今日の記事はつぶやき記事なので
どうでもいいことです 笑


私は占星術が大好きでたまらない。
でも、ときどき占星術が
無性に面白くないと感じることがある。


大好きなのに
占星術を仕事にしてやっていくことも
とても嬉しいのに
なのに時々襲ってくる
占星術を仕事として活動することに対する
拒みみたいな感情。


一体なんなのだろう?と
今回じっくり自分のその感じていることを
言語化する手法を使って
心の声を引き出しみた。


この手法は
心の奥にあるモヤモヤと感じてることを
フツフツとしてるものを破って
身体から言葉を掬い出す感じで
出てきた時にはスッキリすると同時に
結構、驚くことがある。



占星術について
この手法で言葉を掬い出していくと

今回も驚く内容が
私の心から出てきた。


占星術を真面目にやりすぎるな!!
占星術を実用的にしすぎるな!!
占星術を現実活用しすぎるな!!
なんのための占星術なんだ!!

占星術には占星術の役割がある。
現実に閉じ込められて窮屈な心を
イマジネーションを広げて
魂の領域に広がるものなのに
その喜びを忘れすぎてはならない!!


忘れてしまうほど
現実に占星術を活かそうとしすぎるな!!


イマジネーションを広げ
心の物語を創作するものなのだ。


とかとか。


こんな言葉が大行列(´⊙ω⊙`)


なんだってーーー?!

掬い出してる本人が
一番唖然とするわっ!と思いつつ
でも、すっごくスッキリというか
あーーーー!!
そうか!だからかーーー!!っていう
納得感と。


でもその後、結局
自分のホロスコープの配置と繋がってる言葉だと
気がつき、、、
簡単なのに、なんか凄いなこの手法としみじみ。



ほんと、スッキリしたんですよね。


あっ、誤解のないようにお伝えしておきたいのですが
これは、占星術を実用的に活用しない方がいいとか
占星術を実用的に活用している方がどうとかの話ではありません。


私にとって占星術は!という話です。
そして、実用的に活用しちゃいけないという事ではなく、実用的活用しよう!!と意気込み過ぎて
私が本来大好きな占星術の姿を忘れちゃダメだよと言うことを私自身が私に伝えてるということです。



私は占星術の現実という枠を超えて
自由に色々と考えられることが大好きなわけで。
あまりに現実的に活用しようとしすぎると
それは、フィクションだからこそ創作できる
面白さがあるのに、それを消してしまう事になるんだなと思いましたです。


フィクションにはフィクションの面白さがあって。
ノンフィクションにはノンフィクションの面白さがある。


現実に活かさないということや
活かせない占星術ということではなく
活かそうとすることに囚われないという事ですね(*´∇`*)



現実的過ぎないから
作り出せる現実へと繋がる物語も
あるわけですもんね(o^^o)



いやー。
それにしても
この身体から言葉を掬い出す
この手法の凄さには
毎回びっくらこきます 笑


言語化の講座なんかで
今度使ってみようかなと思います❤️











今日、新しく作るサイトやブログのネーミングを
色々と考えていた時に
自分の昔のことを振り返っていて。


どうでもいい
つぶやきです。


私は絵心がなくて💦
その中でも大好きだったのが
ハートだった。


今も文章で魂の〜とか書くより
心の〜○○と書く方が自分の中で
しっくりくる感じがあって
でも、感情ではない。


感情と心は私の中で少し違っていて。


じゃあ、心と感情と魂の違いって何だ?と
考えていたけど
私も一応、母でもあり妻でもあるので
そんな事ばかり考えておれず
現実の世界に戻って
日常のあれこれしていたんだけど。



夕食の時
娘と色々と話をしていて
娘に自分の昔のアルバムを見せようと思い
アルバムを見ていて、、、
結果、自分の大切なことを振り返ることになった。



面白いね。
人生って。


娘はとても斜に構えてるタイプなのに
意外にも男好きだ 笑


音楽も大好きで
あの子達の世代は私達の世代の音楽を
結構好むんだなぁと思っていて
そんな話とかしている中で
私の中学の男友達は結構、他校からも
人気になったりするほどカッコいいと言われる子達が
多かったので、普通に興味本位で娘に
自分の中学時代の男友達の誰を娘はかっこいいと思うのか?と知りたくて
アルバムをコソコソ取り出していた時。



