みどりの丘歯科医院 院長ブログ

『治療から予防へ』
『361/365日はあなたがホームドクターです』
をコンセプトに歯ブラシの処方を行い、ホームケアへつながる新しい予防の形を提案しています。みどりの丘歯科医院の院長ブログ。
日々の出来事や、歯に関する情報などを綴っています


テーマ:

今日は第2週目の土曜日、本来は休診日ですが先週連休を取ったので今週はその振替で半ドン診療でした。どうも土曜日の診療は半ドンの割には疲れます。でもなんとか今週も無事診療を終えることができました。感謝!

夕方から長女の通っている塾で中学受験についての説明会がありました。またしても妻は出張、私が出席することに。絶対、塾の先生は「あそこは父親が教育熱心なんやな」と誤解していることでしょう。しかし、参加するといい話が聞けることも事実です。どこの家庭も同じような悩みがあり、自問自答しながら子育てしていることがわかります。つい子供に「ほんまに受験する気あるんか?」と言ってしまったり、「したくないならやめたらええ」と突き放してしまったり。どこの家庭でも同じようなやり取りがされているようです。そんな時は正直に言った方が良いらしいです。「親としては頑張ってあそこに入学してもらいたい。きっと充実した中学高校生活が過ごせると思うで」みたいな感じでしょうか?簡単なようでなかなか言えません。私自身、中学受験をしていません。そのためよく分からないのです。本当にそれが良いのか、やっぱり親も悩んでしまいます。こんな話もありました。その先生は受験前、生徒にこう言うらしいのです。「こうやって受験できる事を感謝しなさい。それは君の努力もあるけど、支えて応援してくれた親のおかげです。帰ったら恥ずかしいかもしれないけどお母さんにありがとうと言ってごらん。どうしても恥ずかしいなら、言葉にしなくていいからお母さんの背中に向けて頭を下げなさい」ちょっとグッときました。いつか我が子がそうしてくれたらいいなぁ、という思いとかつての自分の受験を思い出してしまったためです。確かに受験前はそんな余裕もありませんでした。なんとか大学に滑り込みセーフで合格し、初めての一人暮らしを始めた頃です。ホームシックもあったのでしょう。誕生日に母から一万円が送られてきました。添えられた手紙を読みながら涙がこぼれました。その時心から「ありがとう」と感謝の気持ちが湧いてきました。第一志望ではなかったので、入学後もちょっと腐っていたいたのですが、その自分が情けなく、ずっと支えてくれた親の気持ちが少しだけわかった気がしました。娘たちもこれから、もう少し大人になってからでいいので、そんな気持ちを感じて欲しいと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

takatakaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。