盛和塾参加の感想

テーマ:
こんばんは。

先週の木曜日に、稲森和夫さんが塾長を務められている
盛和塾の石川塾会合へ初参加致しました。

1月にドイツの展示会通訳でお仕事を頂いた経営者の方からの
ご紹介です。

岩崎イチローさん(脳科学者)の講演をお聞きしましたが、本当に
素晴らしく、最後は人目を気にしながら両目から涙を流しておりました。

特に印象的だったのが、最近の研究(2000年にノーベル経済学賞を
受賞したヘックマン博士によるもの)によって、「認知能力(IQ、
学力、記憶力)」よりも、「非認知能力(諦めない心、感謝、素直、利他心、
協調性・・・)」が、人が幸せで豊かな人生を歩む上で大切だと分かってきている、
ということことです。また、最初は認知能力が低くても、非認知能力を鍛えることで
認知能力も次第に高まる、ということも分かってきているそうです。

これは、よくブログで書きます、「話せるようにならない方で、センスが
問題と感じたのは、過去数百人の中で二人だけ」ということ、英語が話せるように
ならない、上達しないのは、英語以外の部分で躓いているケースが大半・・・という
私自身の教師経験と合致していて、深く聴き入りました。

・・・ではどうすれば、そういった「非認知能力」を鍛えることができるのか?
教師が身に着けるべきスキルという点で、講演者様に質問を致しました。
最高のアドバイスを頂けたと思っています。

今回の講演を通じて、人としての視野を広げるということを、来年以降の
至上命題としました(将来もっと良い英語教育をするために、「教育に打ち込む」
ということを隠れ蓑にせずに)。


LLD外語学院 学院長 前川 未知雄

AD