みどりの丘歯科医院 院長ブログ

『治療から予防へ』
『361/365日はあなたがホームドクターです』
をコンセプトに歯ブラシの処方を行い、ホームケアへつながる新しい予防の形を提案しています。みどりの丘歯科医院の院長ブログ。
日々の出来事や、歯に関する情報などを綴っています


テーマ:

今日は休日。いい天気でした。

子供たちはエレクトーンの練習とのことで休みもなんとなく用事が入っていました。

迎えにいった後、子供たちの熱いリクエストで久しぶりにカラオケに行ってきました。

小さい時はアンパンマンやみんなのうた的な選曲でしたが、今ではすっかり一人前の歌ばかりになりました。

長女は、学校の道徳で習った、とのことで「トイレの神様」を2回も歌っていました。

あの歌、感動するんですよね。

ホントにおばあちゃんとの関係性が描写されていて、歌詞を追いながらジーンとしてしまいました。

なぜ、おばあちゃんは病室に見舞いに来た孫娘を「もう、帰り」と言ったのでしょうか。

長く居ればお互い寂しさと辛さだけが残ってしまうからでしょうか。

あるいは「もう、十分だから自分の人生を歩みなさい」というメッセージだったのでしょうか。

正直その祖母の心情はよくわかりません。

どうしてもこの歌を聞くと、私個人は祖母ではなく母の事をオーバーラップさせてしまいます。

母は最後の時、どんな心情だったのだろうかと。ベッドサイドで見ていても分かりませんでした。

母自身はもっと生きたい、という気持ちをすでに吹っ切っていたように感じました。

人は人生の最後、少しづつ持ち物を手放していくのだと思いました。

お金や財産はもちろん、生きたいといった感情も。

この中にはあるいは家族も含まれるのかもしれません。

全て捨て、自分自身をも捨て去って初めて安らかに旅たてるのかなぁ、と思いました。

残された家族はもちろんまだまだ生の執着の中にあるので辛いですが、案外本人は落ち着いた静寂の中にあったのかもしれません。

子供のカラオケで目頭を熱くしている父親は、側から見ると相当イタイ親バカに見えた事でしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

takatakaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。