高校の時の応援団の写真を見つけて
ハッΣ('◉⌓◉’)とすることになるという。



私が通ってた高校は
体育祭の応援団に力を入れていて
応援団に入るかどうかは
その高校の中では重要なテーマだった 笑


普段、高校に来ない先輩も
この体育祭や文化祭は
力を注ぐみたいな 笑


とにかく重大なイベントだったわけだ。



んで、私は高校3年のときに
応援団の副長になるんだけど。


赤、青、黄色、白と組で分かれて
それぞれに応援団の衣装として
特攻服?系にするわけだが
衣装の背中に自分の名前と
自分の名前を加えた自分なりの言葉を書くのね。


娘にたまたま中学の時の男友達の写真を見せようとした流れで自分の高校の時の応援団の時の写真を
見る流れになり、、、


これがその写真。
※他の友達は名前も出てるからカット






その背中に書いてある文字は
美魂心翔





高校の時から
今伝えたいことを背中に背負ってた 笑



そんでもって
娘の名前は
美しい心で、美心
 

息子の名前は
心をひとつにするという意味の
一心不乱の
一心(いっしん)


美魂心翔
美しい魂ここにあり
今ここに心翔く
この時、この文字を書いたことを思い出した。



高校の時なんて
スピリチュアルなことなんか
全く知らない。


そんな中でも
この文字を選んでた。



そうだ。
魂という天の命は
心という器に降りることで
この地上を大きく翔ける。



自分にとって大切なことは
ちゃんと刻まれてる。
そしてそれは過去からもちょくちょく
顔を出す。



ふとしたところで、、、








 

 

こんばんは!みどりです☆

 



水瓶座に土星木星が入り

約3か月ほど経ちますね。



 

5月には一度木星は魚座へと入っていきます。

この時期に、少し木星土星水瓶座時期に

行われてきた【いろいろな新しいこと】や

【未来イメージ】【人間の普遍的な理想像】みたいなものが木星が魚座に入る時期から

少しずつ動いてくるのかな?という感じがします。



 

水瓶座は【風の星座】

風は知性、思想、理念、考え方、意識などを表すから

まだ実体までは降りていってないんですね。

 

 


水瓶座の理想や考えたことは

魚座に手渡されて、ようやく【実体】へと

移り変わっていきます。


 

頭では分かっているけど

心が追い付かないという事があると思いますが

これは、風的星座が強い時の状態。




 

頭で考えていた事が

実際の感情や心なども伴ってくる状態に移っていくのが風から水への移行です。



 

頭で考えていたことが

段々と自分自身の感受性と繋がってくるというのが

風→水のプロセスです。




それにより頭で考えていたことを

自分の生き方や自分自身そのものへと

移り変わっていくことによって

実際の自分の心模様も変わっていくことで

そこから動きが始まっていきます。


 

 

水瓶座はここまでの社会、今の実社会という土壌では

なかなか育たなかった種(理想、夢、想い、思想)を

迎え入れる未来の土壌を耕す役割があります。



 

そのためにまだ今の社会から切り離された場で

わざわざ”新しい土壌”を創造するんですね。



 

知性、考え、思想という形での【風の土壌】を。




 

 

そして、魚座はその土壌が【次なる実社会の土壌へとなるように】夢が現実へと移行するように

ここまでの土壌を洗浄していきます。

 

 

そうやって、次の新しい種である【牡羊座】という種が育つ場を作っていくのです。

 

 



牡羊座という新しい種にとって

水瓶座は大地を耕してくれ

魚座は生みの母であるわけです。



 

 

東洋思想では(二十四節季、陰陽五行など)

水瓶座や魚座の季節は

新しい種、意志、未来の基盤づくり

新しい種子が生まれ生命力を蓄えていく時間です。


 

 

2016年の少し古い記事になりますが

この水瓶座の新しい種を迎え入れる土壌を耕す事について記事を書いていますので

水瓶座という星座についてもう少し深く知ってみたい方はぜひ参考にしてみられてくださいね☆

 

水瓶座・天王星は・・・~新しい種がすくすく育つための土壌を肥やす | MyStyle MyLife~わたしStyleで大切なものを大切にする生き方~ (ameblo.jp)

 

水瓶座火星と牡羊座天王星☆自分という種をより育てるために大地を耕す | MyStyle MyLife~わたしStyleで大切なものを大切にする生き方~ (ameblo.jp)

 

 

12星座について

4月か5月辺りに

動画講座を配信しようと思っています。

 

その後、勉強会などで

これまでの12星座を学ぶという所から

12星座の性質を発見していくという勉強会をしたいと思っています。

答えを教えてもらうという所から答えを発見するという所へ向かう

そうした勉強会をしたいと思っています。