感激した一通のメール

テーマ:
毎度です。

しばらくブログ死亡状態でした ... 汗
毎日書ける方、尊敬します。恐らく仕事に対する考え方が
違うんでしょうね ... ヘボ過ぎです( ;∀;)

ついつい忙しいと、「ブログより目の前の受講生が大事!」
と自分自身を正当化してしまいます。

タイムマネジメントも、まだまだです。

さて、そんな忙しさの源(と言ったら叱られますね笑
/ジョークです)が一昨日行われました英検準1級試験です。

今回ご受験された方から、受験翌日に素敵なメールを
頂きましたので、以下に掲載させて頂きます。

=======
前川先生

こんにちは。
英検受検の際は本当にありがとうございました。

~ 中略 ~

合否に関してはわかりませんが、これから私がすべきことを考えてみました。
これは、合否の結果がどちらであったとしても私にとって必要なことと思っています。

①語彙
②多読(速読のあと精読)
③多聴(聞き流しではないです)

①②③とにかく量をこなすことで、いずれも私自身が自宅で頑張ることです。
今回の受検1ヶ月前からはこの3つが心地よくできていたので、このまま続けたいと思います。

それから先生には今回もレッスンの延長や追加、毎日のフリーライティングの添削など、かなりご負担をおかけしてしまいました。

これからは、自分でできることは自身のノルマとしてこなして、週2回のレッスンではアウトプット中心に一人ではできないことを練習し、先生から多くのことを吸収できたらと思います。そして、時々私の自己学習のチェックをしていただけたら幸いです。先生が考えてくださっている動画を使った練習も楽しみにしています。

私の目標は準1級の合格ですが、単純に合格ということではなく、準1級レベルのものをストレスなく理解(読む・聴く)することなので、今回の英検の合否に関係なく①〜③のことを続けていきたいと思います。実は今日から新たな気持ちで計画表を作成して開始しています!

英検が終わったらゆっくりしようと思っていましたが、頭の中から英語のことが離れませんでした。私の生活の中にもうすでに入り込んでいるんですね。幸せなことです♪♪

木曜日に先生のご意見を聞かせていただけたらと思います。

長々と失礼しました。

今後ともよろしくお願いいたします。
=======

こんな嬉しい文章を書いてくださるなんて、秀樹、感激です!(追悼)

「魚を与えるのではなく、魚の取り方を教えるのが教育」であるならば
このような受講生がいらっしゃることを、とても誇りに思います。

本格的な大学受験のご経験もありませんが、今、大学中級程度と
される、英検準1級にあと一歩と言うところまで来ています。

これまでに、指導方針の事でお互いに感情的になったり
レッスン内で涙されてしまったこともありました。

ですが、その度に故・三沢選手の如く(わかりずらい?)
不死鳥の如く気持ちを入れ替えられ、絶対に諦めずに
2年間ついてきてくださいました。

・・・先ほどの話に戻りますが、能力の問題では
無いんですよね。今まで延べで450人くらいの大人の方を
指導させて頂きましたが、「ああ、この人センス無い。
僕じゃ無理だな・・・」と感じたのは、2人だけです。
(嘘をついても仕方が無いので、直球で言いますが)

英会話は、インサイドアウト。環境のせいにしているうちは
本気じゃない。逆に言えば、火が付けば結構出来るようになるんだ
ということを、皆さんに知ってもらいたいと思っています。


LLD外語学院 学院長 前川

*DMM英会話さんのアドバイザーを務めております:

 「 道に咲く花 」を英語で言うには?

【現在の募集状況】
プライベートレッスン:若干の空きがございます。