。そう言えば、ソウルに行ったときは夜間に服屋が開くところもあります。10時ごろ多くの人が服を物色、なんで夜になってからわざわざ服買いに行くんやろ?私には不思議な光景でしたが、現地では普通なのでしょうか?韓国は概して夜行性です。さすがに地下通りの店は閉まっていました。この度は残念ながらトイレ紀行になりませんでしたが、次回にはまたトイレ事情をご紹介しましょう。次回へ。

takatakaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス