ポスト詰め込み型教育? | みどりの丘歯科医院 院長ブログ

みどりの丘歯科医院 院長ブログ

『治療から予防へ』
『361/365日はあなたがホームドクターです』
をコンセプトに歯ブラシの処方を行い、ホームケアへつながる新しい予防の形を提案しています。みどりの丘歯科医院の院長ブログ。
日々の出来事や、歯に関する情報などを綴っています


テーマ:

今日は下関は快晴でした。久しぶりの土曜休診日でしたが、スケジュールが意外に詰まっていました。明日、小学校の運動会ですので次女も学校、せっかくの休みなのに朝寝もできませんでした。明日なんとか天気がもつことを祈っています。そして娘にとって、いい思い出が1つまた増えることを願っています。

今日は、久しぶりに琉球大学の先生たちとランチをご一緒させていただきました。今後、小中学校に導入を検討されているインチャイルドレコードについてどうやってスタートまでこぎつけて行くか、という話がありました。歯科医療にしか携わったことのない私には少々難しい内容もありましたが、新たなモノが世の中に広がっていく過程をとても近いところで見られるのはやっぱり興奮します。正しく導入され、うまく運用されたらきっと教育の現場にイノベーションが起きると思います。大袈裟ではなく、従来の日本の教育システムの大きな転換点になる可能性があると思います。何度かご紹介していますが、ドラッカーは著書の中で今後の働き方、ポスト資本主義など様々な提言をされています。今後、先進国の中心層は「知識労働者」です。知識そのものは大きな価値があるわけではありません。知識を持った人こそが企業あるいは社会にとって財産なのです。ではどうやってそのような人材を育てていくべきか?知識の詰め込みではもう限界がきています。国も様々なデータから学力の底上げを試みていると思いますが、今の緊急の課題はどれだけ内容を盛り込むかではなく、どのように教育するかではないでしょうか?ですから「ゆとり」からの方向転換だけでは改善は限定的だと思います。教育は現在の問題だけではありません。将来にも大きく影響します。以前子供に言った事があります。「勉強なんかしたって将来役たたんやん、ていう子はおるけど、あのとき勉強せん方が良かった、ていう大人は聞いた事ないで。たいがい、あの時もっと勉強してたら良かった、て言うてるな。お父さんも含めて」

takatakaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス