花は咲く・目標達成

テーマ:
こんばんは。
先週の土曜日は、1:2のレッスンを
行いました。普段はマンツーマンレッスンだけですが
受講生の方にヒアリングを行い、「刺激を与え合う」
「モチベーションを高める」という目的で、TOEIC前日に
その対策を実施致しました。

また僕らしく無い(笑)、ティータイムも設けて
お菓子を片手に談笑。これぞ英会話スクールだなあという
気がしました(普段は何やねん?やはり監禁部屋?)。

お二人からはレッスン後にメールがあり、とても
ポジティブな気持ちになって頂けたようで、嬉しく思って
おります。でも、やはりこういうのは参加される方の
人間性が全てですね。お二人だからこそ、だと思います。

さて、10/28に実施されました10月度TOEICテストの結果が出ました。

法律事務関係のNさん、学生時代の自己ベストを更に更新し
745点まで伸びました。最近では、英語を使った業務にも
ちらほらとトライされておられ・・・語学を活かしてお仕事を
するという目標にもう少し!共に頑張りたいですね。
職場で上司からの評価も高まり、それが給与にも反映され
豊かな人生を送って頂くお手伝いが出来ればと思います。

また2年半前のご入会直前に285点であった50代後半の男性の方が
9月の530点より更に120点アップされ、650点を獲得されました。
これで目標としておられたご勤務先での海外赴任基準点をクリアされました。
当初金沢の教室にて指導させて頂いておりましたが、今春からは
ご転勤先の関東よりスカイプレッスンをご受講頂いておりました。

日本語での生活においては支障が出ない、読み書き障害の診断をお持ちの方でした。

2年前のお問い合わせ時、一度はお断りしておりました。
当校は、トーイック対策に関しては実績があります。
ですが、その当時のご様子からとても目標達成できるとは
思えず、めったに無いことですが、率直に「自信がありません」
とお伝えし、

>それではお困りになる、という事であれば、今回は
>残念ですが、ご縁が無かったものと考えます。

と伝えておりました。
ところが、

>入学についてですが、前川先生とお会いし、お話し、直感で
>先生しかいないと感じました。
>私から言うのもなんですが、その自信のない分、私が精いっぱい頑張りますので、
>挑戦して頂ければありがたいと思います。私を実験台として、新たな高みを
>目指して頂ければと思います。

と逆に私を鼓舞してくださりました。
これだけおっしゃって頂き、火がつかない教師はいません。
思えば、あの時から決意・意志は鉄のように固かったですね。

この2年半のスコア推移は、普通、いつ勉強を投げ出してもおかしくないような
「上がっては下がり、上がっては下がり」の繰り返しでいらっしゃいました。

ところが、こちらのAさんは、1度か2度、弱気なご発言が
ありましたがこの2年半常に前向きに英語学習に取り組んでおられました。
これだけの頑張りを見せて頂いておりましたので、途中から
経済的なご負担が無いようにと特例でご受講料の大部分を
頂かずにサポートさせて頂きました。
(※合理的配慮を基にした特例です)

Aさんの読み書きの特性から、通常の指導ではカバーできず
例えば「4つある選択肢のうち、2つ目に正解らしい選択肢があり
3つ目と4つ目に未知語があれば2つ目を選ばれる傾向がおありである」
といったディテールまで分析し指導にあたる必要がありましたので、
後半からはほとんど市販のテキストに頼らず、日々問題を作成し続けました。

体力的にも指導は熾烈を極めましたが、もし私が同じ立場であったら
果たしてここまで頑張れただろうかという気持ちでおります。

お仕事終わりの深夜にスカイプをすることが続いて
いらっしゃいましたね。

同じ男として、尊敬しています。

このように言葉にするのはとても簡単で、陳腐に思えます。

それくらい、本当に良く頑張られたと思います。

ご自分に自信が付き、退職後の楽しみも増えたと
今後は「地域通訳案内士」の資格を目指されるとのことです。


・・・当校ももうすぐ丸5年となりますが、やはり
「皆さんが本気で私が本気なら、必ず上達する」
ということを改めて教えて頂きました。

あまりにシンプルな事ですが、やはりLLDの原点はここですね。

改めて、遠い遠い目標に向かって今日から歩いていきたいと思います。
英会話スクールに対する先入観、英語教育に対する先入観を少しでも
無くしていきたいですね。

来月は、夢であった「Aさんと目標達成をした上でのお酒をご一緒」
が実現できます(^_-)-☆

今はそれが一番嬉しいです。

また、最後になりましたが、今回は様々な方々のお力添えを頂きました。

レッスンにあたっては、分野の日本における第一人者の方々から
数々のアドバイスを頂き、当校に多大なるお力を貸して頂きました。
また、当校の所属先である Enlgish Teachers Association of Japan に
おいても、数多くの先生方へご相談させて頂きました。
最終的には、ご助言を基に、TOEIC運営団体と交渉し合理的配慮を
受けたことが目標達成の決め手となりました。

当校だけでは、達成できませんでした。周囲の全ての皆様に感謝します。

私に欠けている部分は頭を下げて人から学び、今後も地道に
努力して少しでも良い教師になりたいと思います。


LLD外語学院 学院長 前川 未知雄

p.s. 当ブログやWEBをご覧になった方が、将来LLDの門を叩かれ
目標達成のお手伝いをすることが当校の役割ですので、後日ご体験談を
シェアさせて頂きます。Aさんと同じように日々英語を頑張っておられる
内部生の方々にもぜひお読み頂きたいと考えております。