7909:改めましてご報告いたします。 | ゴリィ【轟RADIO:唄うクイズ作家・唄う防災士】

ゴリィ【轟RADIO:唄うクイズ作家・唄う防災士】

総合エンタメ発信サイト「ゴリィの轟RADIO」の主宰をする「ポンコツ人間」ゴリィのブログです。思ったことを色々とつづっていきます。

この記事は主に私の公式サイトをご覧の方向けに書いております。これまでの内容と重複する部分がありますことをご容赦ください。

 

今回、突然入院という騒ぎになってしまいご心配をおかけしてしまったことをお詫び申し上げます。

 

先週の木曜、突然左耳が詰まったような感じになり耳鳴りも始まったため、翌日耳鼻科に行きました。外傷はなかったため内服薬で様子を見ましたが改善がみられず、精密検査のため東北大学病院を受診しました。

 

結果、左耳がほぼ聴こえなくなっており、「突発性難聴」と診断され、ステロイド剤の点滴治療のため翌日から入院となりました。毎日点滴を受け、副作用の血糖上昇の監視を受けながら様子を見ました。点滴の段階が一段落し、血糖値も正常の範囲内に戻ったため本日退院となりました。

 

現時点、私の左耳は聴こえておりません。耳鳴りも続いています。

 

「突発性難聴」は「難病」に指定されており、原因も不明、明確な治療法もありません。ただ、おおよそ1年かけて3分の1の患者さんは完治し、3分の1の患者さんは後遺症を抱え、3分の1の患者さんは改善がみられないそうで、発症1週間では予後は全く分からないそうです。

 

今は、医師の指示に従い、静かな環境でできるだけ耳に負担をかけないよう、そしてできるだけ体に負担がかからない生活をしていくことになります。

 

「唄うクイズ作家」と名乗っている以上、耳はできるだけもとに戻したいです。なので、無理はできません。これまで通りにならないことがほとんどだと思います。ただ、「何もしない」こともストレスです。できる範囲で、続けていけることは続けていきたいと思います。

 

唄活動は当面お休み(幸い「たちつてトドメガネ」は収録済)、クイズは開催に関してツイート等が二転三転していますが、現在開催中の番組のあとの開催は白紙です(負担のない形でできればとは思っています)。

 

今回の件で、本当にたくさんの方からご心配やお見舞い、激励のメッセージをいただきました。岩船ひろきさんや萩原大介さんなどシンガーソングライターの皆様、そのファンの皆様をはじめ、私を見守ってくださっている方の多さに驚きと喜びを感じているのと同時に、ご心配をおかけしてしまったことを心から申し訳なく思っております。

 

今回、私が「誰かの『大切』の一部になっている」こと、その「誰か」は自分の想像をはるかに超えた広がりになっていたことを自覚し、自分を大事にしていきます。

 

皆さんと出逢えて、本当に良かったです。これからも見守ってくだされば嬉しいです。

R2.2.5

ゴリィ筆

 

ゴリィの轟RADIO